食は人を良くする?ボルサリーノ関に学ぶ「開運メシ」とは

Pocket

お笑いコンビ「ボルサリーノ」の関好江さんが考案する、食べると人生が変わる「開運メシ」が話題になっているようです。数多くの芸人仲間がボルサリーノ関さんの自宅に訪れ「開運メシ」を食べたところ運命が激変!2015年度の「M-1グランプリ」覇者である「トレンディエンジェル」のお二人も絶賛しているようです。

食は人を良くする

食べることは「生きること」であるように、生活する上でとても重要なことだとわかっています。そもそも「食」という漢字は「人を良くする」と書くほどですから、その重要性は古くから感じ取られていたものだということがわかります。

食べたものが「血」となり「肉」となるわけですが、私たちは普段食べているものにあまり意識はしていないのかもしれません。食が溢れている今、私たちが何を食べるべきなのかを考える必要があります。

「長いもの」を食べると「恋愛」が長続きすると、にわかに信じがたい迷信が伝えられていますが「潜在意識」に訴えるという意味では効果があるのかもしれないと思うわけです。

占いは「非科学的」だと語る評論家もいらっしゃいますが、科学で証明されていない事柄はまだまだ沢山ありますよね。きっと「非科学」ではなく、まだ私たちが到達できていない科学つまり「未科学」と占術家をはじめとする占いに関わる人々は語っています。

食によって運気をあげる開運メシとは

ボルサリーノ関さんが考案する「開運メシ」は、古くから伝わる「陰陽五行」に基づくものだと明かしています。木・火・土・金・水の五行に分類される食材を取り入れることで、運気が上がるとしています。

陰陽五行の他、薬膳や栄養学、日本民間伝承、風水などを取り入れて「開運メシ」を開発していたっそうです。

恋愛運や仕事運アップ!開運メシの効果

トレンディエンジェル:M-1グランプリ優勝
椿鬼奴:結婚
COWCOW:あたりまえ体操が世界進出
博多華丸・大吉:THE MANZAI2014で優勝

ある芸人は、恋愛運をアップする食材を体に取り込むことで「恋人ができた」と語り、またある芸人は「賞を獲得した」とその効果を絶賛しています。

開運メシは未科学

五行の食材を取り入れることで、運気のバランスが保たれるというと少し非科学的に思えますが、栄養学や心理学と照らしあわせて考えると、それは未科学にも思えます。

日常的にも「開運メシ」を実感する時があり、たとえば「辛いもの」を食べると気持ちが高まり「行動力」があがるような気がしています。また、辛味成分である「カプサイシン」が含まれていれば、アドレナリンなどのホルモンの分泌を促すことが科学的に証明されています。

ボルサリーノ関の開運メシレシピ

ボルサリーノ関さんの「開運メシ」は大手レシピサイトなどで公開されている他、たびたび番組で紹介されています。

健康運アップ!梅つくね

梅と鶏ひき肉を混ぜ、歯応えのある軟骨とレンコンを混ぜあわせた「梅肉つくね」は、おかずやおつまみにピッタリな一品。

恋愛運アップ!エビマヨトマト

恋愛運を司る火の気を持つ「エビ」と、別名ラブアップルの「トマト」を使ったエビマヨトマトは、運気アップ間違いなしの一品。

手順は簡単で「下味をつけたエビと、片栗粉をまぶしたトマトを炒めた後、悪い運気を断ち切るマヨネーズとケチャップを混ぜたソースを和える」というシンプルなもの。

トマトは鍋にしても効果を得られるようなので、恋愛運をあげたい方はぜひ試してみてください。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です