ゲッターズ飯田流!金運アップに効果がある開運財布とは?

Pocket

ゲッターズ飯田さんが老舗ハンドバッグメーカー「BARCOS(バルコス)」とコラボレーションし最強開運財布を発売し話題となりましたが、多くの「成功者」の共通点を分析したゲッターズ飯田さんが語る「金運アップに効果がある財布」とはどのようなものなのでしょうか。

お金持ちが持つ「開運財布」の共通点とは

お金持ちと同じ「財布」を持てばお金持ちになれるのかというと必ずしもそうではありませんが、お金を大事にする気持ちは必ず「財布」に現れてくるように思います。ゲッターズ飯田さんが出会った多くのお金持ち、いわゆる「成功者」の皆さんはどのような財布を持っていたのでしょうか。

お金持ちが持つ「開運財布」は緑色

金運アップに効果がある色といえば「黄色」を思い浮かべます。もちろん「黄色」でも金運アップにつながるのですが、黄色の財布は「入ってくると同時に出ていく財布」でもあると言います。それを証明するように、ゲッターズ飯田さんが出会ってきた「成功者」で、黄色の財布を持っていた人はいなかったんだとか。その代わりに持っていた財布の色は「緑色」だったと言います。緑色は「植物の色」でもあるように、心の落ち着きを取り戻させてくれる色です。呼び込んだお金を育み、大木のようにキープする力があるそうです。

緑色の他に「黒色」も人気

緑色の次に多かったのが定番でもある「黒色」で、こちらも出ていくお金を阻止したり悪い使い方をしないように厄を寄せ付けないような効果があるようです。ゲッターズ飯田さんによると、人の縁(えん)でお金を稼ぐような人は「緑色」で、自分の能力やセンスで稼いでいくような人は「黒色」がオススメとのこと。

財布を新調する時に「ラッキカラー」で財布の色を選ぶ人もいるかもしれませんが、金持ち風水を取り入れても良いでしょう。

お金持ちが持つ「開運財布」は長財布

長財布が良いとされているのは「お金の居心地」のようで、折りたたむ財布はどうしてもお札が半分に折れてしまい、お金にとってあまり居心地の良い環境ではないことが想像されます。 私たちも居心地の悪い場所にいつまでもいたくないように、お金も居心地の良い財布を求めて旅立ってしまうのでしょう。

長財布を使って、お金を半分に折れないようにして、小銭とお札は分けて入れるようにすると「お金を大切にしている」という実感が湧いてくるはず。居心地の良い環境を整えると、お金が自ら集まってくるという仕組みなのでしょうか。

お金持ちが持つ「開運財布」は牛革

お金持ちの多くが持つ「財布」は、品質の良い牛革なんだとか。特に、2017年から2018年は、伝統的なものや老舗ブランドに注目が集まる年なので、カジュアルなものよりシックで大人っぽいデザインのお財布が良いようです。

ただ、身の丈の合わないブランドの革財布は反対に運気を下げてしまう可能性もあると言われています。自分の身の丈よりも少し背伸びしたくらいの価格帯で探してみると、良い財布が見つかるはずです。

やってはいけない「お財布タブー」

  • レシートがいっぱい入って整理されていない
  • クレジットカードやポイントカードを入れすぎている
  • 使い古したボロボロの財布を使っている
  • お尻のポケットに入れている

金運をあげるために、やってはいけない「お財布タブー」の共通点は清潔感と感謝に尽きます。レシートやカード類でボロボロの汚らしい財布には、お金も人も寄ってこないため金運がダウン。

また、お金に感謝せず財布をお尻のポケットに入れるのもタブー。お金をお尻の下に引いているとお金が逃げていきますし、落として紛失ということもあるので、ついついお尻のポケットに入れがちな人は気をつけましょう。

「財布」の買い替えは3年が目安

財布の買い替えタイミングは難しいですが、3年ほど使うと長持ちする財布でも次第にくたびれていきます。毎日使うものですから、どんなに大事に使っても汚れたり傷ついたりするものです。一般的には、3年程が買い替えの目安と言われているようです。

気に入っている財布は休ませてから使う

3年程使ってもまだ痛みが少なく、プレゼントなどで思い入れが強い財布というシーンもあるもの。そんな時は、そのまま使い続けるのではなく「休ませてから使う」という選択肢もあります。財布は使うごとにパワーがダウンしていくものなので、3年程経ったら別の財布を使い休ませておくと良いとされています。また3年程経ったら、休ませておいた財布を再度使うことも問題ありません。休ませる時は傷や汚れをキレイにしてからにすると、より金運アップが期待できるはずです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です