水星逆行の影響?各地で交通やシステムトラブルが相次ぐ

Pocket

2017年最後の「水星逆行」の期間に突入。12月3日以降から水星逆行の影響が現れ始め、各地で交通やシステムトラブルが相次いでいる状況。水星逆行はクリスマス前の12月23日まで続くため、引き続き注意が必要です。

今年最後に到来する水星逆行

  • 逆行期間:12月3日(日) 16:34~12月23日(土) 10:50
  • 逆行星座:射手座

今年最後にやってきた水星逆行は「射手座の水星逆行」で、12月3日から開始し12月23日に終了となるため、クリスマスシーズンにもやや影響は残りそうだと感じています。

今年最後の水星逆行の影響とは

水星逆行は、占星術を知る人ならば「交通トラブル」や「システム障害」が多い時期として、よく知られているですが、一般的にはまだ広く知られておらず、認知度は低いかもしれません。ただ、過去の「水星逆行」の期間を見てみると、大規模な交通トラブルやシステム障害が発生している期間と一致しています。そのため、水星逆行の期間知ることで「不運」への準備ができるような気がしてきます。

多く話題となった羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が「緊急着陸」も、「水星逆行」が開始される前日「2017年8月12日」に発生しており、交通トラブルやシステム障害と水星逆行の関連性が話題となりました。

水星逆行期間に交通トラブルが相次ぐ

今年最後の水星逆行期間は「12月3日から12月23日」となっていますが、水星逆行に交通トラブルが相次いでいるように思えます。

水星逆行期間中の主な交通トラブル

  • 12/12 JR東海道線の快速列車が緊急停止
  • 12/13 こだま684号が乗客を乗せず誤発車
  • 12/15 全日空機内でもやと異臭が発生
  • 12/16 JR京浜東北線の架線故障

12月12日、JR東海道線の快速列車が緊急停止。12月13日、名古屋発ー東京行きの「こだま684号」が名古屋駅でドアを開けないまま誤って発車。12月15日、全日空機が那覇空港に緊急着陸。12月16日、横浜市鶴見区のJR京浜東北線鶴見―川崎駅間で架線が切れ、同線と横須賀線、東海道線の3路線で停電が発生など、短い期間で見てみても多くの交通トラブルが重なっているのがわかります。

水星逆行でクリスマスの予定にも影響

12月23日まで続くため、クリスマスにもやや影響してくると思われる射手座の水星逆行。クリスマスを迎えるまでに、スケジュールの調整やコミュニケーションで混乱する可能性もありますが、気持ちと日程調整を23日にすれば迷いや悩みも緩和していくはず。

関連記事:
今年最後の水星逆行が到来!電車遅延やシステムトラブルが増加

Pocket

今年最後の水星逆行が到来!電車遅延やシステムトラブルが増加

obatea占い
Pocket

今年最大のスーパームーンが到来した2017年12月4日。双子座満月の影響で、運命の空気感が変わり始め、コミュニケーションが活発になる時期。その一方で、今年最後の水星逆行が到来したことで、様々な摩擦が生じそうです。

今年最後の水星逆行が大きく影響

水星逆行は、12月3日から12月23日の期間とその前後に影響を及ぼすと言われています。本来はコミュニケーションに不向きと言われる期間なのですが「双子座の満月」の効果で、コミュニケーションはスムーズになる傾向も。複雑な期間ではありますが「言葉」を大切にすることで、人間関係での「摩擦」を抑えることができそうです。いつも以上に丁寧な「言葉遣い」を意識して運気を安定させましょう。

今年最後の水星逆行で復縁を狙う

今回の水星逆行は「復縁」を狙うなら絶好の機会と言われています。感情に訴えかけるような駆け引きを行うのではなく、付き合っていた頃の楽しい思い出や記憶を呼び起す「言葉」を投げかけることで、絶望的な復縁も大逆転する可能性も。ただ、独りよがりな恋愛をしているのであれば、思い切って手放すタイミングです。一方、しばらく会っていない友人と食事に出かける、興味のあったことを勉強し始めると幸運を引き寄せることができる時期なので、試してみてください。

コミュニケーションはSNSをフル活用

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の投稿が億劫で、これまであまり使用していなかった人は、水星逆行期間中にチャレンジするのはあり。12月4日の「双子座の満月」が影響し、友人とのコミュニケーションが活発になりそうです。

重要なのは投稿内容で、自分が心から「楽しい」と思ったことを知人・友人に伝えるようにすると、プラスに働いていきますよ。反対に、会社のグチや不平不満、自己中心的な発言をすると大きなマイナスとなるので気をつける必要があります。この期間に関わらず、マイナスな発信はよくありませんが水星逆行中に負の行動を起こすと、逆行終了後の幸運も逃す可能性が出てきますので注意が必要です。

SNS投稿をしなくても、人の投稿を見るだけでも開運に繋がるので、あんまり固くならずに気軽に始めてみると良いでしょう。

新年早々、2018年最大の満月が影響

2017年12月4日に観測することができた「スーパームーン」ですが、年明けの2018年1月2日には「2018年最大の満月」がやってきます。

2018年1月2日やってくる満月は「蟹座の満月」で、テーマは「原点回帰」がピッタリのようです。いままで疎かにしてきた新年の挨拶や地域の風習を見直すと、2018年のスタートダッシュを加速できるはず。2018年は2017年から続く「大人の年」になるので、お酒を飲んでバカ騒ぎよりも文化的で気品漂う行動を心がけたいところ。

年末には終わるトラブルが起きやすい「水星逆行」を乗り越えれば、年明けには「スーパームーン」のパワーで運気が好転していくはずです。

関連記事:
ゲッターズ飯田が「五星三心占い2018年度版」の内容をブログで発表!

Pocket

【2017年12月の運勢】バタコのヴィーナス・フォーチュン12星座占い【恋愛タロット/占星術】

Pocket

【2017年12月の運勢】占術研究家・バタコがタロットと星占いで占う2017年12月の12星座別運勢(総合運/恋愛運/仕事運)を予言!さらに、時代の波に乗る開運方法アドバイスも。当たる占いを無料でお届けします。

2017年12月のヴィーナス・フォーチュン

タロットは「Three of cauldrons(逆位置)」で、状況が落ち着かないような浮つきを感じる月。不倫や浮気での騒動が発生し、世間や家庭を騒がすことが発生しそう。表面的な交際やその場しのぎで済ましてしまうことがないように、しっかりと地に足つけて行動することが大切。一夜の過ちで年末年始を憂鬱に過ごしてしまうことになる可能性も。にぎやかな雰囲気を楽しみつつ、一線を引いておくことで2018年につながる幸運を引き寄せることができるはずです。

ヴィーナス・アドバイス

肌のトラブルは洗いすぎが原因であることが多いの。泡をのせたら、すすぎ残しがないようにたっぷりの水で洗い流す。それだけでよかったりするわ。試してみてね。

2017年12月の運勢ランキング

  • 1位:蠍座(Ace of cauldrons)
  • 2位:天秤座(Four of pentacles)
  • 3位:蟹座(Eight of swords)
  • 4位:獅子座(Seven of rods)
  • 5位:乙女座(Eight of rods)
  • 6位:山羊座(King of Rods 逆)
  • 7位:魚座(King of Swords 逆)
  • 8位:双子座(Eight of cauldrons 逆)
  • 9位:射手座(Six of pentacles 逆)
  • 10位:牡羊座(Five of rods 逆)
  • 11位:水瓶座(Two of rods 逆)
  • 12位:牡牛座(Mastery VII 逆)

星座とタロットカードで運勢を占いランキングを作成。12月は、ロマンティックな雰囲気の中で各地で人々が活発に動き出すような流動性を感じます。ただ、情報やコミュニケーションに乱れが発生し、過去の失敗を繰り返すような暗示。

1位:蠍座(Ace of cauldrons)

蠍座は、恋人や友人、家族と心温まる時間を過ごすことができそう。12月に訪れるチャンスを掴めるかは、これまでの生活や現在の精神バランスが大きく影響します。現状に満足できないという人は、これから始まる幸福や愛情を感じてみてください。未来の不安を感じていても仕方ない、今を楽しんで。

2位:天秤座(Four of pentacles)

12月の天秤座は安定運。金銭的には、遊びと貯金とのバランスを維持していける運気にあります。ただ「現状維持」にこだわりすぎると、変わらない日常がつまらなくなってしまう可能性も。たまには、友人にご馳走して自分の幸福を分け合う気持ちでいて。感謝の気持ちを込めてクリスマスプレゼントを渡すと喜ばれますよ。

3位:獅子座(Seven of rods)

獅子座は、12月は優位な立場に置かれ、思い通りにいきやすい時期。自らの信念や情熱に従って行動することで、これまでやりたかったことが次々と現実になるような予感。迷った時は五感に従えばオーケー。

4位:乙女座(Eight of rods)

乙女座は、状況が急激に変わることで、良い結果が訪れる時期。地に足をつけてコツコツと努力を重ねていけば、計算通りうまくいくはず。いま追い求める物と自分との距離は遠いかもしれない、けれど思わぬ出来事によってそれはすぐに手に入ることがわかるかもしれない。

5位:蟹座(Eight of swords)

蟹座は、現在の状況が受け入れることができずに孤立してしまう可能性も。恋愛では束縛に悩むことがあるかもしれません。今はじっと耐え、状況が変わることを待ってください。無理に動こうとしなくても、自然に変わっていくはずです。

6位:山羊座(King of Rods 逆)

山羊座は、自分が掲げた高い目標に苦しめられそう。自信がないことを隠すために嘘を重ねると必ず後悔しますよ。時には素直に謝って、誠意を見せることも大切。

7位:魚座(King of Swords 逆)

魚座は、自分中心の考え方で周囲に迷惑をかけてしまうかも。理想と現実が混在しないように物事を整理して考えると、恋人や友人とのリズムを合わせることができるはず。

8位:双子座(Eight of cauldrons 逆)

双子座は、気持ちの整理がつかずに右往左往してしまう可能性が。複数の選択肢ある中で、決めきれずに後悔すると思う。迷った時にどうするのか、あらかじめ決めておくと良いですよ。

9位:射手座(Six of pentacles 逆)

射手座は、良かれと思ってやったことがお節介に思われてしまいそう。自分のリズムだけで物事を進めてしまうのは禁物で、周囲の本音を感じてみて。

10位:牡羊座(Five of rods 逆)

牡羊座は、争いごとの発生や話し合いによって何か決めごとを行うことがありそうな時期。勢いやフィーリングだけで決めてしまわずに、きちんとコミュニケーションをとって進めていく必要があるかも。協調性を意識しながら、自分の意見も提案してみるのがベスト。

11位:水瓶座(Two of rods 逆)

水瓶座は、将来についての悩みが大きくなっていきそうな時期。障害や問題が目の前に大きな壁のように立ちはだかっているので、苦労を感じてしまうかも。

12位:牡牛座(Mastery VII 逆)

牡牛座は、独りよがりの考えが暴走してしまっていないか今一度立ち止まる必要があります。自分がなぜ動き出そうとしているのか冷静にならなければ、間違った方向に進んでしまう暗示です。周囲のアドバイスをよく聞いて従ってみるのも、時には大切です。

監修者紹介:バタコ・ガーデンプレシャス

占術研究家/ヴィーナス・フォーチュン/コラムニスト。4歳の時に意識を失い、人のオーラや私生活、性格が視えるように。時が経ち、友人の結婚時期を予言的中させ口コミで話題に。モデル、アーティスト、IT企業社長、占い師など様々な方から鑑定依頼が殺到。2017年より最も当たるといわれる占い師・アイビー茜さんに師事し、占い師としての活動を本格的に開始。大学在学中に学んだ人工知能や心理学をベースに、オーラ占い、干支占い、西洋占星術、タロットなど様々なスピリチュアル占術を組み合わせることで「科学×スピリチュアル」の独自ロジック占術を開発し鑑定を行う。気品漂うヴィーナス・フォーチュンは、40代独身女性より圧倒的な支持を得る。占いや恋愛、セックスなどを絡めたバタコワールド全開のコラムは1000万PVを誇る。

Pocket

【2017年11月の運勢】バタコのヴィーナス・フォーチュン12星座占い【恋愛タロット/占星術】

Pocket

【2017年11月の運勢】占術研究家・バタコがタロットと星占いで占う2017年11月の12星座別運勢(総合運/恋愛運/仕事運)を予言!さらに、時代の波に乗る開運方法アドバイスも。当たる占いを無料でお届けします。

2017年11月のヴィーナス・フォーチュン

タロットは「Four of rods(逆位置)」で、ある程度規模のある火災事故の発生を感じます。2017年は火災が多くなる年で、11月は9日頃から防災意識が高まっていきます。11月6日はトランプ米大統領が来日し、安倍晋三首相と晩餐会。和やかななムードで友好関係を示すものの、その背景には何か「義務感」による集まりである暗示も。前半は小さな厄介ごとが散見するような印象です。

11月後半は「日本の文化」が注目されていくようです。12月の明るいムードが段々と本格的に。一方で、富や性など欲望が渦巻くような気配も。社会が大きく揺れ動く問題が明るみになるかもしれません。

ヴィーナス・アドバイス

肌は炎症に気をつけること。たまには「何もしない」が美肌になる秘訣なの。大人ニキビには、ハミガキ粉を寝る前に塗れば良くなるわ。試してみてね。

2017年11月の運勢ランキング

  • 1位:乙女座 (The Wheeel of Fortune X)
  • 2位:魚座(Karma XX)
  • 3位:双子座(The Empreror IV)
  • 4位:獅子座(Ace of swords)
  • 5位:射手座(Two of pnetacles)
  • 6位:蟹座(Four of swords)
  • 7位:牡牛座(Five of swords)
  • 8位:牡羊座(Six of swords)
  • 9位:山羊座(Six of rods)
  • 10位:蠍座(Seven of rods)
  • 11位:天秤座(The Star XVII 逆)
  • 12位:水瓶座(The Tower XVI 逆)

星座とタロットカードで運勢を占いランキングを作成。ランキング上位のエレメントが4元素バランスを保ち、安定的にも見える流れ。これまで動いていた「風」の動きが止まるような感じも受けますが「火」の影響を大きく受けて騒がしい様子も。11月は、アクロバティックな動きよりも情熱を保ちつつ、ゆっくりと前進していく方が良さそうです。

1位:乙女座 (The Wheeel of Fortune X)

計算高い乙女座ですが、思いがけない「運命」の動きを感じる時。予想もしない急展開や運命の流れに少し戸惑いや驚きを感じるかもしれませんが、運命に逆らおうとしても意味はありません。ただ流れに身を任せるくらいの気持ちで進んでいく必要があります。必ず、良い方向へ進みますから。

2位:魚座(Karma XX)

空想好きな魚座は、前世からのメッセージが届きそうな予感。友人と話していた「キーワード」がなぜか心に止まり、テレビや街中の看板で目につくことがありそう。すれ違った人から飛び込んできた「メッセージ」に気を止めてみてください。それはあなたを救うメッセージかもしれません。

3位:双子座(The Empreror IV)

打算的な双子座は、生活リズムを正しくする必要がありそう。生活の中にも「ビジネス感」を取り入れて、いつもはレシピ通り作らない料理をきちんとグラム単位で測り作ってみるなど、生活にメリハリをつけると良いかもしれません。

4位:獅子座(Ace of swords)

情熱家の獅子座は、意志を行動にうつす時。これまでやりたいのにやれなかったことが鮮明になって、自分の気持ちが固まります。楽にスタートができるので、要領の良いやり方を考えてみましょう。

5位:射手座(Two of pnetacles)

ノリだけでやってきた射手座は、お金や人間関係でマメになる必要があるかも。気分や感情だけではなく、正しい手順やマナーを気にすると多くのことがスムーズに。揺れ動く気持ちを抑え「変化を楽しむ」と気持ちが安定していきます。

6位:蟹座(Four of swords)

あまり考え込まない蟹座ですが、心と体に休憩が必要な時かも。頭の中を空っぽにして「何も考えない」という時間を大切にしてみて。自分が思っている以上に疲れが溜まっているはずです。

7位:牡牛座(Five of swords)

親心のある牡牛座は、必要以上に責任感を持ちすぎなのかもしれない。勝ち負けにこだわって戦い続けても人生は意味がないとも思える時がくるはず。人の優位に立つことが本当の「勝ち」ではなく、勝っても虚しい時があるものです。

8位:牡羊座(six of swords)

気持ちでなんとかできると思いがちな牡羊座ですが、時には協力者も必要。自分だけで抱え込まずに、仲間と思える人に相談して見ると前進できそう。悩みを打ち明けられた人は、必ず味方になってくれるはず。

9位:山羊座(Six of rods)

ずる賢い山羊座は、裏を返せば自信のなさの現れ。今月は「自信のある自分を演じる」と、夢や願望に近づけるはず。たまには虚勢を張るのも大事。少しぐらい幻想で人々の注目を浴びても、きちんと現実がわかっていれば良いもの。

10位:蠍座(Seven of rods)

マイナス思考の蠍座は、今月も精神的な余裕が持てないのかもしれない。いろんな人にいろんな頼まれごとをして、なんとかやっているのが視えます。でも、このままでは壊れてしまうかも。自分の限界を認めて、断ることも大切。

11位:天秤座(The Star XVII 逆)

バランス感のある天秤座は、先が見えない気持ちで追い詰められてしまいそう。ただ、失望感で心がざわつくような状況でも前に進むしかないと思えているはず。かすかな希望に向かって歩くことが大切。何かを「失う」ということは、何かを「得られる」準備ができるということ。

12位:水瓶座(The Tower XVI 逆)

自分勝手な水瓶座は、対人関係や仕事でトラブルが発生しそうな予感。緊迫状態や大喧嘩など、あまり良くない状態になってしまいそう。ただ、これは「成長するための試練」なので、挑戦する気持ちがあれば乗り越えることができそう。

監修者紹介:バタコ・ガーデンプレシャス

占術研究家/ヴィーナス・フォーチュン/コラムニスト。4歳の時に意識を失い、人のオーラや私生活、性格が視えるように。時が経ち、友人の結婚時期を予言的中させ口コミで話題に。モデル、アーティスト、IT企業社長、占い師など様々な方から鑑定依頼が殺到。2017年より最も当たるといわれる占い師・アイビー茜さんに師事し、占い師としての活動を本格的に開始。大学在学中に学んだ人工知能や心理学をベースに、オーラ占い、干支占い、西洋占星術、タロットなど様々なスピリチュアル占術を組み合わせることで「科学×スピリチュアル」の独自ロジック占術を開発し鑑定を行う。気品漂うヴィーナス・フォーチュンは、40代独身女性より圧倒的な支持を得る。占いや恋愛、セックスなどを絡めたバタコワールド全開のコラムは1000万PVを誇る。

Pocket