水星逆行の影響?各地で交通やシステムトラブルが相次ぐ

Pocket

2017年最後の「水星逆行」の期間に突入。12月3日以降から水星逆行の影響が現れ始め、各地で交通やシステムトラブルが相次いでいる状況。水星逆行はクリスマス前の12月23日まで続くため、引き続き注意が必要です。

今年最後に到来する水星逆行

  • 逆行期間:12月3日(日) 16:34~12月23日(土) 10:50
  • 逆行星座:射手座

今年最後にやってきた水星逆行は「射手座の水星逆行」で、12月3日から開始し12月23日に終了となるため、クリスマスシーズンにもやや影響は残りそうだと感じています。

今年最後の水星逆行の影響とは

水星逆行は、占星術を知る人ならば「交通トラブル」や「システム障害」が多い時期として、よく知られているですが、一般的にはまだ広く知られておらず、認知度は低いかもしれません。ただ、過去の「水星逆行」の期間を見てみると、大規模な交通トラブルやシステム障害が発生している期間と一致しています。そのため、水星逆行の期間知ることで「不運」への準備ができるような気がしてきます。

多く話題となった羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が「緊急着陸」も、「水星逆行」が開始される前日「2017年8月12日」に発生しており、交通トラブルやシステム障害と水星逆行の関連性が話題となりました。

水星逆行期間に交通トラブルが相次ぐ

今年最後の水星逆行期間は「12月3日から12月23日」となっていますが、水星逆行に交通トラブルが相次いでいるように思えます。

水星逆行期間中の主な交通トラブル

  • 12/12 JR東海道線の快速列車が緊急停止
  • 12/13 こだま684号が乗客を乗せず誤発車
  • 12/15 全日空機内でもやと異臭が発生
  • 12/16 JR京浜東北線の架線故障

12月12日、JR東海道線の快速列車が緊急停止。12月13日、名古屋発ー東京行きの「こだま684号」が名古屋駅でドアを開けないまま誤って発車。12月15日、全日空機が那覇空港に緊急着陸。12月16日、横浜市鶴見区のJR京浜東北線鶴見―川崎駅間で架線が切れ、同線と横須賀線、東海道線の3路線で停電が発生など、短い期間で見てみても多くの交通トラブルが重なっているのがわかります。

水星逆行でクリスマスの予定にも影響

12月23日まで続くため、クリスマスにもやや影響してくると思われる射手座の水星逆行。クリスマスを迎えるまでに、スケジュールの調整やコミュニケーションで混乱する可能性もありますが、気持ちと日程調整を23日にすれば迷いや悩みも緩和していくはず。

関連記事:
今年最後の水星逆行が到来!電車遅延やシステムトラブルが増加

Pocket

2017年開運の鍵は「気持ちよくお金を使うこと」バブル再来の波に乗ろう!

酉年
Pocket

スピリチュアルタレント・CHIEさんがある記事で語った「2017年開運のコツ」が話題になっているので調べてみました!

2017年開運の鍵は?

2017年はそもそもどんな年になるのでしょうか。2016年は豊洲移転問題やアメリカ大統領選挙、SMAP解散などなど問題が勃発する激しい年になりました。数秘術で2017年は「2+0+1+7=10」で、さらに「1+0=1」となる起点の年。干支も同様に「酉年」は朝の到来を告げる「時告げ鳥」であるニワトリ。つまり、様々なことが原点に返っていくと言われている年です。

同じようなことを、水晶玉子さんも語っていました。宿曜占星術では27あるいは28で周期が1周すると言われています。2017年はその周期の終着地点で、2016年までのあらゆる問題が収まっていくだろうとしています。

裏を返せば、これまで隠していたものが明らかになりやすい時期だと言えます。お隣の韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領の問題、芸能界でも成宮寛貴さんや清水富美加さんの引退騒動、森友学園問題など様々な事柄が表沙汰になったようにも感じます。

2017年からの価値観の変化

  • 個人の成長 ⇒ チームの成熟
  • 清潔感 ⇒ 華やかさ
  • 真面目 ⇒ ロマンチック
  • ストイック ⇒ 適度なゆるさ

2017年から全体的に「華やかな時代」へと価値観が変化していき、イメージとしては「バブル景気」の再来だと、CHIEさんは語っています。

ただ、時代の積み重ねにより1990年前後のバブル景気とはまた違い、2017年は波に乗れる人と乗れない人の明暗がハッキリとわかれると補足しています。

CHIEの開運アドバイス

開運方法は一言で言うと、バブル景気のように「気持ちよくお金を使う」で、これまで節約志向でしばられていた心を開放し、遊びにフォーカスがあたる時期に入っていくそうです。

お金は、浪費ではなく「派手」な人に金運が集まりやすいそうで、自分の好きなことには先行投資すれば、起点の年にまいた種が数年後に収穫することができます。お金の循環を意識することが大事とのこと。

仕事は、個人よりもチームに焦点が当たります。野心的でストイックな働き方よりも、力を抜いて協力し合って助け合うという雰囲気になるそうです。

恋愛は、自由度の高い恋愛が主となっていくようです。一人の時間を大切にする、堅く重苦しい恋愛よりも「遊び」に近い感覚の交際が増えるようです。相手を一人に限定しない交際「ポリアモリー」という考え方が米国では広がりつつあり、日本上陸も間もなくといった所でしょうか。

行動は、直感的で大胆にする。目についた問題をそのままにせず、攻めの姿勢で動いていくと運気が上がるそうです。

総括すると、縛られていたことや溜まってしまったものを捨てて、自分の「やりたいことをやる」ということになりますね。もちろん、個人の年ではなくチームの年になるので、人のためにという部分も忘れてはいけません。

2017年の吉日

  1. 7月6日:大安+一粒万倍日+天赦日
  2. 6月24日:大安+一粒万倍日+新月
  3. 9月18日(敬老の日):一粒万倍日+天赦日
  4. 10月22日:大安+一粒万倍日+母倉日
  5. 11月3日:大安+一粒万倍日+母倉日

7月6日は2017年で吉日が重なる最も良い日。入籍はもちろん、ダイエットや勉強など一度諦めていまったことでも、再度チャレンジし始めるに適しています。一方、借金をすると「借金が育つ」とされ良くない日とされているので気をつけましょう。クレジットで支払いも借金になるので、あまり良くないそうです。

大安はカレンダーにも記載されることがある吉日。旅行・結婚など万事によい日。

一粒万倍日は「お金を出す」とよい日。開業や仕事始め、宝くじや財布の購入などお金に関することをしてみましょう。

天赦日は、天が赦す(許す)日と言われており、年に5、6回程ある最高の吉日。何をし始めるのも良いですが、購入した財布を使い始める人が多いようです。

新月の日に願いをすれば満月に叶うと言われがあり、何かを始めるのであれば新月を気にしてみてもよいかもしれません。科学的にも月の満ち欠けに出生率やホルモンバランスが関係あるとされており、ただの「おまじない」でもなさそうです。

母倉日(ぼそうにち)は、母が子を育てるように天が人間を慈しむ日の意味で、何事をするにもよいという吉日。特に婚姻は大吉のため、入籍日にこの日を選ばれる方が多いそうです。

それぞれの吉日が合わさった所は、他の日よりもさらに開運によいとされています。吉日をうまく活用して新しいことにチャレンジすれば、きっと2017年も開運できるはずですよ!

Pocket