ガレージは広かった

さて、先日3/16にスプリンターが我がガレージより搬出が完了しました。
自身の手にある段階で最後の作業は車を洗ってやる事位しかできませんでしたが、
この数年間手掛けてきたと言う事もあり、色々な事を思い出しました。
初めて見た時、手にした時、作業が上手く進まなかった時、上手くいった時。
新しい発見があった時、配線図と格闘した時。
公道を走らす事が出来なかったのが唯一残念でしたが、
この数年間は無駄では無いと思っています。
メカニカルな新しい発見。板金塗装での新しい発見。
実際に手掛けてわかる事、経験は力になると思っています。
もちろんその経験があったこそ車を弄繰り回したのだと思いますが。
次期導入される車輌は今月には入ってくると思いますので、
それはまたカテゴリ製作からスタートさせようと思います。
陸運局等に申請等を掛けなければいけないので落ち着き次第
順に掲載していこうと思います。

スプリンターの最期

スプリンター

今後長く連載(?)する予定だったスプリンターの話は今回が最後です。
2011年3月16日、本日を持って車輌を手放すと言う形になってしまいました。
今回の決断理由としては自分の生活環境変化の都合となっております。
また、当ブログを長らく御愛読頂いてた方々も居ると信じて(?)
このスプリンターのまとめをGarage激本家こと、
http://gt101.web.fc2.com/ にて絶賛整理中です。
自分が手掛けてきた証とも言いますが、
時間を掛けてきちんと見た事、やってきた事を書こうかと思います。
しばらくはカローラ/スプリンター と言う自分の原点とも言える車を離れ、
生活環境の変化に自身を置き安定させる事が先決ではありますが、
それが「=車から離れる」と言う訳ではありません。
ブログは継続し、迎え入れる車輌についても整備記録は書いていこうと思います。
自分は正直な話、デビューから憧れ20年、乗り継ぎ乗り継ぎで10年近く
AE10#のカローラシリーズしか見てきていない分
他の車種には疎く、前期型後期型の判断どころか車種によっては
駆動方式すらわかってない物の方が多いのです。
情報収集が容易になったネット社会とはいえ、
ゼロスタートとなると容易ではありません。
AE10#では総計20年の情報をちまちまと集めて今の形になったのですから、
生活環境変わった→準備期間が数週間、はい完成などと行きません。
しかし、車好きなら誰しも起こりうる状況になっただけです。
ゼロから完成まで期間は掛かると思いますが、暖かい目で今後変わらず
当ブログ、本家を見ていただけるとありがたいかぎりです。
また今後公開していく車輌、今までに公開してきた車輌にご意見等は
なるべく意見等読ませていただきたいと思います。
また時たまにはなりますがスプリンターの思い出話なども書いていきますので
今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

ボンネット

スプリンター064

随分と久しぶりになったスプリンタートーク。
必死に(?)ボンネット製作に励んでいます…(?)
前回の内容すら記憶に無いのでよっぽど写真を撮ってない事がわかります。
この時期、すでに雪もチラチラ降っているので硬化剤多めにしたり
ジェットヒーターで周りの温度を高めたりで。
一応後は大体を削れば塗装を入れる事が出来そうです。
集中さえ出来れば本当に1週間程度で出来る作業なんですがね…。
あとは平面を上手く整形できるかどうか…。
今回の車は本当にオリジナル部品が多い事多い事。
売ってる物も作って手間掛けて…。
まぁ作ってみてわかる事もあると言う事で、
何事も経験だと思います。
まぁここまで作ってたら意地みたいな物ですが^^;
 

ローダウン

スプリンター

トヨタ車高(勝手に言ってる)
フロント上がりの車高に追い討ちを掛けるかのように、
フロント3面(フェンダー/ボンネット)がFRP化を施しているので、
さらにフロントが上がったと言う状態でした。
もちろん車検で光軸はキッチリ出すので、問題は無いのですが、
ライト光軸の他に足回りのブーツ交換等の作業も追加で出たと言う事で
オマケ的にダウンサスを組む事に。
車高はほとんど変わらずで…と言っても2cm程のダウン量で
低床ジャッキではなくてもすんなり入る高さを維持してくれました。
とりあえず今まで拳がフェンダー内にすっぽり入る状態から少し下がったので満足。
近いうちに作業内容は纏めようと思います。

キーレス配線

スプリンター062

意外や意外、AE10#のキーレス配線をここで出来ると言う事が
あまり知られてないと言う。
(知っててもネットに掲載されてないだけかも知れませんが…。)
場所はアクセルペダルが写ってるように、
ヒューズボックスのちょっと下付近にあります。
大体どこのキーレスメーカーもコントロールユニットの場所を
指示している事が大半。
カロ/スプのコントロールユニットは助手席付近にある為、配線が長くなります。
もちろん、指示通りの方が簡単ではあります。
(コレとソレにエレクトロタップで接続と説明書通りになりますし)
ただ配線をゴチャゴチャさせたくないので調べた所ここでも大丈夫なようです。
考えてみれば集中ドアロックが運転席についてるので
配線がドア付近にあるのは何もおかしい事ではないですけどね。
バッテリー+配線も付近にありますし、アースはボディに落とせばOK
運転席周りで全部出来るんですよね。
速度感知のオートドアロックに支障はないのかはまだ未検討です。