第2回ニコ生放送

聞き逃ししない方法はニココミュに参加しておくといいかも?


情報元
SUMALU氏のブログ「Spring Stray Sheep
add氏ニココミュ「ヘリポートNo.9


–番組名–
【とあるボカロP×3とある激団長のgdgd雑談 (vol.2)】
前回のあらすじ。
・add9氏が寝オチしてた。
・ステミキ無くて音声がニコ生に反映されてなかった。
(Skype対談ですので)
1錠目→http://live.nicovideo.jp/watch/lv12178590
2錠目→http://live.nicovideo.jp/watch/lv12181639
3錠目→http://live.nicovideo.jp/watch/lv12184578
4錠目→http://live.nicovideo.jp/watch/lv12187540
コメントも頼りにしてますので、どしどしお待ちしております。
音楽リクエストできるのは
多分ここら辺かな?
→add9さんの/mylist10896703
→SUMALUさんの/mylist16125889

MSNF/金策テスト

さて、先日レベルにより経験値が変動すると書きましたが、
実際どのようになるかを試してみました。

狩り協力者カミカゼボム様

狩り協力者:カミカゼボム様のスペック
・Lv.16 ・HP:125 
・取得経験値:16 ・取得賞金:32 G
条件は下記の通りです。


Aチーム
・Lv.21のメカニックソロ狩(戦車有)
・狩り検証協力「カミカゼボムLv.16」
・検証数 20体
Bチーム
・Lv.16のソルジャーソロ狩(戦車有)
・狩り検証協力「カミカゼボムLv.16」
・検証数 20体


メカニックの方は1体辺り経験値3を取得、
ソルジャーの方は1体辺り経験値16を取得。
しかし、獲得賞金は変動はありませんでした。
どちらも32G×20体=640 G と言う結果でした。
備考:
Lv.21のメカニックをソロ狩しているうちに、
Lv.22になりましたが、取得経験値は「3」のままでした。
細かい検証をしていませんが、
レベルを上回ると経験値取得が下がるけど、取得賞金は下がらない。
と言う事がわかりました。(2010/2/27現在)
mixiアプリ起動リンク→http://mixi.jp/run_appli.pl?id=11426

MSNF/チーム編成

今日は簡単にチーム編成でも
先日のブログで新人教育(前半後半)編をお話しましたが、
そのままではレベルが上がりにくいので補足的な内容です。
前記事ではチーム編成時に2人等少数になる、PC前に居れない場合に有効です。

メタルサーガNF011

システム的に敵がLv.2だとして、こちらが4人PT(Lv.20×1/他Lv.1×3)だと、
高レベルが居る事で補正が掛かってしまい、経験値が少なくなります。
取得金額は減ってないみたい?(少し検証してみます)
推測ですが、PTメンバーすべてが敵のLvと同等(または以下で)
モンスターリストに表記されている経験値が入るのだと思います。
色々と自分なりに検証してメモ書きのようにここに掲載したいと思います。
チーム内でレベルは同等にした方が経験値を稼ぐ時は早いようです。
メンテナンス後、火炎瓶やカミカゼコアのドロップが少なくなった分
金策チームと前衛部隊はちょっとレベル差が出てしまいそうかな?
まぁヤリ手次第なんでしょうが…。
mixiアプリ起動リンク→http://mixi.jp/run_appli.pl?id=11426

MSNF/課金アイテムテスト

23日~25日と課金テスト(メタルショップ)がありました。
低レベルでもぅゎょぅι゛ょっょぃが体験できました。
と言う事で課金アイテムとして公開された物を装備して
カラッポリタンの狩りをしてきました。

メタルサーガNF010
天使の羽に刀とSライダースを装備
メタルサーガNF009
移動チームは左から
バールのような物+パンツじゃないからry
バニースーツ一式
パンツチャップスと悪魔の尻尾とショットガン

ちょっとこういうSSが撮れるのは嬉しいです。
さてさて先に進む作業に戻りますかね。
mixiアプリ起動リンク→http://mixi.jp/run_appli.pl?id=11426

アメリカンジョーク

TOYOTAの問題に関して公聴会と言うのが23日に開かれたそうですが、
その会で証言者と言うまぁ生き証人?が喋ったのが下記になる。


証言者スミスさんは06年10月の午前、
トヨタ自動車のレクサス(ES350)で自宅近くの高速道路に乗った。
間もなく、アクセルを踏んでいないのに車が急加速しているのに気付いた。
ブレーキをかけたりギアをバックに入れたが加速が止まらず、時速は145キロに。
「ガードレールか木にぶつけて止めるしかない」と
考えるうちに時速は160キロに達し、「私は死ぬ」と感じて、
最後の電話のつもりで夫に連絡したという。
スミスさんはこの時の状況を語るうちに言葉に詰まり、あふれる涙を何度もぬぐった。


ん~アメリカはドッキリを仕組む為に公聴会なんてやるのか。
アメリカンジョークってやつだよね?
何を言いたいかというと、
・走行中に「ギアをバックに…」
エンジン動力はミッションを介してタイヤに伝わると言う事。
自転車などで言うなれば、ペダルを逆回転させてると言う事。
エンジン出力が路面に伝わってないのに加速すると言うのは
エンジンにタイヤがついてなければ無理って話です。
別にTOYOTAを擁護するとかそんなんじゃなく、
どんな車でも空回りはしますよ(AT車乗ってる方はおわかりかと)
そしてこの証言があるにも関わらず、
調査員が乗車点検したが「恐らくフロアマットの問題」
としている。憶測で物を言っているのでは?
まぁここでは「フロアマットの問題」として進めると
証言者は
アクセルを踏んでいないのに車が急加速しているのに気付いた。
と言っている。
「フロアマットの問題」とは
・フロアマットがアクセルペダルに引っ掛かったまま解除できなくなる問題。
アクセルが戻ってない事も気付いてないなら免許は返した方がよろしいのでは?