【星ひとみの天星術占い】下弦の月タイプ2021年下半期の恋愛運「年上の人と縁に期待が」

Pocket

星ひとみの天星術占いで、下弦の月タイプ2021年下半期の恋愛運を鑑定。

星ひとみの天星術とは

新時代、コロナウイルス拡大と共に登場した新生占い師。テレビで独自の占いを披露して、瞬く間に人気を獲得してきた星ひとみさん。パーソナルで心と過去に深くダイブする「天星術占い」は、常に変化させていっていると言います。

運気は「良い悪い」「吉凶」「裏表」など様々な捉え方がある中、星ひとみ流は「光と闇」で、アップダウンも含めて人生として捉えて、幸運へと導いています。独自の目線で統計学・人間科学・心理学を組み合わせて、人の運勢を鑑定しています。

天星術の3つのグループと12タイプ

天星術は、生まれた年月から導き出された数字に、生まれた日の数を足し合わせた天星数から、天星グループ(月・地球・太陽)に分け、さらに4つの天星タイプに分類されます。

神秘的で魅力的な波動を持つ愛情豊かな月グループには、満月、上弦の月、下弦の月、新月。現実主義的でバランス感覚を持つ地球グループには、空、山脈、大陸、海。そして、自由と個性が輝く冒険者の太陽グループには、朝日、真昼、夕焼け、深夜と分けられます。

同じグループでも少しずつ考え方や「アイデンティティ」が異なり、各々で相性や関係性が違ってきます。そのため、恋愛・結婚・ソウルメイト探しに役立てやすい分類となっているのです。

関連記事:
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「月グループ」の特徴
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「地球グループ」の特徴
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「太陽グループ」の特徴

天星タイプの調べ方

自分の天星タイプは以下の記事を参考に調べてみてください。天星タイプは、基本的に一生涯変わることはないので、知っておくと便利です。

【星ひとみの占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&天星術早見表
【星ひとみの2021年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&姓名判断の診断方法

月グループと天星数

  • 満月(4、10、33、39、45)
  • 上弦の月(11、17、32、38)
  • 下弦の月(2、3、8、41、47)
  • 新月(14、20、23、26、29、36)

地球グループと天星数

  • 空(6、43、49、54、55、60)
  • 山脈(9、15、16、34、40、46)
  • 大陸(1、5、50、53、56、59)
  • 海(51、52、57、58)

太陽グループと天星数

  • 朝日(21、22、27、28)
  • 真昼(7、42、44、48)
  • 夕焼け(12、18、31、37)
  • 深夜(13、19、24、25、30、35)

2021年下半期は「変化」が大事

星ひとみの天星術で「2021年下半期の運勢」を分析してみると「変化が大事」というキーワードを読み解くことができます。では「変化が大事」とは、一体どういうことなのでしょうか……?

変化という言葉に近いのが「シフト」「スイッチ」「コンヴァート」です。風の時代の到来によって「パラダイムシフト(集団的価値観の劇的な変化)」をよく耳にしますが、星ひとみさんが示す変化というのは、いずれでもなく「フレキシブル(柔軟性)」に近いのかもしれません。

頑固になり伝統や文化を守ることも時には大切ですが、苦しみや迷いから一筋の道を見つけて、一歩踏み出すことが「新たな時代」を生き抜くために必要なことなのでしょう。子どものように楽しめる発想力・柔軟なアイデアを持つことによって、こらからやってくる問題をフレキシブルに越えていくことができる鍵であるようです。

スマートフォンが登場した当初は「画面を触って操作するなんて……」と、普及することに懐疑的な人もいましたが、蓋を開けてみると多くの人が利用する結果になっています。

2021年下半期の恋愛運は「時代にフィット」

コロナウイルス感染拡大によって、人と会う機会が大幅に減りました。リモートや電話で繋がれる時代ではあるものの、存在感や空気感、匂いなどはオンラインではなかなか伝えられないのが現状。なので、恋愛もまた時代にフィットさせて、恋の見つけ方、愛の育み方を「変化」させていかなければならないのだと思います。

2021年下半期の恋愛運を高めるには「目標を決めて行動する」がポイントなので「筋肉トレーニングを行なってボディケアをしてみる」「自分の個性を磨くた目にスキルアップをはかる」「玄関の隅々まで掃除をして、部屋を清潔に保つ」と良いでしょう。また「寝具にこだわってみる」「品質の良い靴を買う」も、自分を変えるための第一歩になるはず。

これまでの生き方をいきなり大きく変化させることは難しいものです。生活の小さなことを少しずつアップデートしていくことが「大きな変化」の波を乗りこなすための訓練となりそう。

変化が多い時期は「人との繋がり」も移ろいやすくなります。自分の天星や、運勢のアップダウン「光と闇」を知ることで、恋愛・結婚への道筋を見つけるヒントになるでしょう。

関連記事:
【星ひとみの天星術占い】2021年下半期は「しなやかさ」がテーマに

天星術「下弦の月タイプ」の恋愛傾向

コミュニケーション能力が優れており、好奇心旺盛な世渡り上手。

下弦の月タイプの人は、好奇心旺盛で無邪気。そして臨機応変な対応が得意なタイプです。勉強熱心で、頑張り屋な一面も。

今後「2021年」から本格的に運気が上昇。2023年に何かの「決断」をするのに良いタイミングとなるので、2019年、2020年は少し低迷を感じていた人も、新しいサイクルに突入していくでしょう。

恋愛については、2018年から2019年が「試練」の時期でしたが、2020年から12年間の幸運期に入っています。人の話を聞かないと運気を落としてしまうので、周囲の意見はしっかりと聞きましょう。

恋愛傾向としては、恋に落ちやすいタイプなので、自分でも気づかないうちに浮気や不倫をしてしまう危険性も。ただ、真面目な恋愛も出来るタイプです。

天星術「下弦の月タイプ」2021年下半期の運勢

2021年は「知らない世界に飛び込む年」になります。新しい価値観を受け入れて、チャレンジすることで運命がプラスに動いていく暗示。失敗を恐れずに、いろんなことに取り組むと良いでしょう。

2021年下半期の恋愛運は「年上の人」と縁に期待が持てます。上司や先輩から良い人を紹介されることもありそう。

関連記事:
【星ひとみの天星術占い】2021年下半期の恋愛運「新時代の恋の見つけ方」

天星術の開祖・星ひとみとは

元グラビアアイドルの星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。また、石田純一さんと東尾理子さんの結婚、カジサックさんの子供を命名、山田裕貴さんもTwitterでラブコールを送るなど、芸能人や有名人の間でも注目されている凄腕占い師です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です