行くだけで運気アップ!最大規模で行われた初開催の「占いフェス2017」とは?

uranai-fes
Pocket

1月14日から2日間限定、ラフォーレ原宿で行われた占いフェス。当たると話題の占い師100名が集結し、直接鑑定などを行うフェスに潜入。なんだか行くだけで開運できそうなのでレポート!

斉藤七平/へえなど有名モデルが「7福神」として参戦!

「会えたら運気が上がるかも」と、7名の人気モデルたちが「七福神」として参戦し会場を盛り上げました。七福神には雑誌やテレビ活躍するぺえ、mim、mam、紗蘭、ほりえりく、ヴィエンナ、斉藤平七/へえが選ばれました。

uranai-fes

入場は無料、1回5分のを300円で行えるので、行列ができていました。誕生日女子会みたいな装飾がかわいい、目が冴えるようなガーリー&ポップ空間。おみくじや手相占い、有名鑑定士による鑑定が行われています。

uranai-fes

イベントの目玉でもある「対面鑑定」スペースはブースとなっており、メイン会場と少し違う雰囲気になっていました。占い師のオーラなのか、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

uranai-fes

特別ステージでは占い師や多彩なゲストのトークショーを開催。取材時に居合わせたのは、風水芸人・出雲阿国が解説する「女性のエロについて」というテーマ。”(モテたいなら)ただのエロじゃダメで知的なエロを目指すといい”と会場を沸かせていました。トーク中にパフォーマンス占い師・婆羅門(バラモン)さんが登場。自由奔放な占い師として知られる婆羅門さんが「トイレに行く」とステージのそでを通り会場を後にし笑いが起きていました。

uranai-fes

手相コーナーは、目的別で見ることができ、復縁や仕事、恋愛運など様々なボードをめくり自分の手相と見比べることで運があるかを調べることができます。

uranai-fes

開運コスメコーナーでは「ハッピーメイク」と題して星座別の性格を診断し、より運気があがるための運気アップコスメが展示されていました。ラッキカラーを取り入れて恋愛運をアップさせることができるようです。

uranai-fes

ハート絵馬に願いを込めて飾ってきましたよ。願いが叶いますように、そして2017年もよい年でありますように!

あの話題の占い師も登場

先日、福士蒼汰さんの鑑定を行って大反響があった占い師・水晶玉子も会場に登場。鏡リュウジさんとの対談を15日15時15分から30分するとしています。

関連記事:
占いフェス2017SUMMER開催!日時や混雑状況・参加占い師は?

Pocket

監修者紹介

タロットカード
Pocket

監修者名:obatea(オバティ)

幼少期、前頭葉・後頭部をコンクリートで強打し、一時意識不明に。その直後から、一般的にオーラと呼ばれる”人間の光の反射”を色で捉えることができる能力を得る。霊能力とは異なり、その人の心境の変化や嗜好の違いで起こる空間や光を読み取ることで、その人の現在〜近い未来に必要な答えを導き出している。

時を経て、四柱推命・干支・タロット・手相占いを独学し、恋愛・結婚・人生についてアドバイスを行うようになり、色を活かした独自の占術が話題を呼び、アパレル店員・アーティスト・歌手・アイドルなどに当たると話題の人気No.1占い師。

的中実績は、プロポーズ時期の鑑定、20数年恋人がいなかった方の縁結び鑑定、転職時期など。宗教問題、鳥インフルエンザの流行、豊洲移転問題など世界情勢についての予言が的中しネット上で話題となった。

Pocket

芸能界最強の占い師ゲッターズ飯田に学ぶ運気をあげる3つの方法

ゲッターズ飯田
Pocket

芸能界最強の占い師ゲッターズ飯田さんの「運命を変える言葉」が書籍化。書籍には、4万人の占いや出会いを通じてLINEやブログなどで紹介されてきた500以上の言葉を掲載。 それらの言葉を胸に留めておくことで、あなたの人生が少しずつ好転していく……。ベストセラーとなった「ゲッターズ飯田の運命の変え方」に続く待望の一冊。ゲッターズ飯田の「運命を変える言葉」から運気をあげる方法を学んでいきましょう。

運気をあげる3つの方法

1.運のいい人はいい言葉を使う

「運がいいな」と思う人には、なぜか羨ましいほど人が集まっていると思いませんか。言葉にフォーカスを当てると「運のいい人はいい言葉を使う」というゲッターズ飯田さんの言葉の意味がわかる気がします。運がいいと思う人とは反対に、「あいつ運の悪い人な……」と思う人は悪い言葉を使っていると言われると、たしかにそう思います。

運がいい人の共通点は、不運なことが起きても「私が運がいい」といえる人ということ。「運が悪い」と口にだすほど運気が下がってくることに早く気がつき、転んでもくじけても「私は運がいい」と言ってみるということが大切なのかもしれません。

そんな人には自然と人も運も集まるということを心に留めておきましょう。

2.道に迷ったら、迷った自分を楽しめばいい

人は遠回りしたり、道に迷ったりするもの。遠回りは悪いことだと思いがちですが、見方を変えると「遠回りすればするほど、他の人が見ていない何かを見られた」ということですよね。若いうちは色々な人に色眼鏡で見られることが多く苦労するかもしれませんが、将来はそれが力になり人間としての魅力があるように思います。

浪人、留年、引きこもり、ニート生活など遠回りに思うことは多くありますが、この経験は必ず後になって財産、そして宝になるということは心に留めておきましょう。

3.無理かどうかは、自分で決めればいい

他人に夢を語ると「無理だよ」「やめなよ」と勝手に決めつけられることが多い。他人や占いを信じて無理だと決めつけていたら、やれることも無理になってしまう。やれるかやれないかはやってみないとわからないことが多い。無理だと決め込むのは少し早すぎませんか。

「難しい」と思うことは、本当は「難しい」ことではなくて、ほとんどが無駄なプライド。無理だなと思うこと、難しいと思うことを達成するから嬉しいはずです。「難しい」と言わないだけで、運は味方するもの。

幸福を引き寄せる方法

ゲッターズ飯田さん曰く、運がいい人には共通点があるそうです。独自の目線で導き出した”幸福を引き寄せる共通点”の一部をご紹介します。

  • メールはできるだけ早く返事をする
  • 電話では無駄に元気に
  • 声は大きくハッキリと
  • 姿勢はよく
  • 小奇麗な服装を心がける
  • 爪の手入れをしっかり
  • 笑顔で話す
  • リュックサックで街に行かない

幸福を引き寄せる方法は、「これって本当?」と思うものもありますが、どれも悪い行動ではない気がします。というのも、幸福を引き寄せる方法を実践している人と友達や恋人になりたいなと思うから。

メールを送って2日も3日も経ってから返信がくる人、電話で元気がない人、ハキハキと喋らない人、姿勢が悪い人……などなど、運が悪いと感じている時の自分に当てはまっている気がしますし、こういう人を見かけるとイライラして関わりたくないとも思います。

最初、「リュックサックで街に行かない」は運気と関係ないと思っていたのですが、先日、リュックサックで街に出たところ、電車や街で人に当たってしまうことが多く、当たるたびに舌打ちやイラッとした表情をされて「あぁこれか、ゲッターズ飯田が言っていたのは……」と運気が下がるのを実感しました。

運は人が”運んでくるもの”ですから、朝起きたら1つずつチェックすれば開運につながると思って実践してみてはいかがでしょうか。

Pocket