2019年1月6日は「山羊座の新月」で夢が具現化していく

星空
Pocket

2019年1月6日は「山羊座の新月」は、社会と自分の関係性を見つめ直す時。未来の可能性が広がり、時代との関わりが変化していくような予感です。

1月に新元号の風を感じる

占いでは、2月4日から本格的に運勢が切り替わります。ただ、早い人で1月1日には、春の気配を感じて動き出していきます。2019年は「新元号」に切り替わる大きな時代の転換期。変化に対応していける人もいれば、時代に取り残されてしまう「痛い人」になる場合も。

2019年は、時代に順応し、協調性を大事にすることが求められます。そして、1月6日に到来する「山羊座の新月」により、仕事運が大きく動いていきます。

山羊座の新月で夢が具現化へ

  • 新月の時刻:1月6日(日) 10:28
  • キーワード:出世、名誉、地位、勤勉、責任

昭和や平成の前半は「仕事」と「趣味」は別々なものでした。例えば、これまで「ゲーム」は、勉強しない子どもが夢中になる「悪」な存在でしたが、今ではその価値観も大きく変化して、人々の「夢」となっていっていきました。このように、新時代では「趣味」や「遊び」が「仕事」になっていく流れになります。

現在、まだ社会的に認められない「好きなこと」を心の中に秘めているのであれば、1月6日の「山羊座の新月」のパワーを借りて、社会と自分の関係性を見つめ直していきましょう。新たな可能性が見えてくるはず。

獅子座の満月でお金じゃない豊かさを

  • 満月の時刻:1月21日(月) 14:17
  • キーワード:高貴、高い地位、創造性

獅子座の満月パワーによって、クリエイティビティが高まる暗示。新時代では、お金に執着すると不運のはじまり。高貴な心で創造性豊かに生活していくことが重視されていきます。

お金がない人でも夢や計画性を持てば、クラウドファンディングなどを使い協力者を集めれば、夢を実現する事ができるのです。「お金ではない」というのは、決してキレイごとではなく、新時代の生き方なんだと思います。

獅子座の満月が到来する頃には、エンターテイメント性・アート性を意識するようにしましょう。真面目さを捨て「遊び心」の気持ちで不運を見れば、2019年を前向きで楽しい日々にすることができるはず。

関連記事:
2019年1月21日に「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が到来
2018年10月9日は「天秤座の新月」で過去の愛との再会を引き寄せる

【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表
【2019年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気があがる色とは【2019年のラッキーカラー】鏡リュウジが恋愛/仕事/金運の開運色を発表
【細木数子の六星占術占い】2019年の運勢を鑑定し発表!
ぷりあでぃす玲奈が「12星座別恋愛運ランキング」を発表!
2019年の復縁・片思い・恋の願いを叶える「波動修正」とは

Pocket

2019年1月21日に「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が到来🌕

obatea占い
Pocket

2019年1月21日に「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が米国に到来。月が非常に大きく見える「スーパームーン」、月が赤銅色に見える「ブラッドムーン」、1月最初の満月「ウルフムーン」が組み合わさる珍しい天体ショーとなり、注目を集めています。

スーパー・ブラッド・ウルフムーンとは

スーパー・ブラッド・ウルフムーンとは、「スーパームーン」「ブラッドムーン」「ウルフムーン」が同時に起こる現象。貴重な天体ショーが話題を呼んでいます。残念ながら日本では観測できないようです。

米国で、多くの人は「スーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプス」と呼び、天文イベントを心待ちにしているようです。

大きく明るく見えるスーパー・ムーン

スーパー・ムーンとは、月が非常に大きく見える現象。もっとも小さく観測できる月と比較すると、14%くらい大きく、30%も明るく見えると言われています。なお「スーパー・ムーン」という呼び名は、天文学ではなく「占星術」に由来するそうです。

月が赤銅色に見えるブラッド・ムーン

皆既月食で月が見えなくなるのではなく、木の色のような、赤銅色・オレンジ色に見える現象を「ブラッド・ムーン」と呼びます。赤く見えるため「地震や大災害の予兆」とされることもあるようです。

1月の満月ウルフ・ムーン

アメリカではその月ごとのフルムーンに名称があり、1月は「ウルフ・ムーン」と呼ばれています。由来は「オオカミの群れが、月に向かって吠える」というインディアンの言い伝えから。

獅子座の満月が「決断力」をくれる

  • 満月の時刻:1月21日(月) 14:17
  • キーワード:自信、決断、率直

1月21日に「獅子座の満月」が到来すると、変化に挑戦するパワーが宇宙から降り注ぎます。これまで我慢してきたことや、前向きに行動できなかったことに対して、満月のパワーによって一歩を踏み出すことができるでしょう。ただ、自信が高まりすぎるので、ギャンブル・浪費には注意を。

恋愛においては、絆が深まるチャンス。ロマンチックな雰囲気を意識して、素直に自分の気持ちを伝えるようにしましょう。自分勝手になってしまえば、関係性にひびが入ってしまうので、相手の気持ちも尊重するように。

2019年の新月・満月カレンダー

  • 1月6日:山羊座の新月
  • 1月21日:獅子座の満月
  • 2月5日:水瓶座の新月
  • 2月20日:乙女座の満月
  • 3月7日:魚座の新月
  • 3月21日:天秤座の満月
  • 4月5日:牡羊座の新月
  • 4月19日:天秤座の満月
  • 5月5日:牡牛座の新月
  • 5月19日:蠍座の満月
  • 6月3日:双子座の新月
  • 6月17日:射手座の満月
  • 7月3日:蟹座の新月
  • 7月17日:山羊座の満月
  • 8月1日:獅子座の新月
  • 8月15日:水瓶座の満月
  • 8月30日:乙女座の新月
  • 9月14日:魚座の満月
  • 9月29日:天秤座の新月
  • 10月14日:牡羊座の満月
  • 10月28日:蠍座の新月
  • 11月12日:牡牛座の満月
  • 11月27日:射手座の新月
  • 12月12日:双子座の満月
  • 12月26日:山羊座の新月

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表
【2019年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気があがる色とは【2019年のラッキーカラー】鏡リュウジが恋愛/仕事/金運の開運色を発表
【細木数子の六星占術占い】2019年の運勢を鑑定し発表!
ぷりあでぃす玲奈が「12星座別恋愛運ランキング」を発表!
2019年の復縁・片思い・恋の願いを叶える「波動修正」とは

Pocket

2018年7月28日「ブラッドムーン」到来!火星大接近の影響も

obatea占い
Pocket

2018年7月28日、皆既月食が発生。赤銅(しゃくどう)色に見えるため「ブラッドムーン」と呼ばれ、不吉なサインと言われています。また、31日には「火星大接近」となり、夏の夜空で天体ショーが開催されます。

7月28日「ブラッドムーン」の影響

赤銅色に見える幻想的な月「ブラッドムーン」が、7月27日から28日にかけてやってきます。世界各地で観測が可能で、日本では、28日午前4時30分〜6時14分に福岡や那覇などで観察可能。

皆既月食は、「不運」や「不吉」というメッセージ性が強かったのですが、現在では「不要な感情を捨てる」時期だと言われています。ただ、現在でも「地球滅亡」などの意味合いも残っています。

ブラッドムーン(皆既月食)で心の中にある「トラウマ」や「恐れ」を捨てて、生まれ変わるようなイメージをするのが重要。逆行ピークとブラッドムーンの期間で時代が区切られるので「新しい時代に向かう準備」をしていきましょう。

台風12号「異例の勢力」で本州上陸

ブラッドムーンの到来と同時に大きな台風が直撃。

27日に小笠原諸島に接近する台風12号。気温上昇の影響で海面温度も上昇し、雨量も多くなると予想されています。28日、本州上陸。台風の勢いは止まらず、東日本と西日本の広い範囲で大雨となると言われています。

東から西へ移動する「異例の動き」によって、平成30年7月豪雨の被災地にも猛威をふるいそうです😰

7月31日に15年ぶりの「火星大接近」

7月31日に、15年ぶりの「火星大接近」となります。火星は、内なる情熱を高める作用があると言われています。そのため、火星が接近すると「積極的な行動」ができるような時期になります。

火星大接近は「情熱の炎」が大きく燃え上がるようなイメージ。熱すぎる情熱の炎は、時に「ぶつかり合う」原因になるように、人間関係でのトラブルも発生しやすい時期になりそうです。

色んなことをやりたいのに、何かの制限によってできない「イライラ」を蓄積しないように、自分を客観的に見て冷静になることを意識していきましょう。

8月27日まで続く「火星逆行」の影響

6月27日から8月27日まで続く「火星逆行」が、15年ぶりの「火星大接近」と共に、影響しそう。火星は「情熱」や「積極性」を後押しするのですが、逆行が始まると感情的に不安定さが続きます。

普通の状態だと「積極的」と「消極的」は反対の言葉なので、同時に発生することはないのですが、火星逆行の影響で、積極性の高まりと消極的な自分が同時に出てくるようなイメージになりそう。

週末の朝、ベッドの上にいる時に「すごい出かけたい気分だけど、このままでいたい」と思う感じと似ているような。積極的に動こうという気持ちと、何かと理由をつけて消極的になる気持ちが混同して、ストレスとなってしまうでしょう。

消極的になりすぎているなと思ったら、小さなことでもいいので「出来ること」に挑戦してみると、行動的になれるので試してみてください。

関連記事:
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する
2018年7月26日「水星逆行」突入!ブラッドムーンの影響も
【2018年8月の運勢予報】ありのままで情熱を燃やして
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表

Pocket

2018年7月26日「水星逆行」突入!ブラッドムーンの影響も

obatea占い
Pocket

2018年7月26日は「水星逆行」期間に突入。すでに逆行が開始している火星、土星、海王星、冥王星を含めると5つの星が逆行していことになります。8月8日には天王星が加わり、逆行ピークを迎えることになります。逆行ピークは8月19日まで続くので、意識してみると良いでしょう。

7月26日「水星逆行」へ

水星逆行の影響は「交通トラブル」や「システム障害」が多い時期として知られていますが、人間関係においてもコミュニケーションが上手に取れず「擦れ違い」が多くなっていく時期でもあります。思ってもいないようなトラブルに巻き込まれるケースが多いので、旅行や出張で移動する人は余裕を持った行動が必要となるでしょう。

イレギュラーなことが起きるとわかりやすいのですが、何となく「うまくいかない」と思うことも多くなります。情報伝達がうまくいかずに、言った言わないで「水掛け論」になるケースも見られます。いつも以上に丁寧で慎重な行動を心がけたいところ。

8月8日から「逆行ピーク」へ

水星逆行が始まる頃には、すでに火星、土星、海王星、冥王星が逆行しており、8月8日からは天王星も逆行期間へ突入。あまり怖がることはないですが、どのようなことが発生しやすいのかは知っておいた方が、過剰なネガティブにならずにすむはずです。

逆行ピークでダイナミックに運命が変化

  • 水星逆行:交通や情報伝達のトラブル
  • 火星逆行:切迫感や焦燥感が募る
  • 土星逆行:法律違反が厳格になる
  • 海王星逆行:人生の目標の見直し
  • 冥王星逆行:心の闇と向き合う
  • 天王星逆行:新規事業の見直し

逆行は「不運な時期」と思われることが多いのですが、過去を振り返り精算していく時期だと言われています。逆行の影響で、対人関係や社会的ルール、体制についてを考えるべきだというメッセージなのです。

逆行ピークで生まれ変われる

逆行ピークは、これまで行ってきたことの中で、自分の思いとは違った方向に進んで来たものを、全て大掃除するような期間になります。例えば、前々から「なんか違うな」「一緒にいても楽しくない」と少しでも思っていた友達と縁が切れたり、心の中では「間違ってる」と思いながらもダラダラと続けてきたことに区切りがつくはずです。

7月28日「ブラッドムーン」の影響も

赤銅色に見える幻想的な月「ブラッドムーン」が、7月27日から28日にかけてやってきます。世界各地で観測が可能で、日本では、28日午前4時30分〜6時14分に福岡や那覇などで観察可能。なお、次回の皆既月食は、2021年5月26日に見られるとされています。

不吉なイメージのある皆既月食

皆既月食は古くから神秘的な意味が考えられていました。今よりも月を眺める時間が多いであろう人々が、その光を奪われるのですから、とても恐怖を感じていたのではないかと考えられます。

皆既月食はスピリチュアルな意味でも「不運」や「不吉」というメッセージ性が強かったのですが、現代では見直されて「不要な感情を捨てる」といった意味合いが強くなっています。

皆既月食で「一区切り」を意識

ブラッドムーン(皆既月食)で心の中にある「トラウマ」や「恐れ」を捨てて、生まれ変わるようなイメージをするのが重要です。逆行ピークとブラッドムーンの期間で時代が区切られるので、その風を背に「新しい時代に向かう準備」をしていきましょう。

関連記事:
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する
150年に一度!奇跡の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が到来!
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表

Pocket

150年に一度!奇跡の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が到来!

obatea占い
Pocket

2018年1月31日に、一生に一度しか見られない天体ショー「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が繰り広げられると話題になっています。

スーパー・ブルー・ブラッドムーンとは

スーパー・ブルー・ブラッドムーンとは、150年に一度の奇跡と言われる3つの天体ショー「スーパームーン」「ブルームーン」「皆既月食」が同時に起こる現象のこと。科学ジャーナリスト・寺門和夫さんによると、3つの現象が同時に起こるのは「152年ぶりだ」とのこと。

大きく明るく見えるスーパー・ムーン

スーパー・ムーンとは、月が非常に大きく見える現象。もっとも小さく観測できる月と比較すると、14%くらい大きく、30%も明るく見えると言われています。なお「スーパー・ムーン」という呼び名は、天文学ではなく「占星術」に由来するそうです。

珍しい現象を意味するブルー・ムーン

音楽のタイトルにもなっている「ブルー・ムーン」とは、一ヶ月のうちに満月が2回目巡ってくる現象のことで、色が青く見えるというわけではないそうです。

当初は、ガスやチリによって月が青く見えた現象を「ブルー・ムーン」と呼んでいましたが、青く見える現象は滅多に見られないことから、現在では「珍しい現象」を呼ぶこともあるそうです。

月が赤銅色に見えるブラッド・ムーン

皆既月食で月が見えなくなるのではなく、木の色のような、赤銅色・オレンジ色に見える現象を「ブラッド・ムーン」と呼びます。赤く見えるため「地震や大災害の予兆」とされることもあるようです。

スーパー・ムーンと月食は2、30年に一度だけ同時になる周期ですが、ブルー・ムーンも含め3つの天体ショーが重なるのは「150年に一度の奇跡」のため、観測できるのは一生に一度になりそうです。

観測方法や場所と時間帯

  • 時間帯:31日 21:00-23:00
  • 観測ピーク時間:22:30頃
  • 方位:東の空から南の空

スーパー・ブルー・ブラッドムーンは、31日の夜中21:00から23:00、東の空から南の空に出現。22:30頃に見頃ピークを迎えるといいます。専門家によると、ひらけた場所に行けば見えるだろうとのことですので、ぜひ足を運んでみましょう。

オススメの撮影方法

最近のスマホなら撮影が可能のようです。技術の進歩でかなり解像度が高くなっているため、建物や風景を入れた写真ならキレイに標準レンズで撮影することができるはず。ただ、標準レンズは広角なので、ズームにすると画像が荒れてしまう可能性もあるようです。

撮影する時のワンポイントアドバイスとしては「画面の月をタップする」です。月をタップすると露出が合い、より鮮明に撮影することができるようです。

望遠鏡にレンズを押し付けて撮影すれば、大きな月を写真に収めることができます。スマホ画面に表示された月をタップし、露出を合わせてから撮影するようにしましょう。観測時間が1時間と長いため、双眼鏡を持っていない方も、観測している人に借りることもできるかも。

人生の転機が起こる予感

1月31日の「獅子座の皆既月食」を占いで見てみると「人生の転機が起こる」ことを暗示しているように感じます。1月末に向けて「天職」を見つけだしやすい期間に入り、挑戦したいという気持ちが高まるはず。

2月16日の「水瓶座の部分日食」には、長いスパンで徐々に変わっていくような「変化」ではなく、短期間に信じられないサプライズが発生するかも。

31日の日本の天気予報は「曇り時々晴れ」ということで、天文学的にも、スピリチュアル的にも大きなイベントとなる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」に注目が集まります。

Pocket