ビットコイン大暴落に注意!北海道の大御所占い師の予言が話題に

obatea占い
Pocket

ビットコインが大暴落して「バブル崩壊」とニュースに。ビットコインの価値高騰で一攫千金しようと多額の借金をして投資した人々の夢は、一夜にして崩壊してしまいました。そんな中、北海道の大御所占い師・波木星龍さんが「ビットコインが大暴落する」と注意喚起する予言が的中し、注目を集めています。

ビットコイン大暴落!投資家は失望感

ビットコインなど、仮想通貨の投資家の多くは20代・30代。インタビューに応じた若者はビットコインの急落に「失望感しかない」と語っていました。

予言を信じて大損を免れた人も

12月に盛り上がりをみせた「ビットコインバブル」ですが、北海道の大御所占い師・波木星龍さんの予言がSNSで話題に。投資家の中には、予言を信じて大暴落を免れた人もいました。しかし、2018年1月26日に仮想通貨取引所「コインチェック」がハッキング被害で取引停止に。仮想通貨の危険性を今一度考える必要あるのかもしれません。

話題のビットコイン占い

2017年12月10日、北海道の大御所占い師・波木星龍さんが公式サイトで『「ビットコイン」大暴落の予感!』というタイトルで記事を投稿。文末には「早めに“売りぬいた”方が良い」とアドバイスも。

当時「未来の通貨」と“買い”が集中し、値も大きく上昇していきました。その後、一時急落を見せて混乱を招いたものの、値は「大暴落」とまではいかなかったのです。

世間的には「危なかった」と、一時的な急落であると思い込んでいた人もいたようですが、波木星龍さんは「“終わった!”とは断定しきれない」と注意喚起。その後、予言通り「大暴落」となってしまったのです。

占いと株価やFXの関係

相場格言「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、 丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」

相場格言で各年の干支と値動きの関係性を述べているように、株価やFXなどの「お金」に関わる動向と占いには深い関わりがあるように思います。安倍晋三首相も「申酉騒ぐ」について、2017年を振り返る際に「本当に騒がしい一年だった」と語っていました。

占いの歴史を紐解くと、ロシアの大統領が占星術師に国家運営を相談、中国や日本でも軍事戦略で活用したとされているため、占いと国は現在も密接に関係しているとされており、とても興味深いです。

占い師と株価やFXの関係

占いと株価やFX、ギャンブルなどお金に関することを語る時に思い浮かぶ疑問が「占い師はどうして株を買って儲けないのか」ということ。

占術によりますが、高い確率で的中させることはできると言われているようです。ただ、占い師がギャンブル要素の高い取引に手を出さないのは「幸福は“棚ぼた的な運”だけでは得られない」という共通した哲学があるからなのではないでしょうか。

2018年「戌笑う」で相場上昇か

2017年は「申酉騒ぐ」という格言同様に波乱の年となりましたが、気になる2018年は「戌笑う」ということで相場が上昇して笑いが止まらない状況になりそうです。

実際に、年明け最初の取引は「爆上げ」という評価になっており、早くも戌が大笑いしている状況。今年一年がどんな年になるのか、注目したいところです。

関連記事:
大谷翔平選手がWBC辞退!北海道の大御所占い師の予言が的中

Pocket