2月16日は水瓶座の新月!未来のうつろいを感じる時期に突入へ

Pocket

2018年2月16日は「水瓶座の新月」が到来。オリジナリティ溢れる「自分らしい夢」を抱けば、明るい未来を感じやすくなるはず。2月後半から3月にかけては、自分がやりたいことを素直に思い描いてみてください。そうすると、思わぬハッピーサプライズが起こりますよ。

2018年は「大きく変化」する年

実は、2018年は時代が「着地する」イメージの年なんですよね。前々から大きな変化があることを知っていたので「平成が終わりを迎える」というのを聞いた時は驚きました。2018年から2020年の間は、一つの時代が満ちて、次の新しい時代へと変わっていく期間でもあります。

変わるというのは「痛み」も発生します。望みたくはないですが「しわ寄せ」が2018年から2020年の間はやってくるはずで、人員的なミスで「大きな事故」や自ら命を落とす人も増えてくるかもしれません。ただ、2020年には大きな荒波は落ち着き、新しい時代の幕開けに人々は瞳を輝かせるのです。

2018年「水瓶座の新月」の特徴

  • 新月の時刻:2月16日(金) 6:06~2月18日(日) 6:06
  • ボイドタイム:2月16日(金) 11:43~2月18日(日) 6:06
  • キーワード:発明、テクノロジー、ユニーク

水瓶座の新月を迎える16日から3月頃までは「自由と独創」を感じる期間に入るため、技術的なトレンドで大きなトピックスがありそう。また、コミュニケーションもスムーズになり「滞っていたことが好転する」を感じる人も多くなりそう。

年末年始に放っておいた「部屋の片付け」や、これまで不安に感じていたことをぶつけ合うことで「関係性」が良い方向に進むといったこともあるはず。それは水瓶座のパワーによって「新しい方法」をひらめくからとも言えそう。

願いが叶うことを妨げるノイズが多くなる期間になるボイドタイムを避けて、宇宙と一体になるイメージで祈ると、自分自身の内なるメッセージを受け取ることができるはずです。

人類の宝箱は心の中にある

最近読んだ本に「人類の宝箱は心の中にある」という一文がありました。1週間1ヶ月と時が経っても、なんとなく心に残っている言葉です。

人って答えを探す時に、部屋の押し入れの奥底や周囲の人ばかりに気を取られてしまいます。ですが、探していたメガネが額の上にあるように、案外近くにあるのかもしれません。よく「灯台下暗し」と言うように、心の中にある答えを見落としてしまうんですよね。

水瓶座の新月は、これまで止まっていたことが思わぬように動きだす時期。周囲ではなく、自分の心から溢れるメッセージを感じてみてくださいね。

関連記事:
150年に一度!奇跡の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が到来!

Pocket

ゲッターズ飯田の占い!2018年、12星座別運勢ランキングを発表

ゲッターズ飯田
Pocket

12月15日、アンジャッシュ渡部建さんがMCを務めるJ-WAVEで放送中のラジオ番組「GOLD RUSH」内の人気コーナー「CURIOUSCOPE(キュリオスコープ)」で、占い師・ゲッターズ飯田さんが2018年星座別運勢ランキングを発表。気になる12星座別の運勢を語っていました。

ゲッターズ飯田が占う!12星座別の2018年運勢

ゲッターズ飯田さんが占った「2018年の運勢」を、独自の観点で紐解いてみました。12星座別の2018年運勢を参考にして、よりよい年になりますようにお祈りしています!それでは、ランキング発表です。

第1位 水瓶座

飯田「行動しないと意味がないので、流れに身を任せるんじゃなくて、自ら『こうしたい』という気持ちを主張していくと良い1年になると思います」

2018年はとても良い運勢で、恋も仕事も結婚も実りやすい時期なんだとか。周りに感謝の気持ちを忘れずに自分がしたいと思うことにチャレンジすると良い結果が得られやすいようです。

第2位:魚座

過去に頑張っていたことが評価されやすい年。恋も仕事も相当忙しくなりそうとのことですが、裏を返せば「充実した一年」ということでしょう。片思いをしている人は、2018年に叶う可能性もあるそうですので、期待しましょう。

第3位:牡牛座

自分の魅力や才能が開花して、モテ期到来。出会い運も好調のようです。運が後押ししてくれているので「行動する」を意識して運気をアップ。

第4位:山羊座

2018年は、前半が「攻め」で、後半が「守り」の流れになる年。上半期は絶好調なので、結婚をするなら上半期中に決めると良いそうです。

第5位:牡羊座

恋愛運が好調で、楽しい1年になる年。誘いが増えて、周囲への印象も明るくなるようです。ただ、誘惑も増える時期なので、既婚者は不倫に注意の年です。

第6位:蟹座

年始から春までの間にやることやってしまうと良いようです。好きな人に告白するなど、積極的な行動が開運につながるようです。2018年後半は、パーティーやイベントなど人が集まる場所に行くと良い出会いがあるかもとのこと。

第7位:獅子座

過去のことに引きずられて動きが鈍くなる年。少し先走るくらいの意識で、新しいことにチャレンジしていくと運気の流れが良くなるようです。

第8位:乙女座

人との交流が増えて楽しくなる一方で、やることも増えて疲弊してしまいそう。人付き合いを楽しもうとすると、2018年は良い年になります。

第9位:双子座

2018年の双子座は「リフレッシュ」を心がける年。ダイエットや肉体改造、ヨガなども良いかも。11月、12月の年末など冬頃に恋のチャンス到来がやってくるそうです。

第10位:天秤座

2018年は前半と後半で大きく変わる年。前半は動きだすための情報収集に徹して、後半に動き出すと良い流れに乗れるようです。

第11位:蠍座

運勢の変化についていけない可能性がありますが、恋愛運は好調。変化を楽しむくらいでいると良いかもしれませんね。

第12位:射手座

2018年は、周囲のトラブルに巻き込まれる可能性が。隣人や上司が変わるなどで苦労することが増え、恋愛では周りばかりが先に結婚してしまうという状況になりそう。周囲の流れに身を任せて、合わせることを楽しもうとする意識が良いそうです。

番組情報

  • 番組名:GOLD RUSH
  • 放送日時:毎週金曜16時30分〜20時
Pocket

水星逆行の影響?各地で交通やシステムトラブルが相次ぐ

Pocket

2017年最後の「水星逆行」の期間に突入。12月3日以降から水星逆行の影響が現れ始め、各地で交通やシステムトラブルが相次いでいる状況。水星逆行はクリスマス前の12月23日まで続くため、引き続き注意が必要です。

今年最後に到来する水星逆行

  • 逆行期間:12月3日(日) 16:34~12月23日(土) 10:50
  • 逆行星座:射手座

今年最後にやってきた水星逆行は「射手座の水星逆行」で、12月3日から開始し12月23日に終了となるため、クリスマスシーズンにもやや影響は残りそうだと感じています。

今年最後の水星逆行の影響とは

水星逆行は、占星術を知る人ならば「交通トラブル」や「システム障害」が多い時期として、よく知られているですが、一般的にはまだ広く知られておらず、認知度は低いかもしれません。ただ、過去の「水星逆行」の期間を見てみると、大規模な交通トラブルやシステム障害が発生している期間と一致しています。そのため、水星逆行の期間知ることで「不運」への準備ができるような気がしてきます。

多く話題となった羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が「緊急着陸」も、「水星逆行」が開始される前日「2017年8月12日」に発生しており、交通トラブルやシステム障害と水星逆行の関連性が話題となりました。

水星逆行期間に交通トラブルが相次ぐ

今年最後の水星逆行期間は「12月3日から12月23日」となっていますが、水星逆行に交通トラブルが相次いでいるように思えます。

水星逆行期間中の主な交通トラブル

  • 12/12 JR東海道線の快速列車が緊急停止
  • 12/13 こだま684号が乗客を乗せず誤発車
  • 12/15 全日空機内でもやと異臭が発生
  • 12/16 JR京浜東北線の架線故障

12月12日、JR東海道線の快速列車が緊急停止。12月13日、名古屋発ー東京行きの「こだま684号」が名古屋駅でドアを開けないまま誤って発車。12月15日、全日空機が那覇空港に緊急着陸。12月16日、横浜市鶴見区のJR京浜東北線鶴見―川崎駅間で架線が切れ、同線と横須賀線、東海道線の3路線で停電が発生など、短い期間で見てみても多くの交通トラブルが重なっているのがわかります。

水星逆行でクリスマスの予定にも影響

12月23日まで続くため、クリスマスにもやや影響してくると思われる射手座の水星逆行。クリスマスを迎えるまでに、スケジュールの調整やコミュニケーションで混乱する可能性もありますが、気持ちと日程調整を23日にすれば迷いや悩みも緩和していくはず。

関連記事:
今年最後の水星逆行が到来!電車遅延やシステムトラブルが増加

Pocket

2017年最大の満月が到来!双子座が運命の空気感を変える

obatea占い
Pocket

2017年12月4日に、今年最大のスーパームーンが到来。双子座満月の影響で、運命の空気感が変わると言われています。

地球に接近するスーパームーンが到来

スーパームーンとは、楕円軌道している月が地球に最も近く満月もしくは新月のことで、2017年12月4日は「双子座」に訪れます。

国立天文台(NAOJ)の公式サイトによると、天文学の正式な用語ではない」としているため、使い方には注意が必要なのですが、スピリチュアルな観点で「スーパームーン」を感じると大きなパワーが影響しそうだと思っています。

2018年1月2日にも「スーパームーン(ウルフムーン)」が到来するため、2017年12月から2018年1月にかけて大きな動きや変化したいと考えている方はチャンスを逃さないように。

双子座の満月で「解放と癒し」が訪れる

  • 満月の時刻:12月4日(月) 00:48~
  • ボイドタイム:なし
  • キーワード:会話、意思疎通、コミュニケーション、情報、社交性

まもなく訪れる「双子座の満月」の影響で、多くの人に「解放と癒し」が訪れるようです。社交性や好奇心の高まり、特に「会話によるコミュニケーション」が増えていくはず。例年に比べて、友人からの誘いが多かったりするかもしれません。

双子座の満月で最も大切したいのは「言葉」で、イラストやジェスチャーなどの非言語なものよりも、丁寧な言葉を使うことで運気をアップさせることができます。自分の心からのメッセージを「言葉」に乗せて伝えることで、コミュニケーションを深めることができるはずです。

一方で、12月4日から「情報」に惑わされることも多くなりそう。悪気のある言葉によって不安を感じてしまったら、少し過敏になりすぎだと気づいてあげてください。

SNSで軽やかなコミュニケーションを心がける

年末年始は長い休みがあるため、なかなか会えない人も出てくるかもしれません。普段、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿してない人も「双子座の満月」が訪れた以降は、SNSを使ったコミュニケーションを始めて見ても良いかもしれません。

投稿内容は、自分が「楽しい」「嬉しい」と感じたことを伝えるようにすると、友人や知人と感情を共有することができます。双子座満月の期間で、会社のグチや社会への不平不満など負の感情を発信してしまうとマイナスになってしまうので気をつけましょう。

SNS投稿がやっぱり難しいと思う方は、人の投稿を見ておくと、年末年始の長期休暇後のコミュニケーションが活発になります。

今年最後の水星逆行も到来

  • 逆行期間:12月3日(日) 16:34~12月23日(土) 10:50
  • 逆行星座:射手座

今年最後の水星逆行は「射手座の水星逆行」になるため、カルチャースクールや旧友との連絡、一年の振り返りにはピッタリな時期。これまで興味のあったことを勉強し始めたり、しばらく会っていない友人と食事に出かけたり、水星逆行の期間を利用すると幸運を引き寄せることができそう。

水星逆行は、12月3日から開始し12月23日に終了。本来はコミュニケーションに不向きな期間ですが「双子座の満月」の影響で、言葉に惑わされなければ、コミュニケーションはスムーズに。

今回の水星逆行は「復縁」を狙うなら絶好の機会と言われています。感情に訴えかけるような駆け引きよりも、付き合っていた頃の思い出を振り返るように言葉で訴えかけると、楽しかった記憶が蘇るような雰囲気に。一方で、独りよがりな恋愛になってしまっているのであれば、このタイミングで手放すこともできそう。

関連記事:
1月2日は最大の満月「スーパームーン」が到来!蟹座の満月の影響とは

Pocket

2017年11月の運勢!牡牛座満月「ビーバームーン」で運気アップ

占い
Pocket

2017年11月は、4日にやってくる牡牛座の満月(ビーバームーン)と、11日にやってくる蠍座の新月がキーポイント。大きなイベントが少ない11月ですが、2018年の運気を左右する重要な時期となりますので、運気の流れを読んで慎重に行動しましょう。

2018年に続くキーポイント

11月は、2017年を振り返る気持ちと年末年始への忙しさを感じる時。同時に2018年に続く締めくくりの時期でもあります。ダイナミックな動きよりも新しい時代の幕開けを感じつつ一歩一歩踏みしめるような感覚になるはず。

4日頃は、人間関係の中で自分の立ち位置やキャラクター性を再び振り返り、そしてこれから「どうなっていきたいのか」を考えるきっかけが発生。それは友人の何気ない一言であったり、駅前のポスターを見て思ったりするかもしれません。いずれにしても、誰しもが「新しい時代」を感じ踏み出していかなければならない期間に入っていきます。

牡牛座の満月で「心から楽しい」を求める

牡牛座の満月の影響で、集合や団体への貢献から「個人の楽しみ」に心がシフトしていきそう。それは全く人に尽くさないという意地悪な気持ちではなく、自分自身が楽しいと思える「趣味」や「恋愛」に夢中になるようなイメージ。ある意味ではピュアな子供のように「ただ楽しむだけに没頭する」といった行動を重視するようになります。満月を迎える11月4日からは「心から楽しい」をキーワードにプランを立てて見るのも良いかも。

牡牛座の満月は、これまでの我慢を解き放ち、変化を許容していく必要があります。独りよがりの独占的な欲求は捨て、停滞していた運気を動かすように気持ちを高めていかなければなりません。

蠍座の新月が「大切な絆」を思い出させてくれる

  • 新月の時刻:11月18日(土) 20:42~11月19日(日) 4:43
  • ボイドタイム:11月18日(土) 20:43~11月19日(日) 4:00
  • キーワード:深い絆、ソウルメイト、遺産相続、権力、秘密

蠍座の新月を迎える18日には、恋人や仕事のパートナーなど「大切な絆」を思い出させてくれる期間に入ります。これまで大人数で取り組んできたことから、より少人数のグループで進むようなイメージ。大きなパーティー会場で意中の相手を見つけ、恋人同士となった二人がパーティーを抜け出すように、親密な関係性にフォーカスが当たっていきます。

戊戌年の影響も

2018年は「戊戌(つちのえ・いぬ)」に当たる年。2018年2月から本格的に影響を感じるのですが、2017年の夏過ぎから段々と変化を感じる人もいるはず。

戊戌の年は、良いこと悪いことがハッキリと分かれて明確になっていくと共に、すべての問題が解決に向かっていく年と言われています。ゲス不倫という言葉が流行りましたが、来年以降は国や会社が大きく揺れるような問題となっていきます。これまで問題となった規模感よりも大きな問題が待ち受けているため、組織ぐるみの犯罪や法律に注目が集まりそうです。

Pocket

2017年10月の運勢!牡羊座の満月の影響で「すべてが終着に向かい心を開放する時」

obatea占い
Pocket

2017年10月は、6日にやってくる牡羊座の満月の影響で、今年一年頑張ってきたことや思い描いていたことが形になっていく時。努力した人は苦労が報われ心の開放を感じるでしょう。一方、何だか急に閉塞感を感じ始めたなら、これまで努力していたようで実は手を抜いてしまっていたことを反省しましょう。いずれにしても、2018年につながる「一年の総まとめ」に入る時期なので、これまでの自分を振り返り、未来に目を向けてみましょう。

牡羊座の満月で「前向きになっていく」

9月の後半は「自分らしさ」をテーマに時代が動いた印象。安室奈美恵さんの突然に引退発表は牡羊座のよい意味での「わがまま」をしたい時期であったことや、宿曜占星術におけるサイクルが終わりへと向かっていたからだと考えられています。

牡羊座の満月を迎えると、これまで子供のように動き回っていたことを改め、新たな局面にシフトしていくシグナル。心の前向きにして、これまでの行いを振り返り、未来を見つめなおすと良いでしょう。

冥王星が順行へ戻り「未来を目指す」

9月29日に、4月下旬から続く冥王星が順行へ復帰。過去への意識から「未来」に感情が向いていくことを感じるはず。過去を消化し、未来の栄養としていく時期はもう終了。人間関係の悩みを考えずに、心をワンランクアップさせて、今と未来だけに集中していくと運気賀上昇します。

10月10日に「運命の転機が訪れる」

10月10日に、幸福の星と呼ばれる木星が天秤座から蠍座に移動。幅広い人間関係から、深い人間関係へと変化していきます。多くの人と楽しむというよりも、親友や恋人との濃厚な時間を過ごすなんてこともありそう。

木星の移動に備えて、9月末から10月9日の間は部屋の掃除や人間関係の断捨離(だんしゃり)が発生しやすい時。運命の流れにまかせて、部屋の掃除や連絡先の整理をすると、10月10日以降の運命サイクルに乗りやすくなります。

周辺を整えたいという気持ちは10月20日頃まで継続していくはず。星の勢いを利用して、仕事場のデスクやこれまで行き届かなかった部分の掃除も徹底的にすると良いでしょう。

天秤座の新月で「すべてが調和していく」

  • 新月の時刻:10月20日(金) 4:12~10月21日(土) 3:00
  • ボイドタイム:10月20日(金) 4:13~10月20日(日) 10:42
  • キーワード:結婚、交渉、社交的、癒し、バランス

10月20日に訪れる「天秤座の新月」が、運気の波長を調和していくような星回り。10月前半は濃厚な関係性を重視する一方で、後半にはいると社交運がアップ。イベント参加や人との交流をする機会が増えていきそう。対人関係で一歩踏み出せない人も「すべてが調和していく」と信じて飛び込んでみましょう。

10月は9月に引き続き大規模な天災が訪れる恐れがあります。日本だけではなく世界的に自然の恐ろしさを改めて知ることになりそう。一方で、訴訟問題や長く続いた争いに決着がつきそうな星回り。研究分野やスポーツにおいても一定の成果が出てきそうです。個人レベルでも、技術の進歩や生活がより豊かになる時代背景を感じることができ、11月や12月、そして2018年に向けて開放的になっていくように思います。

Pocket

2017年4月15日に「金星逆行」の終了!逆行期間の影響と過ごし方とは?

雲間の光
Pocket

星占いで、3月4日から続いていた「金星逆行」が4月15日に終了します。愛情が伝わらなくてやきもきしてしまうような流れになるこの時期、感情は落ち着きを取り戻して安定していきます。ただ、10日から始まった水星逆行の影響で「コミュニケーション」の取りにくさが5月4日まで続くようです。

乱れていた感情が落ち着く

愛情や美への異常な関心や衝動買いが増えて心がざわつく時期となる「金星逆行」が15日に終了します。これまで乱れていた感情が落ち着き、また一歩成長を感じる時でもあるかもしれません。

10日から始まった「水星逆行」で、コミュニケーションの摩擦やコンピューターの障害が起きやすい時期に入ってきました。これは5月4日まで続くのですが、金星逆行が終了したことで、10日からの14日の間に感じる乱れよりもやや緩やかなものだと感じます。

金星逆行の影響を振り返る

金星逆行中はあまり意識はしていませんでしたが、どのような影響があったのか振り返ってみます。

衝動買いが増えた

私にとって、金星逆行を振り返ってみると「衝動買い」が増えたなという時期です。「これは必要経費」と自分に言い聞かせて、お金を下ろした数日後には財布が空っぽなんてことも。あまりに買い物が増えすぎたので「来月にしよう」と少し先延ばしにしたのは正解でした。逆行終了で、街に出れば散財してしまい後悔するということもなくなりそうでホッとしています。

自分と向き合う時間が増えた

逆行というと、まだまだ悪いイメージを持たれる方も多いと思いますが、そんなことはありません。逆行期間中は悪いものを見直す良いチャンスだったりもします。金星逆行中は、いわば「情」と向き合う期間です。情によって、捨てられないモノやコト、繰り返しパターンを処分するのにはもってこい。逆行中はこれまで以上に向き合う機会が多くあった気がします。モノやコトで「これ本当に必要かな?」と自分に問うシーンがあり、不要品を排除することができました。

逆行の過ごし方

逆行中は、これまでうまくいってた物事がうまくいかなくなることが多いので、今まで気づかなかった「あたりまえ」に気づけるいい機会だと思います。

10日から始まった「水星逆行」では、コミュニケーションがうまくいかないことや機械が故障するなどが発生すると言われていますので気をつけましょう。一方で「過去の見直し」をするとうまくいくと言われています。また、失くしたものが見つかったり、人生で大事なことを思い出したりと、過去からのメッセージを感じる時でもあります。

土星逆行も続いていますが、夏頃には「くっきり」と未来が見えてくるような気がしています。桜も散り4月も後半戦です。逆行を利用し、過去を見直して未来に進むチャンスを逃さないでくださいね。

Pocket

十干十二支で春のリズムを見ると「運勢変化の鍵は4月7日」

obatea占い
Pocket

知られているようで知られていないように「十干十二支(じっかんじゅうにし)」は、60のサイクルで巡るもの。年月日にそれぞれ振り分けられており、あまり意識していないのですが、身近なのが「還暦」です。これは、60年経つと生まれた干支にもどるという所からきています。同様の方法で、春のリズムをみてみると、運勢変化の鍵は4月7日だったようです。

4月7日前後に運気変動

運勢の変化する時期は「運気が不安定になる」といわれています。毎月4日は季節変化によって運気が不安定になることが知られており、2月4日の節分は「厄除け」という意味で現在でも風習が残っていますよね。

「節分」は季節の分け目に不安定になる一方で、十干十二支は60サイクルが終わり、新たな60サイクルが始まる時に運気が不安定になります。年月日そして時間にサイクルがあり、よく知られているのは「年」の60サイクルである「還暦」です。「日」で見てみると、4月7日に「甲子」をむかえて新たな60サイクルが生まれています。

2017年4月7日の気になる3つの変化

  1. 米ミサイル攻撃のニュース報道
  2. ビットコイン決済がビックカメラで開始
  3. Abemaビデオ開始

運勢変化を象徴する事柄を3つピックアップしてみました。全国各地で事件が起きていますので、4月6日や4月8日でも無理やり結びつけようと思えば結ぶつく「変化」ですが、今後の世相変化という観点で見ると面白い「変化」を感じることができました。

1つ目は、米ミサイル攻撃のニュース報道です。「シリアに59発のミサイル発射」というショッキングなニュースが届きました。これは、国際的に禁じられているサリンなどの化学兵器の使用に対する警告として、トランプ大統領が決断したものです。ミサイルの打ち込みは「ショッキング」という気持ちだけではなく、株価変動や原油価格の変動のほか、市場の不安定化につながっていると言われています。悪への対抗策に関する認識が変化していっていることに私たちが気づかなければなりません。気づいた頃にはコントロール不能になり、予想もできない結果がもたらされます。私たちは時代の岐路に立たされているのかもしれません。

2つ目は、私たち一般市民には未だ謎に包まれる「ビットコイン」が、多くの利用者がいる家電量販店ビックカメラでの決済が可能になったこと。これは、単純に家電量販店が電子決済サービスを始めたというニュースではなく、日本にビットコインが普及するきっかけとなるのだと思います。4月7日を数年後に振り返った時に「お金という概念が大きく変わったきっかけだった」と感じる日になっているかもしれません。

3つ目は「Amebaビデオ」の開始です。Amebaビデオは、AbemaTVの放送で見逃した番組をいつでも見られるようになるサービスで、いつでも番組を見られるような機能もあるそうです。このサービス開始をきっかけに、テレビがスマートフォンなどの他の媒体へ移行していくように感じますよね。

新たな時代に向けてスタートを切った所なため、まだ実感がないという方も多いのではないでしょうか。夏を過ぎた頃にその変化した影響を感じる人が多いはずで、2018年を過ぎた頃には「変化」が完了するはずです。

4月の運気変動を見極める

  • 6日に土星逆行
  • 7日に甲子を迎える
  • 11日に満月となる

西洋占いでみると、6日から土星が逆行して「死と誕生」が繰り返されると出ており8月下旬まで影響が続きます。東洋占いでは7日に「甲子」をむかえて新たな60サイクルが始まるため、いずれにしても新しい目標やスタートを切る方が今後増えそうです。月から見ても11日に満月となるため、転換期となります。

2017年を干支からみると「丁酉」であるため、引き続き「火事」や「火遊び」には気をつけたい所。脱税やスキャンダルが表沙汰になりやすい時期でもありますが、悪いことは2018年3月頃までにデトックスする方が今後の運勢が良くなります。5月になると月干支が「丙午」となり、激しさを増しそうです。具体的には書けませんが、1日から6日は「アジアの不安定さ」に注意してください。そして、5月後半にはヨーロッパ圏の話題に注目が集まりそうです。「自己中心的で激しい何か」がうごめいている気がします。世界の平和をお祈りしています。

関連記事:
4月20日に「雰囲気が変わる」逆行天体ショーで混乱終了へ
5月のタロット診断「不安を脱して落ち着きを取り戻す」

 

 

Pocket

4月20日に「雰囲気が変わる」逆行天体ショーで混乱終了へ

未来
Pocket

4月は「新生活」に加え、2017年は逆行天体ショーの影響で混乱気味になっているようです。20日以降から夏すぎに向けて「雰囲気が変わる」とされています。どのように空気の変化があるのか順を追って調べてみました。

4月は牡羊座の季節

4月は牡羊座がメインの星で、1年の始まりは1月ですが、いわば季節の始まりは4月。西洋占いによると4月4日は「宇宙元旦」とも呼ばれます、一方で東洋占いでは2月4日に運気が変わります。2月4日から4月4日は新しい季節の変革期であり、運勢のバイオグラフや世界の空気が動きだす期間となるのです。

牡羊座は「季節の始まり」ということで、改革の力や破壊と再生に適した季節になります。天体も「始まり」のパワーを後押しして、新しい波長を生み出していきます。

2017年の4月は「逆行天体ショー」と言え、その影響は夏頃まで続くと言われています。6日に土星、10日に水星、15日は金星が逆行から順行へ、そして20日に冥王星が逆行に入ります。11日には「ピンクムーン」の影響もあります。

20日に混乱終了へ

逆行の影響は続きますが、20日前後から雰囲気が変わりゴールデンウイークを過ぎたあたりから自分の心情変化を感じる時期がきます。

11日に迎える「ピンクムーン」に、新月から続く願いが満ちていきます。その影響により、完了メッセージとスタートエネルギーとも言える変化が発生していきます。逆行天体ショーと月の両作用で「取捨選択」をし始めるでしょう。

15日は金星が逆行から順行へ変わる影響で、金銭的には浪費や買い物の失敗、恋愛は勘違いや行き違いによるトラブルを感じられる時期から抜け出し、金銭的な見直しや恋愛面でプラス作用を感じる印象です。

20日からは冥王星の逆行により「過去の束縛」から脱出していく期間へ入ります。ひとりよがりになりやすい時期なので、人間関係のトラブルが発生しやすいですが、しだいに過去の考えが破壊され新たな時代へ進むきっかけが作られます。この期間は9月末まで続きます。

天体ショーの影響で15日から段々と「気配」を感じ、20日頃から「変化」を感じるはずです。注意深く気にしてみてください。3月末から続いていた混乱は4月末には落ち着いていくはずですので、焦っている方は20日以降に考え直すことにして趣味に目を向けてみると良いでしょう。

5月の過ごし方

5月は、引き続き木星逆行中。4月の混乱から落ち着きを取り戻しますが、木星逆行の影響でダイナミックな動きはタブーとなりそうです。4月6日から開始した土星の逆行により、8月末まで不安定さは残りそうです。

世界全体や日本、個人のどれを取っても今は不安定であるよう感じています。英EU離脱の離脱交渉、日本では豊洲移転問題、アメリカと中国そして北朝鮮というアジアの不安定さは継続しそうですね。悪いことではなく、Apple社などによる先端技術の良い知らせが届き、中国と台湾をはじめとするアジアによる歴史問題が解決に向けて進んでいきます。ただ、ダイナミックな動きではないことを細くしておきます。

2017年5月は、自分の中であらゆる芽がうごめく季節。4月に整備された畑に種をまいていくイメージです。死と誕生が繰り広げられ、やめることはじめることを整理していくことになりそう。仕事でいうと部署移動があるとか、恋愛でいうと付き合い方に変化があるとかですね。浮気や遊びといったキーワードも飛び込んできましたので、パートナーとのトラブルに注意しましょう。ファッションに注目が集まりそう、衣替えや本格的な夏に向けた意識の変化がありますね。例年に比べて少し派手めに感じます。とはいえ、今年のキーワードは「大人」なので、原宿のようなポップなデザインではなく「スタイリッシュなカラフルさ」になります。買い物する時は意識すると良いでしょう!

Pocket

【2017年の運勢占い】蟹座は充電の年!トラブルは柔軟に対処しよう

Cancer
Pocket

2017年の蟹座は充電期間に入ります!2016年は良くも悪くも波のある年でした。楽しかった人もあまり楽しめなかった人も、2017年の運気は安定していきます。そんな安定の中でもトラブルにはチラホラ発生してきます。責任感の強いあなたはどうしてもトラブルに真っ向勝負を仕掛けてしまいがちですが、今年は意外な場所に抜け道があるはずですので、柔軟な頭で対処していきましょう。

総合運

2017年の運気は高まりきらずに、平穏より少し良いくらいの状態で過ぎていきます。運気が下がってしまう星座から見ると羨ましく見えるのですが、あなたは平均点な運気にストレスを感じてしまう場面もありそう。これまで我慢が多かった人は少しずつ明るい兆しを感じられるはずですので、現状維持を意識して2018年につなげるよう心がけましょう。

恋愛運

気持ちが安定してくる中で、ザワザワとして迷いが現れる時期。春の桜が咲く頃から恋愛運の高まりを感じますね。これまでの中で思いを寄せていた人からのアプローチがあるかもしれません。大人の洗練さを意識してファッションを変えると、周囲からの視線を奪うことができるでしょう。

仕事運

2017年の仕事運はやや低め。大きな評価を得づらい運気にはなりますが、コツコツと努力しているあなたの姿は周りが見ていることを忘れないようにしましょう。少し余裕ができる時期でもあるので、ムダな残業は減らして余暇を楽しむくらいの気持ちでいれば運気が安定してきます。

金運

2017年の金運は安定。突然お金が必要になることがあっても、心配しすぎないようにすると良いでしょう。絶好調ではないですが、思わぬサポートがある運気がありますよ。行事や友人への誕生日プレゼント、必要経費は後から自分に戻ってきますのでケチケチしないようにすること。

アドバイス

今年は「充電の年」がやってきた蟹座は、これまでの大きな波がおさまっていきます。平穏な日々は時に退屈に感じてしまいますが、それだけ時間や気持ちの余裕が生まれてくるので、次なる一歩に向けて自分を高めることができる時期でもあります。心と身体のケアや美容、ファッションに目を向けて、人間としての成長につなげるように意識すると良いですよ。

Pocket