2017年開運の鍵は「気持ちよくお金を使うこと」バブル再来の波に乗ろう!

酉年
Pocket

スピリチュアルタレント・CHIEさんがある記事で語った「2017年開運のコツ」が話題になっているので調べてみました!

2017年開運の鍵は?

2017年はそもそもどんな年になるのでしょうか。2016年は豊洲移転問題やアメリカ大統領選挙、SMAP解散などなど問題が勃発する激しい年になりました。数秘術で2017年は「2+0+1+7=10」で、さらに「1+0=1」となる起点の年。干支も同様に「酉年」は朝の到来を告げる「時告げ鳥」であるニワトリ。つまり、様々なことが原点に返っていくと言われている年です。

同じようなことを、水晶玉子さんも語っていました。宿曜占星術では27あるいは28で周期が1周すると言われています。2017年はその周期の終着地点で、2016年までのあらゆる問題が収まっていくだろうとしています。

裏を返せば、これまで隠していたものが明らかになりやすい時期だと言えます。お隣の韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領の問題、芸能界でも成宮寛貴さんや清水富美加さんの引退騒動、森友学園問題など様々な事柄が表沙汰になったようにも感じます。

2017年からの価値観の変化

  • 個人の成長 ⇒ チームの成熟
  • 清潔感 ⇒ 華やかさ
  • 真面目 ⇒ ロマンチック
  • ストイック ⇒ 適度なゆるさ

2017年から全体的に「華やかな時代」へと価値観が変化していき、イメージとしては「バブル景気」の再来だと、CHIEさんは語っています。

ただ、時代の積み重ねにより1990年前後のバブル景気とはまた違い、2017年は波に乗れる人と乗れない人の明暗がハッキリとわかれると補足しています。

CHIEの開運アドバイス

開運方法は一言で言うと、バブル景気のように「気持ちよくお金を使う」で、これまで節約志向でしばられていた心を開放し、遊びにフォーカスがあたる時期に入っていくそうです。

お金は、浪費ではなく「派手」な人に金運が集まりやすいそうで、自分の好きなことには先行投資すれば、起点の年にまいた種が数年後に収穫することができます。お金の循環を意識することが大事とのこと。

仕事は、個人よりもチームに焦点が当たります。野心的でストイックな働き方よりも、力を抜いて協力し合って助け合うという雰囲気になるそうです。

恋愛は、自由度の高い恋愛が主となっていくようです。一人の時間を大切にする、堅く重苦しい恋愛よりも「遊び」に近い感覚の交際が増えるようです。相手を一人に限定しない交際「ポリアモリー」という考え方が米国では広がりつつあり、日本上陸も間もなくといった所でしょうか。

行動は、直感的で大胆にする。目についた問題をそのままにせず、攻めの姿勢で動いていくと運気が上がるそうです。

総括すると、縛られていたことや溜まってしまったものを捨てて、自分の「やりたいことをやる」ということになりますね。もちろん、個人の年ではなくチームの年になるので、人のためにという部分も忘れてはいけません。

2017年の吉日

  1. 7月6日:大安+一粒万倍日+天赦日
  2. 6月24日:大安+一粒万倍日+新月
  3. 9月18日(敬老の日):一粒万倍日+天赦日
  4. 10月22日:大安+一粒万倍日+母倉日
  5. 11月3日:大安+一粒万倍日+母倉日

7月6日は2017年で吉日が重なる最も良い日。入籍はもちろん、ダイエットや勉強など一度諦めていまったことでも、再度チャレンジし始めるに適しています。一方、借金をすると「借金が育つ」とされ良くない日とされているので気をつけましょう。クレジットで支払いも借金になるので、あまり良くないそうです。

大安はカレンダーにも記載されることがある吉日。旅行・結婚など万事によい日。

一粒万倍日は「お金を出す」とよい日。開業や仕事始め、宝くじや財布の購入などお金に関することをしてみましょう。

天赦日は、天が赦す(許す)日と言われており、年に5、6回程ある最高の吉日。何をし始めるのも良いですが、購入した財布を使い始める人が多いようです。

新月の日に願いをすれば満月に叶うと言われがあり、何かを始めるのであれば新月を気にしてみてもよいかもしれません。科学的にも月の満ち欠けに出生率やホルモンバランスが関係あるとされており、ただの「おまじない」でもなさそうです。

母倉日(ぼそうにち)は、母が子を育てるように天が人間を慈しむ日の意味で、何事をするにもよいという吉日。特に婚姻は大吉のため、入籍日にこの日を選ばれる方が多いそうです。

それぞれの吉日が合わさった所は、他の日よりもさらに開運によいとされています。吉日をうまく活用して新しいことにチャレンジすれば、きっと2017年も開運できるはずですよ!

Pocket

入籍の日取りの決め方!夫婦運がUPする選び方は?

結婚式
Pocket

入籍日は、少し前まで大安や仏滅などの六曜のお日柄が重視されていましたが、近年のカップルは入籍したい日付を優先している方多いようです。それでも結婚は本人同士だけの問題なのも事実で、両家両親が気にすることも必要ですので、あらかじめ確認することが大切です。

縁起を重視なら「大安」

お日柄を選ぶなら以下の4つにするのがお決まりです。

  • 大安…全てにおいて良い結果が得られる吉日
  • 友引…大安の次に慶事に向いている日で午前・夕方・夜が吉
  • 先勝…午前中は吉、午後は凶
  • 先負…午前中は凶、午後は吉

記念日にする

お日柄ではなく、出会った日・付き合い始めた日や誕生日などの記念日だと両家両親も納得してくれそうです。実際に「彼女の誕生日にした」という方も多いようです。記念日がまとまっていると、忘れにくいので夫婦間トラブルが1つなくなるメリットもあります。

イベントや祝日にする

クリスマスやバレンタインデーなど恋愛行事などと合わせる方も多いようです。結婚記念日に休みが取れるので、合わせてお祝いをすることができるというのが魅力のようです。

占いで決める

細木数子さんが使用していることで有名な六星占術。定められた12周期で巡ってくる「大殺界」を避けて入籍するというカップルも多いようです。

陰陽道が起源とされている厄年も避ける傾向にあるようで、特に男性の42歳、女性の33歳の大厄を気にする方も。

西洋占星術では、月の満ち欠けを重視しています。科学的にも月の満ち欠けで人間に影響をあたえると言われているため、気にする方も多いようです。新月は「太陽にもっとも近く接近している」ため、あまりスタートには向きません。月が安定する「新月の24時間後から満月までの間」に入籍すると夫婦運がアップします。

語呂で決める

11月22日「いい夫婦」の日をはじめ、語呂が良い日に入籍する方も多いようです。

  • 2月11日:2人で一緒に生きて行こう
  • 3月9日:サンキュー
  • 4月22日:良い夫婦
  • 8月10日:ハート
  • 10月4日:天使
  • 11月23日:いい夫妻

その他、人気の日取り

  • 一粒万倍日:「一粒の籾が万倍にも実る稲穂になる」と言い伝えられている日。
  • 天赦日:「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」と伝えられ、吉日とされています。
  • 母倉日:「母が子を育てるように天が人間を慈しむ日」で、婚姻は大吉とされています。

二人や両家両親が納得する日取りを決めて、夫婦がよい状態でスタートをきりたいものですよね。

Pocket