2019年4月5日は牡羊座の新月!闇を抜けて生まれ変わるチャンス

obatea占い
Pocket

2019年4月5日は「牡羊座の新月」が到来。スタートを意味する「牡羊座」と「新月」パワーで、生まれ変われる時期に突入します。これまでくすぶっていたことも、何かをきっかけに動き出していくことを感じるはず。

宇宙元旦のエネルギーで運気が変化

占星術的に新しい年を迎えた「春分の日」から、すでに運気は変化。水星逆行も終了し、コミュニケーションがスムーズになっているはず。宇宙元旦(宇宙新年)によって、エネルギーが変化し、新しい時代への幕開けを感じるでしょう。

4月5日から、今まで見えなかった世界がより見えてくるので、不安や混乱しないように心の準備をして行きましょう。

2019年4月5日「牡羊座の新月」

牡羊座は12星座の中ではとっても「子どもっぽい」側面があります。それは、悪い意味よりも、愛情や好奇心が旺盛で、心がピュアという意味合いが強い気がします。

牡羊座の新月のパワーによって、これまで以上に「素直」で「欲しいものを欲しい」と言える空気感となっていきます。周囲に忖度してやりたくないことをやってきた人も、大きな衝動によって変化が訪れるでしょう。

一時的に混乱してしまう場面があるかもしれませんが、それは一概に「不運」ではありません。輝かしい未来へ一歩踏み出すための試練……と言えるでしょう。

不安定な時期にもなりやすい春。慌ただしい日常の中で、1日1分だけでもいい、目を閉じて何も考えない時間を作ってあげてください。

2019年4月11日「射手座の木星」逆行

2019年4月11日から8月11日まで「射手座の木星」が逆行します。

時代変革のスピード感は、ゆっくりとした流れに。根本部分に変革が起こるような感じです。個人レベルでは、過去の振り返り、トラウマの克服、モードの切り替えが発生します。過去を清算し、本当の幸せを見直すと良いでしょう。

2019年4月19日「天秤座の満月」

4月19日頃になると、崩したバランスを取り戻すような感覚になるはず。フワフワとしていた足元が地につき、夏へ向けて時代の流れがスタートします。そのため、新元号「令和」を受け入れるパワーバランスを整えるために、周辺や生活環境を見直していくと良いでしょう。

お気づきかもしれませんが、2019年3月21日にも「天秤座の満月」が到来していました。連続して「天秤座の満月」がやってくるのは、宇宙が「天秤座」を強調していると考えてください。

人間関係・生活・恋愛・美容……整えたいことは山ほどあるはず。4月にきちんと動き出した人は、次の時代で大きな幸運を手にすることができます。洗顔方法の見直し、不要な連絡先の処分、こじれた人間関係の修復を意識してみてください。

新元号「令和」の運勢への影響

新元号になることによって、大きな運勢変動があるかが気になるところですが、実はあまり影響はありません。歴史的な節目を迎えるため、気持ちが少し高まったり、盛り上がったりすることくらいでしょうか。

新元号「令和」を画数で見ると、13画。占い業界の関係者は口を揃えて「合格」と言います。ただ一方で、令(れい)は、響きから「霊」や「冷」、「命令」にも繋がることから、良くないと言う批判もあるのも事実です。

画数だけで見ると、13格は「創造性」を意味するので、新しいアイディアによって時代が動いていきそうです。日本の景気が回復へ向かうような希望を感じますね。時代の波に乗るには「体」よりも「頭」を使うと、運気がアップしていきますよ。参考にしてみてください。

関連記事:
2019年3月6日「魚座の水星逆行」が到来!天体順行期間が終了へ
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表
【2019年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気があがる色とは
【細木数子の六星占術占い】2019年の運勢を鑑定し発表! 

Pocket

4月16日は牡羊座の新月!新たな時代の幕開けを感じる時期に突入

obatea占い
Pocket

2018年4月16日は「牡羊座の新月」が到来。革命を意味する「牡羊座」が始まりのパワーをくれる「新月」と相まって、新たな時代の幕開けを感じるような時期となりそう。とにかく「過去を捨て去り、走り出す」イメージで進んでいきましょう。

4月の革命スケジュールは続く

  • 4月3日:不運な自分を思い出す
  • 4月8日:過去を手放す覚悟をする
  • 4月16日:新たな時代の幕開けを感じる
  • 4月30日:友人の指摘は素直に受け止める

4月は、3月9日から7月11日に続く「木星逆行」チェックポイント。周囲を変えていくのではなく、自分の殻を破っていくイメージで物事が進んでいくはずです。変わるって本当に「辛いこと」です、でも変わらなければ何も始まらない。情熱や「やりたいこと」を宇宙から感じて、心のおもくむままに進んでいきましょう。

運気が2018年にフルチェンジ

運気が大きく変わると言われるのが「2月4日」と言われますが、3月からは運気がさらに本格的に2018年にバージョンアップされる時期となっていました。4月は2019年の波が少しずつ影響し「変わっていく」と感じる時期になるはず。

80年代ブームから徐々に「90年代ブーム」に流れが移行していきます。ヤマンバギャル、ガングロギャルなどが流行った90年代エッセンスが、2018年に到来することを感じるでしょう。異色肌ギャルなどはまさにそう。

2018年「牡羊座の新月」の特徴

  • 新月の時刻:4月16日(月)10:58
  • ボイドタイム:4月16日(月)15:00~17:52
  • キーワード:革命、チャレンジ、リーダー

4月16日は「牡羊座の新月」が到来。過去との決別から新しい自分に生まれ変わっていくような期間に入ります。時代も大きな変化をしていくような感じがします。テレビで人気者だったタレントが急に見なくなり、新しい人気者が登場するなどがあるかもしれません。

宿曜占星術でも物事がどんどんと変わっていくという暗示が出ているので、これまで「ダメ」とされていたものが「良い」という価値観に変わるポイントに来ているのかもしれません。あらゆる制度や条例・法律、会社内や家庭のルールを変えたい時期に入ってくるはずですので、変化の波に逆らわずに乗りこなしていきましょう。

木星逆行の影響は、2018年7月11日まで継続

2018年は、自分の「やりたい」をもう一度見つめ直すのには良い時期。木星逆行で、過去を見返して整理することが多くなっているかもしれませんが、それは次のステージに進むための荷造り。止まることを恐れずに、不要なものは捨てて、新たな自分に引っ越すつもりで準備を進めて。

関連記事:
春財布で開運!2018年の購入時期・使い始めと金運アップ方法とは
4月30日は蠍座の満月!ピンクムーンで「幸せのストラテジー」を開始

Pocket

4月8日「火星と土星」に「下弦の月」が合流し三角形を描く

obatea占い
Pocket

2018年4月3日に「火星と土星」が急接近していましたが、4月8日に「下弦の月」が火星と土星が集合し「三角形」を空に描きます。浄化エネルギーで「過去を手放す力」をくれるはず。

4月8日に「過去を完全に手放す

4月3に「火星と土星」の急接近で、不幸な過去を思い出した人は「下弦の月」の浄化エネルギーで、過去を完全に手放すのが開運ポイント。下弦の月は浄化エネルギーが強いと言われており、これまで手放せなかった苦しみに別れを告げることができるでしょう。ただ、4月16日に「牡羊座の新月」がやってくる月前半までは「魚座」の影響で「心の不安定さ」は続くので「そういう時期なんだ」と意識しておきましょう。

星が導く「4月の革命スケジュール」

  • 4月3日:不運な自分を思い出す
  • 4月8日:過去を手放す覚悟をする
  • 4月16日:新たな時代の幕開けを感じる
  • 4月30日:友人の指摘は素直に受け止める

4月は、3月9日から7月11日に続く「木星逆行」チェックポイント。革命といっても、周囲を変えていくのではなく、自分の殻を破っていくようなイメージ。心の中にある闇や膿を出して、サナギから美しい蝶になり羽ばたいていくといった感じでしょうか。

現在に不安を抱えていない人でも「どう生きてきたか」と「これからどう生きたいか」を考えるのに適している時期なので、保険の見直しやマンション購入など、人生プランを練ってみるのも良いでしょう。

5月16日「天王星が牡牛座入り」

天王星が牡牛座入りする5月16日頃には、モヤモヤとしている何かが弾けて「現実味」が増してくる暗示。その頃には、夢だけではなく、お金の儲け方や使い方に意識をし始めるはず。

お金を儲ける方法は、自分の「器」や「才能」に目を向けて、人のためにどのように使えばいいか考えれば、自ずと答えが導かれます。自分の「身の丈」に合った生活を心がけ、人に喜ばれる行動が「使命」だと思うと、どのように生きていくかわかってくるでしょう。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表
2018年3月9日は「蠍座の木星逆行」で大きな変革へ
3月31日は天秤座の満月で「心のバランス」が戻る運気に
4月3日「火星と土星」が急接近!さらに下弦の月も

Pocket

4月3日「火星と土星」が急接近!さらに下弦の月も🌜

春の月
Pocket

2018年4月3日に「火星と土星」が急接近。さらに8日には、下弦の月と火星と土星が集合し「三角形」を空に描きます。30日には「蠍座の満月」が到来し、本音が露呈していくような予感です。

4月3日は「過去と区切り」をつける日

4月3日、火星と土星が急接近の影響で「過去との区切り」をつけるような日になりそう。区切りたい「過去」というのは、前に進むことをさえぎる「トラウマ」や「不要な縁」のこと。

過去は使いようによっては「経験」という力になりますが、その経験もまた、知らず知らずのうちに自分を縛りつけているものだということに気づく必要があります。過去の成功体験は、必ずしも次の成功を生み出すものではないことを心に留めておきましょう。

転職するには最適な時期

ここ2〜3年、仕事で苦労を続けてきた人は思い切って「転職」や「引っ越し」を考えて見ても良い時期かしれません。ただ「楽な仕事」を探そうとするのではなく「成長できる仕事」や「やりたかった仕事」を選択するようにすると飛躍することができます。動くなら2018年前半に。

転職や引っ越しが難しい場合は、数日の旅行をすると良いとされています。旅行が難しい場合は日帰りの温泉などでも良さそうです。平凡な日々の中に「非日常」を取り入れることで、現在の暮らしの中では考えられなかった「良いアイディア」がひらめきます。

下弦の月で「過去を完全に手放す」

4月3日の「火星と土星」急接近によって、不幸な過去を思い出すことが多いかも。ただ、それはもう「過去」のことであるので必要以上に不安になることはありません。人間は忘れることができる生き物だと思って、未来に目を向けていきましょう。

4月8日、「下弦の月」が「火星と土星」に合流。悲しく辛い過去、自分を縛りつける過去を一気に手放し、一歩踏み出せる時が来ます。下弦の月は浄化エネルギーが強いと言われており「過去を手放す力」をくれるはずなので、心のデトックスをしていきましょう。

4月16日まで不安定さは続く

4月16日に「牡羊座の新月」がやってくる月前半までは「魚座」の影響で「心の不安定さ」は続く模様。

牡羊座のキーワードは「誕生」や「独立」、そこにスタートを意味する「新月」が重なるため、新たな時代の幕開けを感じる可能性が。自分の中で目指すものが見つかったり、深い縁が結ばれたりと、思ってもみなかった「希望」が目の前に現れるはず。

2018年が始まる「宇宙元旦」の本格的なスタートを感じてみてください。

4月30日に「本音」を暴露

4月30日には「蠍座の満月(ピンクムーン)」が到来し、木星逆行の影響もあって、思いもよらない「本音」が飛び出してきそう。会話の中で普段から思っていたことをポロリとこぼれて、人間関係や恋人関係に変化が訪れる可能性が大きい時。親しい相手からの「指摘」や「注意」は素直に受け入れるようにすると、年末ぐらいには成長を感じることができますよ。

また、国全体の問題でいえば「森友学園問題」や「北朝鮮外交問題」の動きがあるかもと思いました。大きな組織での問題が次々に明らかになり、2018年は引き続きデトックスイヤーになってくるでしょう。

2018年7月11日に続く「木星逆行」

4月は、3月9日から7月11日に続く「木星逆行」のチェックポイントとなる時期。何かに縛られているように身動きの取れない状況から脱し、人生が変わっていく兆しが見える一ヶ月。

人生の変化は「周囲」によってもたらされるものもありますが、2018年の変化は「自分の内側」からやってくることになります。今までやりたいと思っていたことが、とあるきっかけによって思い出し、情熱が再燃するということも。

2018年は、自分の「やりたい」をもう一度見つめ直すのには良い時期なのかもしれません。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表
2018年3月9日は「蠍座の木星逆行」で大きな変革へ
3月31日は天秤座の満月で「心のバランス」が戻る運気に

Pocket

2017年3月28日は牡羊座の新月!改革と始まりのパワーで願いを叶えよう

春の月
Pocket

3月28日は牡羊座の新月。新月に願ったものは満月に叶うといわれています。新月のパワーでお願いごとをしてみては?叶いやすい願い事とボイドタイムの時間について調べてみました。

月の満ち欠けとバイオリズム

月と人間の感情やバイオリズムには規則性があると言われています。「新月や大潮のときは出産しやすい」という噂や、月と人に関する科学的な証明もされているものもあるそうで、あながち「オカルト話」だけではとどまらないようです。

新月は約29日に一度の周期で巡ってきます。月が見えないというのは何となく不安な気持ちもあるかもしれませんが、「新月」と漢字で書くように、「新しい月が生まれる日」という考え方が昔から伝わっているようです。

まるで子供のように、月が生まれて成長して満月になるのは、科学が発達していない当時の人から見るととても神秘的だったのかもしれません。また、科学が発達した今でも月のパワーは信じられており、「新月に願うと満月に叶う」と言われ、生活の中でも取り入れられていますよね。

牡羊座の新月

  • 新月の時刻:3月28日(火) 11:58~3月30日(木) 11:58
  • ボンドタイム:3月29日(水) 21:08~3月30日(木) 00:49
  • キーワード:革命、開拓、無邪気、無知、直感

3月28日は「牡羊座の新月」となります。ボンドタイムは月が特別な配置になるため、願い事をしないようにするのがベターです。また、2017年3月28日の願いは、2017年10月6日に叶うと言われています。

春の訪れと共に最初にやってくる「牡羊座」は、子供のような無邪気さや純粋さがあり、悪く言うと「無知」で感情に任せて何事も取り組もうとするのです。その無知さゆえに失敗も多いですが、失敗を恐れず何事も挑戦する力強さをもっています。あなたの周りにもきっと、純粋で真っ直ぐで革命児のような人がいるかと思いますが、その人はきっと牡羊座です。

今回訪れる「新月」は、そんな牡羊座が指揮をとり、多くの人の願いを精査して叶えていくというイメージでとらえるとわかりやすいかもしれません。

牡羊座の新月で叶いやすい願いは?

「新月」と一言でいっても、星座の配置によって「叶いやすい願い」というものがあり、革命的なパワーをもっている牡羊座に訪れる新月は、人々が何かを始めようとする「春のパワー」も相まって、何かを始めようとする願いをサポートしてくれます。恋愛・結婚・開業・就職・独立・転職・夢など、大きな転機に失敗を恐れず取り組む人を応援してくれるのです。なので、この時期に出会った人は、今後も長い縁となってあなたをサポートしてくれるはずですよ。

今回は、太陽と月に金星が重なり、水星・天王星が接近しているようで、牡羊座のパワーはさらに増大しています。スタートしようとするエネルギーを、邪心なく前向きにとらえることを心がければ、開運することができるはずです。

牡羊座の新月でオススメの願い事

牡羊座はとにかく「直感」で考えましょう。あれこれ考えるよりも、あなたの思った気持ちをそのまま願うというのが一番。とはいえ、なかなか「願い事」と急に言われても思い浮かばないですよね。ということでオススメの願い事を調べてみました。

  • 新しく◯◯をする!絶対にうまくいく!
  • 当たってくだけろ!この恋はうまくいく!
  • リーダーシップをとって、絶対に出世する!
  • パワフルな行動力を身につける!
  • 美肌になって、ほめられる!

願いといっても「だったらいいな」ではなく、「する」と言い切ってください。お願いを叶えるのは星ではなく、あなたです。牡羊座の新月は頑張ってるあなたをサポートしてくれます。

新月のお願い作法

願い事がきまったら「お作法」を知っておきましょう。神社参拝にもルールがあるように、月にもマナーがありますので参考にしてみてください。

新月のお願い作法

  1. 新月になったら、48時間以内にお願いごとを書きます
  2. ボンドタイムを避ける方が良いとされています
  3. お願いごとは2件以上、10件以内にする
  4. 手書きでお願いごとを好きな紙に書き下ろす
  5. 願いは「自分を変える」ことにする

願い終わったら、願い事を書いた紙は捨てずにしまっておきましょう。部屋に貼るなり、引出しにしまっておくなり好きにして問題ありません。

1年の行動計画を考えよう

せっかくなので、1年の行動計画を考えるなどして自分と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。落ち着いたカフェで、自分の願いと向き合い、将来と向き合うとまた願いに一歩近づくことができるはずですよ。

 

Pocket