今年最後の水星逆行が到来!電車遅延やシステムトラブルが増加

obatea占い
Pocket

今年最大のスーパームーンが到来した2017年12月4日。双子座満月の影響で、運命の空気感が変わり始め、コミュニケーションが活発になる時期。その一方で、今年最後の水星逆行が到来したことで、様々な摩擦が生じそうです。

今年最後の水星逆行が大きく影響

水星逆行は、12月3日から12月23日の期間とその前後に影響を及ぼすと言われています。本来はコミュニケーションに不向きと言われる期間なのですが「双子座の満月」の効果で、コミュニケーションはスムーズになる傾向も。複雑な期間ではありますが「言葉」を大切にすることで、人間関係での「摩擦」を抑えることができそうです。いつも以上に丁寧な「言葉遣い」を意識して運気を安定させましょう。

今年最後の水星逆行で復縁を狙う

今回の水星逆行は「復縁」を狙うなら絶好の機会と言われています。感情に訴えかけるような駆け引きを行うのではなく、付き合っていた頃の楽しい思い出や記憶を呼び起す「言葉」を投げかけることで、絶望的な復縁も大逆転する可能性も。ただ、独りよがりな恋愛をしているのであれば、思い切って手放すタイミングです。一方、しばらく会っていない友人と食事に出かける、興味のあったことを勉強し始めると幸運を引き寄せることができる時期なので、試してみてください。

コミュニケーションはSNSをフル活用

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の投稿が億劫で、これまであまり使用していなかった人は、水星逆行期間中にチャレンジするのはあり。12月4日の「双子座の満月」が影響し、友人とのコミュニケーションが活発になりそうです。

重要なのは投稿内容で、自分が心から「楽しい」と思ったことを知人・友人に伝えるようにすると、プラスに働いていきますよ。反対に、会社のグチや不平不満、自己中心的な発言をすると大きなマイナスとなるので気をつける必要があります。この期間に関わらず、マイナスな発信はよくありませんが水星逆行中に負の行動を起こすと、逆行終了後の幸運も逃す可能性が出てきますので注意が必要です。

SNS投稿をしなくても、人の投稿を見るだけでも開運に繋がるので、あんまり固くならずに気軽に始めてみると良いでしょう。

新年早々、2018年最大の満月が影響

2017年12月4日に観測することができた「スーパームーン」ですが、年明けの2018年1月2日には「2018年最大の満月」がやってきます。

2018年1月2日やってくる満月は「蟹座の満月」で、テーマは「原点回帰」がピッタリのようです。いままで疎かにしてきた新年の挨拶や地域の風習を見直すと、2018年のスタートダッシュを加速できるはず。2018年は2017年から続く「大人の年」になるので、お酒を飲んでバカ騒ぎよりも文化的で気品漂う行動を心がけたいところ。

年末には終わるトラブルが起きやすい「水星逆行」を乗り越えれば、年明けには「スーパームーン」のパワーで運気が好転していくはずです。

関連記事:
ゲッターズ飯田が「五星三心占い2018年度版」の内容をブログで発表!

Pocket

2017年9月の運勢!水星巡行に切り替わり「新たな時代の幕開けを感じる」

obatea占い
Pocket

2017年9月からもう2018年の気配が漂い始めました。大きなシステムトラブルに影響したといわれる8月13日から逆行していた水星が5日に順行へ戻るため、空気の変化を感じやすくなりそうです。9月4日前後は不安定になりやすい時期で「銃」や「飛行機」が原因の死者が出やすい暗示もありますのでご注意を。

12日には米Apple社が新製品を発表するイベント開催が決定しており、新しい時代の幕開けを感じるはず。後半に入ってくると「政治」が動きだし「ハリケーン」による被害も発生しそう。また、引き続きテロにも警戒したいところ。

土星順行で「自分らしさ」を取り戻す

「自分らしさ」に気づきやすくなる時期だった8月末。8月22日の「皆既日食」や25日の「土星順行」の影響で、心境の変化を感じた人も多いのではないでしょうか。土星は本来「革命」を象徴する天体で、古い体質を改める力強さを持っています。9月もこの影響で、自分を「変えていきたい」と考える人が多くなり、行動に移す人が増えていきそう。

水星順行と満月で「時代」が動く

8月13日から逆行していた水星が5日に順行へ、そして6日には魚座の満月になります。これまで大きなシステムトラブルに影響してきた水星逆行が落ち着くのと同時に、共感性が高まる魚座の満月を迎えます。多くの人がひとつの集合体となって、ひとつの感情を共有していくような雰囲気。違った捕らえ方をすると、テクノロジーの進化を人々が見守っていくといったワンシーンとなりそうです。同じような時期に、米Apple社の新製品発表が重なっているのがとても興味深く。前年より増して、注目度が集まっていくような気がしています。

冥王星が順行へ戻り「未来を目指す」

4月下旬から続く冥王星が29日には順行へ戻り、過去への意識から「未来」に感情が向いていくことを感じるはず。これまでの間「過去」の考えを破壊してきたあなたは、新たな時代へ進むきっかけが見えてくるのです。人間関係で悩みながらもここまで進んできたので、心がワンランクアップしたような感じでしょうか。2018年に向けて、段々と楽しみを増やしていくと運気がさらにアップしていきます。

9月は、2017年から2018年に感じる「変化」を楽しめるどうかが今後の運気アップを左右していきます。時には「めんどくさい」と思えることも、数年後へつながる大切な行事だと思って立ち向かう「行動力」を発揮していくと良いでしょう。

Pocket

2017年8月の運勢!乙女座の水星が逆行へ「運気の流れが大きく変わる」

obatea占い
Pocket

2017年から8月6日「夏の節分」が大手コンビニが復活させて「定着するか」が注目されていますが、天体を見てみても「大きな変化」を感じる1ヶ月になりそう。8月の上旬と下旬で運気の流れが大きく変わるので、環境の変化に心が追いついていかないシーンも。変化を知らせる些細なシグナルを見逃さないで、運気の変化を楽しんでください。

乙女座の水星逆行で「懐かしさ」にフォーカス

8月13日には乙女座の水星が「逆行」に切り替わるタイミング。水星逆行に影響されて、やり残してきた仕事やこれまで溜まった疲れが表われやすい時期となっていくので注意。気づかないフリをしてきた「病気」や「疲れ」はこの時期に解消しておくのがオススメ。

恋愛においては、昔の同僚や一緒に働いていた人が現れやすいタイミング。思い出話で盛り上がると、良い雰囲気になる可能性も。

獅子座の新月が「はじまり」を伝える

今年二度目となる「獅子座の新月」がやってくるので、自分の「使命」を再び呼び起こす出来事が起こりそう。人間平等といいつつも、それぞれに与えられた「使命」を感じる時が必ずやってきます。8月22日「獅子座の新月」には、そんな自分の「使命」に気づくチャンス。

これまでダラダラとやってきた「不本意なこと」を断ち切り、あなた自身が「人生の主人公」として歩む瞬間を感じるはずです。悩みを解き放つことで視野が広がり、新たな世界の始まりを感じるでしょう。

皆既日食と土星順行で「自分らしさ」に気づく

8月22日に訪れる「皆既日食」や25日の「土星順行」の影響で「自分らしさ」に気づきやすくなります。少し「わがまま」と思うくらいに自分を出していくと星のパワーが後押ししてくれそう。

これまで世間体や仲間に押し付けられた「あなたらしさ」を捨てて、本当に「やりたいこと」を見つめなおしてみると良さそう。一方で、これまで自分に課してきた「自分ルール」は調整する必要あり。行ってみたことのない場所に行ってみたり、見たいと思ったものを見たりすると、自分自身の「楽しい」を再発見できるはず。

ここ数年に探し求めていた「居場所」をやっと見つけることができそうな時期でもあるので、9月に向けて行動力が高まるかも。

早くも「2018年」運勢の影響も

8月になると、翌年の気配を感じやすくなる年。年末の過ごし方やもう少し先の未来に期待や不安を抱く人も増えそう。そう意味では、様々な意味で「冬支度」を意識し始めると良いはず。

2017年は「変化の年」となるため、結婚や転職など大きな転機を迎える人が多い一方で、2018年は「未来に続く年」というイメージ。瞬間的な爆発力より、継続的な持続力にスポットライトが当たるようですので、来年までに環境を整えて行動し始めるような体制づくりを意識すると良いです。

引き続き「炎上」に注意

炎上商法で注目を集めている上西小百合議員ですが、2017年は引き続き「火」の影響が強い状況。大きな炎というよりも、小さな「火種」が世界各地で猛威をふるうイメージ。芸能界では引き続き「スキャンダル」や「紛争」などが注目され、天災では「炎上事故」「火災」に注意が必要です。いずれにしても「ショッキング」な出来事が発生しそうです。

8月は、花火大会が多く行われる時期でもありますが、お祭りの中でも「火」の気があるものは事故が発生しやすい星まわりです。参加される際には充分に注意して出かけましょう。

Pocket