【姓名判断】結婚後の運勢が凶になる場合の対処法とは

obatea占い
Pocket

名前の画数で性格や適職、恋愛運、結婚運、家庭運、健康運など、運勢を鑑定する「姓名判断」は、結婚後に名字が変わると運勢も変わると言われています。名前が変わるときに「大凶」となる場合は一体どうすればいいのでしょうか。対処法について、調べてみました。

姓名判断とは

姓名判断(せいめいはんだん)は、姓名の画数から性格や運命を読み解く占いのことです。適職、恋愛の傾向、結婚運、家庭運、健康運などの運勢を判断することができると言われています。

姓名判断は「家系」を読み解くことに優れていると思います。家系の因縁や先祖からいただいている運さえも「名前」からわかってしまうのです。

姓名の画数を「天格・人格・地格・外格・総画」に分類します。結婚後に名字が変わると、名前のバランスが変化し、その後の運勢に大きく影響を受けます。

結婚後の姓名判断とは

現代の結婚では、夫婦どちらかの姓を名乗るのが一般的です。法律上は夫・妻のいずれの姓でも申請可能ですが、大半の女性が夫の姓に変えているのが実状です。そのため、結婚後の姓名判断では、女性の運勢が大きく変化しやすいと言われています。

結婚後の姓名判断が悪い場合は「改名」を試みる人もいますが、周囲の理解が得られずに諦める人も多いようです。

名字で姓名判断はどう変わるのか

姓名の画数は「天格・人格・地格・外格・総画」の5つに分類されます。そのうち結婚によって変わるのは、地格を除く「天格・人格・外格・総画」の4つとなり、大半の運勢が変わってしまうことがわかります。

総画

総画は、姓名の全てを足した画数。基本性格や全体運に影響すると言われています。幼少期は「地格」が強く影響しますが、晩年に近づくと「総画」の影響が強くなります。

天格

天格は、姓を全て足した画数。先祖から引き継がれる「宿命」に影響し、凶数となる場合は地格で補うことができます。天格・地格のどちらか一方が大吉であるよりも、バランスが大切。晩年に近づくと運勢への影響が濃くなります。

地格

地格は、名を全て足した画数。内面的な性格、潜在的な素質、隠れた能力などに影響します。改名しない限り、結婚後も変わりません。0歳から20代くらいの間に強く影響し、その後の生涯を通して影響していきます。

人格

人格とは、姓の最後と名の最初を足した画数のこと。20代から50代の運勢を左右し、性格・才能・対人運・仕事運・結婚運などに影響が強く出ます。

外格

外格とは、総画から人格を引いた画数のことで、20代以降から影響が出始めます。家庭や職場環境など周囲からの影響を表します。

地格を除いた4つの格が結婚によって変化し、結婚前よりも運気が下がる場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。

姓名判断「大凶」の対策方法とは

結婚後、姓名が変わって「大凶」となる可能性も少なくありません。運気や運勢を上げるには、どのようにすれば良いのでしょうか。

旧姓で呼んでもらう・旧姓を使う

結婚後も職場では旧姓を使うなど、姓名判断が良い名前を日常使いすると良いそうです。呼んでもらうだけでも運気ダウンを防止できます。

仕事の名札や名刺、ニックネームなどで旧姓を利用して、結婚後の悪い運勢を寄せ付けないように工夫すると良いでしょう。

姓名判断が大凶でも気にしない

姓名判断が「大凶」という結果の場合、気になり出してしまうものですが、時には「所詮、占いだから」と気にしないことも大切。

人気占い師・ゲッターズ飯田さんも「完璧な名前なんてない」「悪いところを知ることができるのはラッキー」と、悪い結果を受け入れることが大事であることをコメントしています。

占いは「姓名判断」だけではなく、生年月日から運勢を読み解くものもあります。同姓同名でも違う人生を歩むように、様々な要因が運や縁を動かしていることに気づくことが大切です。

パワースポット巡りをする

どうしても気になってしまう方は、パワースポットに足を運んで、参拝後にお守りをいただくなどすると落ち着きますよ。

関連記事:
【パワースポット属性と相性診断】繭気属性の計算方法とその根拠とは?
ゲッターズ飯田の姓名診断は当たる?公式アプリの口コミ&レビュー

Pocket