ヨタハチエンジンの交換【一夜目】 

2Uエンジン

そもそも小樽のクラシックカー博覧会後にやればよかったのでは?
と思われる方が多いかと思われますがそうも言ってられない状況でした。
結論から言うとひどい目に遭った(小学生並の換装


いやそもそも一枚目のエンジンに着手したのは
2014-03-18のブログ記事に記載した物 と言う
2年と半になる歳月を流れてる訳なんですが
その流れた歳月も無駄ではなく、見た目は割としっかり感漂う感じに。
載せ換える詐欺もやっと終わったと言う感じです。

2Uエンジン

そしてその2年半の歳月が何だったのだろうか?と言う感じで
1時間もしないうちに車に積んでしまうと言う
ニコ生定点とかで頑張れは二枠位有れば作業終わるね。

2Uエンジン

そしてトラブル発生。
ウォッシャーモーターのハーネスがもげる。
…まぁ51年落ちのハーネスだし多少はね?
ちなみにカー用品店で普通に売ってる平型端子でなんとでもなる。有能。

2Uエンジン

エアクリやらインマニ、マフラー、ハーネス類を組み付けて作業完了。

と思うじゃん?

エンジンが掛からない訳ですよ。
原因がわからないので圧縮測定してみると明らかに圧縮不足。
と言う事はどこかで漏れが発生してる訳です。
ここまできてのやり直しと言うガッカリ具合は
佐藤製薬のバイエルアスピリンキャンペーンの
釘宮理恵さんのスペシャルシチュエーションがお蔵入り

位の衝撃を受けてる。
そんなこんなでこの2年と半掛けて作り上げたエンジンも
再度降ろしてお蔵入りになるのでした。
お蔵入りさせるのも義務

  

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「ヨタハチエンジンの交換【一夜目】 」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です