エバポレーターBOXの清掃

まるで鳥の巣のような歴史すら感じる
エバポレーターBOXの清掃を行いました。

取り外すまでが知恵の輪

何か小動物が巣でも作ったかのように
色んな物が詰まってました。
開けた形跡が無いけど分割しようとした形跡はある。
(ダッシュボードの固定ボルトとエバポレーター上部の
固定ボルトが無かったが
本体を一体化させるプラパーツ、本体に傷一つ無かった)
前のオーナーが諦めたとしたら
約20年のゴミ歴史。(そんな歴史要らない)

思った以上に入っててこぼした図

BOXの中がパンパン過ぎてずらしただけでここまで落とした。
そりゃ涼しい風が弱い訳です。
掃除機とお得意のコロコロローラーで清掃。
ダッシュボードを少し動かせれるように助手席側の
ボルト数本を取っておくと作業効率よさそうです。

作業中に気になった事

助手席シートの前を潜り込んで作業している時に気になった
なんか背中に凸凹当たる感触。プレスラインかと思ったが、
どうも動いている感じがしたので助手席を外して、
フロアマットを引っ剥がすと、
行き場を無くした8ゲージ級のオーディオ配線。
一応テスターで調べてみると12V来ている…
グルグル巻きにされたオーディオ配線が2m程。
Oh…
バッテリー+からフロアマット下にテーピングも無く
端子剥き出し状態で放置されていたのです。
それと行き場がどこにも無いヒューズ付きコード
そして、今回新しい発見と言えば、
スピーカーがアゼスト、バッフルがアルパイン
助手席下に転がってた不要な配線が約2kg
錆もなくフロアが綺麗だったと言う事です。
しかし、今まで何事も無くて良かったと感じる訳です。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です