今日は何の日

2021年6月15日(火)は天赦日と一粒万倍日と仏滅が重なる日

2021年(令和3年)6月15日(火)は天赦日と一粒万倍日と仏滅が重なる日。天赦日と一粒万倍日が重なるため、2021年で最も開運する縁起の良い日とも言われています。

2021年6月15日は一粒万倍日+赤口

  • 干支:甲午
  • 五行:相生
  • 九星:七赤
  • 六曜:仏滅
  • 十二直:建
  • 二十八宿:室
  • 吉日:天赦日/一粒万倍日/神吉日
  • 凶日:-

6月15日は天赦日と一粒万倍日が重なる吉日

6月15日は、天赦日と一粒万倍日が重なる珍しい吉日。2021年で最も開運する縁起の良い日とも言われています。六曜の仏滅という凶日も重なるため、吉凶混合の日という見方もできます。仏滅は「仏が滅する」という意味で「何事もうまくいかない」と言われる六曜の中でもっとも凶の日です。

天赦日(てんしゃび、てんしゃにち)は「天がすべての罪を赦(ゆる)すという最上の吉日」という意味で、何をするにも良いとされる開運日で、年に数回しかない貴重な吉日。一粒万倍日は「一粒の籾(もみ)が、成長を遂げて、万倍にも実る稲穂になる」という意味で、新しい物事を始めたり、宝くじや財布の購入が良いとされています。天赦日と一粒万倍日は非常に稀です。

仏滅は、鎌倉・室町時代に「空亡(くうぼう)」、江戸時代の寛政・享和年間頃に「虚亡(こもう)」と記載されていたものが、全てが虚しいと解釈して「物滅(ぶつめつ)」と呼ばれ、その後「佛(仏)」の漢字が当てられたという説があります。物が滅びて新たに始まるという意味に捉えて、大安よりも何かを始めるには適した日とされることもあるようです。

6月15日は、天赦日と一粒万倍日に加えて、仏滅の良い意味を重ねると「新たに始めるのに適した日」と捉えることも出来ます。

関連記事

obatea占い365
【2021年6月吉日カレンダー】縁起の良い日&最強開運日

人生の節目に役立つ、2021年6月の「縁起の良い日&最強開運日」カレンダーをご紹介します 目次1 2021年6月吉日カレンダー2 6月15日は天赦日と一粒万倍日が重なる吉日3 6月30日は「夏越の祓」 ...

続きを見る

obatea占い365
2021年6月の新月・満月・ボイドタイム

2021年6月に訪れる満月・新月・ボイドタイムをご紹介します。 目次1 2021年6月生まれの占い1.1 6月の星座2 2021年6月の新月と満月2.1 2021年6月10日「双子座の新月」2.2 2 ...

続きを見る

obatea占い365
【誕生月占い辞典】6月生まれの星座と基本性格

6月生まれの星座と性格を鑑定。6月1日~30日生まれの性格をご紹介します。 6月生まれの星座早見表 6月1日:双子座 6月2日:双子座 6月3日:双子座 6月4日:双子座 6月5日:双子座 6月6日: ...

続きを見る

-今日は何の日
-, , , , , , , , ,

© 2021 obatea占い