スプリンターセダンの作業風景

相変わらずスプリンターセダンがおかしい方向にカスタムされていく。

SS(スーパーストラット)用空気圧ステッカー

2010/4~6月頃になぜか見つけたSSサス用の空気圧ステッカー(の自主制作のレプリカ品)。全塗装を行う際に純正が使えなくなると嫌なので…。(ちなみにAE101レビンGT-APEXのSSより)、ノーマルストラット車は黒文字に白ベースでタイヤサイズ等の記載が違う。

トラックマット

左でちょっと丸まってるのは、AE101レビン用のトランクマットです。車庫の中で寝かしてありました。右にスプリンター純正のトランクマットあるのわかるかな?100均の裁縫コーナーに袋入れて「フェルト」って売っても違和感の無い一枚物。これだけ厚みに差があります。防音対策もあったんでしょうが、廃棄にもお金が掛かる時代。防音効果も高そうなので再利用します。

トランク奥に再利用

トンネル部のプラスチック段ボールみたいな物に貼り付けます。ちょっと色合いが違いますが、荷物の擦った傷跡に比べればそこまで気にならない。防音効果も少しあるみたいで、トランク閉めた際の音が変わりました。厚みでガタが無くなったからってのもありますが。これでゴミ袋を買う節約にもなります。

廃材で出来ていく車

・左は廃材としてミラーに貼るフィルムが出てきたので貼り付け。知人の車の純正ブルーレンズとか見やすくて、羨ましくて欲しいなぁ~と思ってた所だったのでちょうどいい具合左右二枚分ギリギリの廃材が出てきたので貼り付け。ちっちゃい物ならフィルム貼り出来るけど窓になるとやはり自分は出来ないみたいです。
・右は現在の大径タイヤ化の恩恵を受け、ご近所さんが車買い替えの為、車庫を整理してたら100カローラ純正の鉄ホイールとタイヤが出てきたとの事で引き取り。ご近所さん付き合いは大事ですね。

綺麗なお尻のラインは良い。

車のこの辺りのラインって結構好きなんです。白はもちろんボディ色ですが、
黒いのはアンダーコートになります。ここまで塗らなくても良かったんですが、
乾きかけを残すのももったいないと言う事で。まぁ筆塗でここまで塗るのも若さだな…とか思う訳ですが。カローラセダンのプレスライン付きよりスプリンターのつるんとしたラインの方が好きなんですよ。わかって(?)

トランクも塗り

トランクも塗って装着してみての図。白黒はっきりしてるのがよくわかります。真っ白だけど、これは040(スーパーホワイトⅡ)にウレタンクリア仕上げです。040はもっとも「白」に近い白とされています。クリアはどうしても経年劣化で黄色く濁るのですが、塗りたてホヤホヤは完全に白です。

カローラフェイス

前面の仮組の方をしてみました。前から見たら完全に普通にカローラだし、エンジンルーム明けなければ誰が見ても4AG積んだGTのようなとんでもない車作り上げている。けど4AFEの4WDと言う普通車です。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です