見えてはいけない物を見つけちゃって

僕はそっと目逸らした。 …うん。テンポよくここまでよんだら定点観測(オブラート)

越冬準備

春先から夏に掛けて越冬準備する事が一番効率が良い物だと思っている。例えば塗料の乾きの早さだ。あとは天気が良い日は朝から晩まで外に居られると言うのも利点である。 例えば何かの拍子にボルトが折れたとしてもリペア自体に時間が掛かろうが、身体に負担が少ない。寒いとやはり精神的にも肉体的にも「寒いから次の休みに」と引き延ばしてしまう。

Garage激のおススメメニュー

それこそ冬タイヤから夏タイヤに交換する時についで作業的な要素でも構わないと思っている。降雪地域特有の塩カルで普段目にしないフェンダー内部の効率よい洗車をしたのち、アンダーコートの塗布。時間を掛けて念入りに筆塗だったり油性塗料を惜しみなく塗布する。そうして夏タイヤ、シーズンインと流れに続く。

秋口に今度は本格的な越冬準備として夏タイヤから冬タイヤに交換する際には安いスプレー缶で構わない、夏季にダメージを受けたアンダーコートを速乾性のスプレーを上塗りしてタイヤを装着。これだけでも十分錆対策としては問題無さそうだ。

朽ちていくスペアタイヤホルダー

13年程アンダーコートを塗布しなかったスペアタイヤホルダーがこれだ。ハンマーで叩けば錆が落ちてどんどん朽ちていく。今回お役御免として車体から撤去した。おろしたスペアタイヤには鉄ちんホイールが付属しているが、もれなくそちらも朽ち果ててており、応急タイヤとしての役目もしない状態であった。

珍しい?朽ちて室内こんにちは

僕の手元に来るまでアンダーコートを塗った事の無い車だった為、助手席側後ろの席の足元が朽ちて無くなっている。歴代のトヨタ車の中でも高年式に掛からわず室内がこんにちはしているトヨタ車は初めてである。 しかし、フロアパネルの品番を漁っていると、モノタロウ、amazonで買えると言う事が確認できた。「まーたフロア切ってる」と言われるのも癪なので、今回は新しく買った溶接機で補修チャレンジをしてみようと考えている。 …もしかしてリアサスペンションの音がよく聞こえるのはこいつのせいなのか?なかなか楽しみがあって丁度いいサイズの車だ。2年と言わず長く乗る方向で検討しようかな?

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です