【街撮り】プロボックス/サクシード色々~20231231

プロボックス/サクシード愛好家が楽しみにしてるかしてないかわからないシリーズ。まさしく龍が如くの天啓のように色々な所で遭遇した車両の画像集シリーズ。気付けば今回で三年目を迎えました。

本日のサムネ

本日のサムネイルは北海道プロサクオーナーズの集まりに顔を出した時の一枚。プロボックス/サクシードで集まると大体の場合はプロボックスが多くサクシードは少ない。そして集まる車は純正車高からマイナス側に振った車が大半になる。

プロサク始め

2023年一枚目はTHE・商用車カラーのホワイト・ブラックから始まった。純正カラーに加えてリフトアップ。フェンダーにモールマッドフラップだけで流行のマット塗装もされていないが個人的な事を言えば、北海道の雪道を走るプロボックスなら「これだよこれ、こういうのが良いんだよ」と赤べこのように頷いてしまうスタイルだ。

街撮りしていく

年式的な事も考えて160系のカスタムも力をつけてきている。自衛隊のようなカラーリングではあるが日本車にお馴染みのナンバープレートが取り付けられている個人所有の車だ。

リアゲートには携行缶が取り付けられており、アウトドアSUV、クロカンで使われているかのような佇まい。

元々直線的なボンネットだが、それをさらに平坦に長くする事で顔の印象がかなり変わっている。飾りっ気がない鉄チンホイールと言うのもマッチしている。ミラーが鋭角モデルなので比較的新しい個体と言うのがわかる。

何故か毎年のように限定車にしか設定されていないレアカラーを見る。このボディカラーの豆知識(?)として伝えていきたいのはスタイリッシュパッケージ(下部三点エアロ)の色設定がない。もし設定があれば今は無き、うちの車の色がこれになっていた可能性はかなり高い(エアロ取り付け納車不可でシルバーにした経緯がある)。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,680 (2024/04/22 06:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「【街撮り】プロボックス/サクシード色々~20231231」への3件のフィードバック

  1. 初めまして。ひげ と申します。
    愛車紹介。
    2006年 サクシードワゴン TX Gパッケージ NCP59G 209カラー
    珍しい純正エアロ仕様です。もうすぐ20万キロに達します。
    黒ボディにミラーとリップ&テール&サイドスポイラーの下部分が赤。よく日産車でそんなカラーリングがあると思うが、それより以前からやっていました。人からはミラーが赤いから「赤耳」と呼ばれています。
    所々外装、内装がBlack&Redになっています。見かけたら【激写】して欲しいです。

    1. ひげさん>
      コメントありがとうございます。
      サクシードワゴンに純エアロ!それだけでも珍しいのでもしかしたらトップ画像にもなっている、北海道のプロボックス/サクシードオーナーズが先に見つけるかもしれませんね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です