マフラーの仮組

スプリンター010

現在製作中の車の型式はAE104スプリンター
これにAE101カローラレビンGT-APEXのマフラーを取り付けます。
セダンにこのマフラーを付けている車はほぼスポーツエンジン「4A-G搭載車」です。
私の車には載ってませんが^^;
ただ簡単には取りつける事は出来ません。
簡単に説明をすると、4WDとFFの違い。
リアタイヤも駆動すると言う事は駆動を伝える物が後にあると言う事。
そのまま取り付けようとする場合にその駆動を伝える物に当たります。
上手くずらして取りつける事(無理付け)も可能と言えば可能です。
しかし、マフラーの位置がずれたり、リアスタビライザーに干渉します。
走ってる時にガタガタうるさい…まぁトラブると思うのでお勧めしません。
いかに純正風に見せるかが最大の悩みどころになりますが、
完成させて公開できればいいな…と思っております。
…と言ったもののこれが完成しないと車検を取る事ができません。
やるしかありません。
また左右のマフラーの出口部分を比較してお分かりでしょうが、
左からは元々マフラーは出ていませんので逃げがありません。
ここもバンパー自体を加工して逃げを作ります。
マフラー交換と言えば音量が大きくなって迷惑に…
と言うイメージがあると思いますが、
今回の場合では
1:純正から純正に交換
2:静音性が求めらる高級車が左右出しマフラーなのか?
(左右二本出しだと排気音を抑える効果が有ると言われています)
3:廃棄予定のマフラーが再利用されて環境に優しい。
今回のデメリットとしては
1:重くなる
2:作業が面倒(ぁ)

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です