シフティングホール ベゼル

前期のメッキモドキ、後期のメッキ輝きが少し違いますね。

前期は黒い樹脂製に対して、後期はメッキが施されていて、素材的にもちょっと固くなっています。今ではこのメッキ枠だけでは部品番号が出てきません(58843-30130|シフティングホール ベゼル)。メッキシートで雰囲気だけでもと思ってましたが、安いメッキシートじゃこの光沢は出てませんでしたね。本物には勝ててなかった。

今はシフティングホール フレームSUB-ASSY(58807-30090)と言う名前でベゼル(メッキ枠)だけじゃなく、黒木目の内側の無地パーツも一緒に買わないといけないみたいです。 ちなみにそれだと16,000円位します。

長い事待ちました。欲しいと思って2~3年位は経過したでしょうか?北海道の車好きがこぞって集まる伊丹車輛に後期型のアリストが入ったと聞いて見てきました。前回入ってきたのは見事に折れていて購入を断念しましたが、今回は綺麗な状態で残っていたので、メタルポリッシュクリームでゴシゴシ磨いて取り付け。小さいパーツでも目に入る所なので個人的には大満足です。そうなると無地の所を何かしようかと考えてしまうのが悪い所ですね…(現在無計画)

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です