【トムス】NABOY’Sと言う名のホイール

あまり知られていないトムスホイールのお話。

NABOY’S

トムス旧ロゴデザインの井桁としては最後と思われている、NA-R(16インチでT111が履いてる物、参照記事)とほぼ同時期に出された15インチのNABOY’S(カタログ上では一ヶ月後で本当の最後はNABOY’Sと言う話もある)。このホイールを語る上で欠かせないのはEP82スターレットだったりする。EP82スターレットでは『C2』、『ニューアクション』、そしてこの『NABOY’S』を堂々とカタログで履きこなしている。ちなみにNABOY’Sは台湾製。

エアバルブ問題

エアバルブも劣化している訳で、近い物を探すとなると中々調べが進まない。トムスは11mmバルブがお好きなのか手持ちの新品バルブが合わない。色々と吟味し選んだ答えがTIPTOP製品PC-10だった。左が純正で、右がTIPTOP製品だ。はみ出ないで何とか収まる。

予備として何本か買っておく事も頭に入れておこうと思う(よく生産待ちで待たされている人談)

タイヤサイズ

プロボックスの純正タイヤサイズが165/80R13、14インチで185/65R14、15インチだと、165/65R15か195/55R15になる。ホイールが15×6.5JJなので無難な195を選択したが、パワステポンプに負荷が掛かり過ぎるんじゃとも思っているが日々メンテナンス、目視点検を怠らなければ大丈夫(と思いたい)

履く時の注意点

センターキャップがなかなかどうして、クリアランスが狭く、一般的な21HEXの貫通ナットではセンターキャップが取り付ける事が出来ない。17HEXの貫通ナットを用意しなければならない。 ロングハブボルトに換装してる場合はスペーサーも必要になる(まぁそんな打ち換えしてトムスホイール履かせる人なんて、滅多に居ないとは思うけど実体験だ)

しかしだ、このホイール9H-100とか15インチの5穴100なんて希少なサイズとしても使える。T19系のコロナやカルディナにも合うような設計だったのだろうか?なんて考えてみたりもする。そう考えると時が流れて、カルディナバンからサクシードになった事も含めるとプロボックスに履かせているのはあながち間違ってない、選択肢の一つなのかもしれない。 …などと供述しており、ただトムスホイールが履きたかっただけの後付けの言い分だったりもしないでもない。

ちなみに…

そこまで触れてませんでしたが、冬タイヤも『C2』トムスホイールです。我が家から旅立った『ニューアクション』はシルバーのカローラワゴンが現役で履いてるようです。

井桁はイイゾ!

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です