リアシートヘッドレスト改良

バックミラーの越しに見えるヘッドレストをいつもモヤモヤした気持ちで見ていたので今回加工に着手してみました。

純正で全開まで下げた状態がこちら

ヘッドレストの棒がかなり剥き出しの状態ですが、これが純正でMAX下げた状態だったりします。そして普段は後ろに人は乗る事無いのですが時たま「ヘッドレスト高い」と不満を漏らされる事がありました。

まずは養生で現物確認

先の震災では全くの役立たずで終わった(良かった?)、新品の土のう袋が車に積んであったので、汚れ防止とグラインダー作業で火花が直接当たらないように万が一を考え布地部分を養生しました。まぁ直接火花が飛ぶ事は無いので、スーパーの袋でも何でも良かったんですが、収まる袋がこれしか無かった。便利便利。

収納出来ない理由はこちら

赤丸で囲んだこの出っ張りが引っ掛かって止まります。じゃあこれを切れば収納できると言うだけの話なので、グラインダーを使って出っ張りをカット。

カットしました。写真向かって左側は出っ張りを削っただけでOK。右側はロック機構溝として作動するので溝にしました。

車輌取り付け

ロック機構を活かした状態で見ると、左側が純正、右側が加工後(今回新しく切った溝でロックしてる状態)

ロックフリーでMAX下げにした状態。これだけ差が出ます。シートに備え付けのヘッドレスト間にある、リアシートバックホルダ(品番:71398-52010-B0)が下に当たります。これも撤去してみるとどうか?とついでなので確認してみました。

かなりバッチリと下がるようになりました。

副産物

座面を取り外してフルフラット化した際に、シートポジションによっては、ヘッドレストを取り外さなくてもフルフラット化が出来るようになりました。若干手間だったんだよね。

備考

シートポジションを気にする事無くヘッドレスト付きでフルフラットに出来そうなのがNCP9#系のヴィッツのヘッドレスト。シート背面に向かってL字の形をしているので、ヘッドレストのステー幅が合えば取り付けれるかもしれない。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です