デッキトリムサービスホールカバー取付

後期型にはついているデッキトリムサービスホールカバーを前期型に取り付けました。必要な工具は一切ない。

取り付け部品

ふと後期型のプロボックスを見ていて、金属部の露出が少ない事に気付きました。ボルトの頭にプラスチックのカバーが付いていたんですね。

左側に写っているボルトの頭が本来サービスホールの部分に鎮座するような感じですが、生憎この車はスペアタイヤを固定するブラケットはホイールと一緒に腐り落ちておりますので、ただの穴としかなっていません。穴見えるだけと言うのもカッコ悪いのでカバーをします。

ただ押し込むだけで作業は完了。見た目的には若干スマートになったのかもしれません。知らない人が見たら、スペアタイヤの文字の後に絶望が待ってます。一応パンク修理キットは携帯していますが…。

デッキトリムサービスホールカバー:58285-52020 (2018年12月現在税込551円)

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です