NCP50系エアコンフィルター取り付け

特に有無で変わるかと言うと、ホコリとかに過敏な家族が乗る時若干快適になったのかもしれない位、僕は体感できていません。

エアコンフィルター

エアコンフィルターはホコリやゴミなどの異物を取り除く役割を果たしているのですが、プロボックスやサクシードではさすがはバンベース。このフィルターを付ける部材も販売店オプション設定なのである。長年販売されていたワゴンとは言えやはりオプションなのだが、何故か販売開始の2002年から2004年まではオプションと設定されているが、2005年度版のワゴングレードのカタログから一度オプション選択がなくなり、翌年2006年度版以降最終型までは選択出来るようになっている。2005年式だけ標準装備になったと言う話も聞かなかったので単に掲載不備だったのだろうか?

まずは加工準備の分解

単純にプラス(+)ドライバさえあればあとは爪で止まっているだけなので難易度は低い。上に添付したフィルターの説明書と合わせて見れば誰でも出来る。

まぁフィルターの交換推奨期間が1年又は1万キロなので簡単作業の車が一般的でしょう。車によってはグローブボックスに蓋がついてて工具レスでアクセスできますし。

加工

販売店オプションと言う事はディーラーで納車前に加工する物なのでそこまで難しい事はありません。丁寧に切り溝が付いています。それに合わせてカッターで溝を深くしていきます。

切れ味の良い刃で切っていけば5分も掛からないでしょう。あっという間に加工作業は終りです。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です