2019年エイプリルフール嘘800

2019年(平成31年)4月1日に新たな元号が11時30分頃に発表された。企業はSNSの特性を生かし、エイプリルフールネタをこれでもかと言う位ユーザーに押し付ける。そんな日本は今日も平和です。

新元号「令和-レイワ-」

2019年4月30日には平成が終わり、翌日5月1日からは令和が始まる。昭和から平成に変わった際には1989年が始まって、1989年1月7日に昭和が終わり翌日8日には平成元年となる。昭和から平成へ、丁度この元号が変わる変わらない時期に、日産パオや日産エスカルゴが販売されている。特に思い入れはないのだが何故だか印象に残っている。平成車、令和車またここで一区切りになりそうですね。昭和車、平成車、令和車。元号が変わるとイメージが変わる気がします。例えば代表格と言えば1989年デビュー組のセルシオやR32GT-R。個人的には平成を代表する車だと思います。それがもし昭和64年車だったら…?古い車で終わったのかもしれません。不思議です。

エイプリルフール

エイプリルフールと言えば嘘を言ってもよい日みたいな流れになっているが、その起源は未だに謎が残っている。そんなこんなで(?)54年前の1965年4月1日に発売したトヨタスポーツ800の話題に触れようと思う。

嘘八百と言う言葉は日本人誰しも聞いた事あると思う言葉だが、スポーツ800は正真正銘4月1日に発売された。 時代が現世だったら企業のジョークとして流されるレベルだ。 発売日はカーマイスター検定に出しても恥ずかしくないレベルの問題になるだろう(ぶれない精神)

生憎気温も上がらず、エンジンの調子も良くないのでドライブ!と言う気持ちには持っていけない。オーナー共々引きこもり体質なのだろうか。シーズンインしてもガレージからあまり出した記憶がない。

ふと思い、お約束の形状のホイールを合わせて見たものの、ちょっと車に対してホイールのデザインが新しすぎる気がする。まぁそもそもPCDもオフセットも合わないので履く事はないのだろうがやはりここは黒鉄チンホイールと言う選択肢も捨てがたい。いつものように親子喧嘩が始まるのです。 心地良い風と一体になって走れる位な気温になって欲しい物です。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です