【見学2019】滝川クラシックカーフェスティバル

2019年4月28日に行われた、滝川クラシックカーフェスティバルを見学してきました。

天気に恵まれ開催

先日は寒く、地域によっては雪が降り積もると言う事もあり開催当日は寒いのではないか?と思われていたが、蓋を開けてみればクラシックカーにも人間にも暖かく心地良いと感じさせる位の天候になり、むしろ寒さ対策の防寒着も車の中に脱ぎ捨ててのんびりとイベントを楽しめる一日となりました。

参加車輛枠

1960年代の車両はほぼなく、1970年代~1990年代のクラシックカーの存在が多い。公な告知がwebと言う事もありオーナーの年齢層も比較的若い方が多かったように見受けられる。

新旧問わず言える事はその車を大事に乗ってる人たちは世代問わずに、同じように愛車を愛してるのが感じられて凄く良い。

今ではあまり見掛けなくなったZ31、FC3S(RX-7)、AW11(MR-2)、子供の頃はこのライトの無い(収納されてる)ミニカーが好きだった記憶があります。頭で考えるより先に「見た目がカッコいい」で動くタイプの子供だったのですが、周りを見渡せばヨタハチやホンダS800等々、育った環境がそんな感じなので、自分で手にする事はなく人の車を見てはカッコいいと言う人間に育ちました。

S13シルビアのコンバーチブルやピアッツァ。2トーンがバブリー感ありますね。シルビア=ドリ車的なところがありますが、時が経って見てみると「デートカー」だったのだなと思うところあります。 ピアッツァのボンネットオープン状態を初めて見ましたがフェンダーまで被ってボンネットだったのですね。エンジンルームを見ると何ともいすゞらしいエンジンルームと言うか頑丈そうで複雑と言う印象を受けました。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です