プロボックス F エクストラパッケージ・リミテッド

プロボックスは商用車のイメージではありますが、あまり知られていない限定車のカタログを入手しました。

プロボックスグレード

先代の50系と言われるプロボックスはバン(4ナンバー)、ワゴン(5ナンバー)とあり、ワゴンは『F』、『Fエクストラパッケージ』、『Fエクストラパッケージリミテッド』と3種ある。文字に起こすと、深い世界と思われるが実は浅い。

この鮮やかな色合いのライトアクアメタリックオパール<761>はFエクストラパッケージリミテッド専用色であるが、基本装備品に関しては、ほぼほぼFエクストラパッケージにオプションとして装着できるのでなかなか識別が困難である。

判別要素

Fエクストラパッケージリミテッドをどうしても狙いたいと言う方はグリルとシートが特に違う事を覚えておけば良いかと思う。ラジエーターグリルは専用カラーのハイグロス塗装が施されている(他グレードは黒、グレー)。シートは『F』はヘッドレスト一体型、『Fエクストラパッケージ』はヘッドレスト分離型の単色、『Fエクストラパッケージリミテッド』は二色の専用表皮(2色)となっている。

バンパー部はボディ同色のOP設定が存在するので、安易にリミテッドと言う判別をしてはいけない部分となる。 プロボックスは普段生活していれば一台は見る車。しかし一度調べていくと様々なバリエーションが有って様々な互換部品が存在する、面白い車である事がわかる。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です