【廃ヨタ】エンジンカバーの塗装とか雑談

時にテンションが変な方向に高まるとばらせる部品を密かに磨く事が多々あるのですが、今回は少し真面目にヨタハチの部品を綺麗にしました。

古びた塗料よさようなら

古い塗料を剥ぐ前に、エンジンからオイルを噴いた過去がある僕のヨタハチ。触るだけでかなりベタベタとしていたので、エンジンルームを洗浄する為に自分で希釈する物を何種類か用意しておりましたが、原液使用でも落ちず悪戦苦闘。

その中でもシンプルグリーン使用中が目に見えて汚れが落ちた気がします。まだまだ油汚れを落とさなきゃいけない物がたくさんあるので、ちょこちょこと買い込んでは使用感をレポートしていこうかと思います。

前回の塗装はすでに15年位前とかに何で塗ったのかも覚えていないのですが、ポロポロ落ちる塗料から考えても水性のシャシブラックかと思われます(安くて家によく転がってたとか言う理由で)。

と言う事で(?)エンジンの真上にもあるカバーですし、今回は耐熱ブラックを塗装する事に。今回は試験的に塗ってみたのですが、なかなか黒々していていい感じになりました。 しかしまぁこれを積む予定のボディがグサグさなのがいつ直る事やら。

デットストック

ふと乾燥時間に他の稼働中の車のハブナットをどこにしまったのか探していると、トヨタのマークが出てきました。4つと言う事はホイール用でしょうか?しかし何用なのかがわかりません。 このあとにはホンダ純正のドラシャブーツのバンドなど多々出てきました。

出る時は買っとけ

クラッチレリーズベアリングを5年位前に部品共販に買いに行った時、「出ません」と言われていたので誤魔化し誤魔化し程度の良い物をクラッチは交換しないけどベアリングだけ交換して小まめに使っていたのですが、この度出ていると言う情報が入ったので早速購入。ウキウキしながら部品を漁ってみると部屋から未使用の物が数個発見されるなど…。まぁ一度供給が途切れた物だし持っていても損はないとポジティブに考えましょう。 しかしこれで小まめに交換する為にエンジンとミッションを降ろす作業を少なく出来るので精神的、肉体的にヨシとします。

 

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です