NCP16#ニューファミリアバンカタログ

ファミリアバンのカタログが届いたので、憶測の答え合わせなどもしています。

同じ車名のプロボックス乗りとしてはNCP16#型は全くの別物とは思っているのですが、やはり気になる存在であるファミリアバンのカタログはぜひとも入手したいと思い、手を伸ばしました。

1:表紙

本家トヨタは鮮やかな色合いで、ファミリーカーを彷彿とさせるような都会派SUVか何か?と勘違いしそうなのに対し、ファミリアバンのカタログは「THE・営業車」と言う感じの表紙になっている。 トヨタカタログは言うならばエルオーの表紙のようだ(わからないままでいい世界もあるのだよ)

2:グレード格差

構図が同じであるが、背景とグレードが違う。上がファミリアバン、下がプロボックスでよく見ると紺色のプロボックスはフルキャップホイールがついてエンブレム横にはバックカメラが装備されている。ファミリアバンではGX・VE・DXの3種のグレードで、プロボックスではF・GL・DXコンフォート・DXと4種のグレードとなっている(共に価格帯上位順)。グレード最下位のDXはプロボックス側だけの設定のようで、パワーウィンドウも無ければキーレスもついてない。とても戦闘力の高そうな車である。バックモニターの設定があるのはプロボックスのみのようだ。

3:車名の違うオプションパーツ

前回憶測で話をしていた、これは変えてくるだろうと言う車名、社名入りのオプションパーツ。フロアマットを見てみる。

かろうじてPRoBoxと言う字が読める(ような気がする)

こちらはファミリアバンのフロアマット。角度が違えど書いてる事は違うのはおわかりいただけるかと思う。

4:社名の違うオプションパーツ

こちらはサイドバイザー(アクリルバイザー)である。もちろんトヨタロゴが付いているのはプロボックスの方であるが、ファミリアバンでは明記されていない。よくあるヤフ〇クの純正同等品と言われる物を使っているのだろうか、恐らくロゴは無いと考えて良いと思う…まぁ表側ではなく裏に凹凸のある物ならばメンテナンス上ではさほど大差はないのですけどね。

5:オマケ

何を血迷ってだしたか知らないが、TRDのフロントスポイラーと言う物が存在する。未だに現車に装着している人を見た事が無い。見れたらちょっと得した気分になるエアロパーツだ。これもやはりファミリアバンのカタログには封入されていなかった。ここまで見ていると「サクシードのカタログも見なきゃ(使命感)」と感じるのはなぜだろうか…。 この世界は奥が深いぞ!

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です