オールニューカーフェスタ2018でカローラスポーツ見学

2018年8月18日、19日とアクセス札幌で開催していたオールニューカーフェスタ2018に行ってきました。そのお話は置いといて主軸はカローラスポーツのお話です。

一応試乗車の写真とか

ここに並んでいるのは全部試乗車。試乗車が88台、展示車87台と展示より走らせてなんぼ!みたいな感じはありましたが、僕は展示車両見るだけでよかったので試乗してません。今までの車歴で、試乗した車は買わない傾向にあります。逆に運転席に座っただけで「あっ!これだっ!」「これは違う」と言うのがあるのかと思います。確かに車に求められる『走る』『曲がる』『止まる』は重要な要素ではありますが、それ以上に停まっている時も座っている訳ですから、そこに不満が有れば選択肢から除外されると言う訳です。 そこで、「シートを変えれば良い」と言う意見もありますが、そこから始まるベストポジション製作までの大加工が大変なのです。

癒しの空間

さて、試乗車の話が思いのほか長くなってしまったので、ここらでノースサファリサッポロからきた、移動動物園のアヒル達を見てみましょう。ここだけ時間の流れが遅い。

カローラスポーツ

さて、カローラスポーツの本題に入ろう。まず僕はカローラとクラウンはトヨタの顔と言うべき物だと思っているので、大きく口を開いたフロント周りに対して何も言う事は無い。個人的に嬉しいのはこのCエンブレムである。先代カローラ時2016年にカローラ50周年を迎えた事もあってだろうか、AE110系を最後に途絶えた懐かしのカローラエンブレムではないか。12#系からは新デザインだったが、こういった新時代原点回帰はなかなか嬉しい演出だ。 ちなみに試乗車上がりのガソリン車なので、エンブレムに青いぼかしは入っていない。

今回ハイブリットの実車で写真を収める事が出来なかったが、カタログで確認できるが、青いぼかしとCの中に花マークが内蔵されていてエンブレムのデザインが多少違うようだった。これは個人的にガソリン車の方のエンブレムの方が好きだ。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です