2Uエンジンを降ろしました。

先日作った、ヨタハチのボディ載っけ台に無事載せる事が出来ました。

まずはエンジンを降ろす。

まずはエンジンを降ろして載っけ台に載せようと言う事で補器をどんどん外していく。これはエアクリーナー、キャブ、インテークマニホールド。キャブは比較的使いまわされた物だが、インテークマニホールドは押し入れに眠ってた物を取り付けてある。これはこのヨタハチが800ccの2Uエンジンではなく、1300ccのエンジンに換装されていた為、まともなインテークマニホールドがこれしか無かったからだ。

本来、前期型なのでエアクリーナーのカバーもボルト二本タイプなのだが、生憎持ち合わせて居なかった為、後期型から拝借して一本蝶ネジタイプの物が付いている。

配線/マフラー/燃料パイプ取り外し

エンジンに繋がっている物はすべて取り外す。ミッションとエンジンは同時に降ろすので、ケーブルやシフトリンクも外す。エンジン降ろす時に楽になる程度まで外せば後はどうにでもなる。ちなみにオルタネーター仕様でそのまま行くか、ダイナモにするかでひと悶着起きてるのは言うまでもない。

マフラーの取り外し

こう見ると、昔の車はとてもシンプルなマフラーなのだなと感じる。これも綺麗に塗装して再利用しよう。

ヨタハチのマフラーの泣き所(?)タイコのエンジン側も腐食穴が見えない。錆を落として色を塗れば使えそうかな?

出口側の方も多少の錆は見られるものの、酷い腐食ではない。マフラーも確か中古で一番綺麗なのを使った記憶。外せる部品は基本新しい物、コンディションが良い物を寄せ集めた結果だろうか。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です