NCP5# フューエルキャップ流用

セルフ給油が多い方や人が使う事がある場合に大変役立つ流用です。

地味に仕様変更されている

あまり気にする事では無いのでしょうが、2002年6月-2010年5月頃までのモデルまでは上の写真のように、給油時にはGSに備え付けのキャップ置き場にキャップを置いて給油する仕様になっています。

2010年6月以降のモデルではストラップ付モデルになっています。見た目も若干スタイリッシュ(?)になっています(画像は50系最終型サクシード)。

そこまで気にはしていないアイテムでしたが、せっかく給油口のボディ側にストラップをつける穴があるのと、そこそこ年式が経過している、そして極めつけの交換理由に「セルフGSに給油行ったらキャップ置き場にすでにキャップが置いてあった」ので、転ばぬ先の杖、交換を行う事に(家族共用車の為)

輸出仕様として白文字が印字された物を選んでみた。 ちなみに末尾番号が52030、52040は部品共販などでは金額が同じなので、お好きな方をチョイスを出来ます。違いは白文字印字の有無。

車両取り付け

右が14年位使われていた本来の純正品。長年の付き合いで変色しています。左が新品。変色してる部分の長さが違いますがきっちり締まります。ただ新品の方は馴染みが出ていないので最初は締め付け取り外しに多少力加減が強くする必要があります。

ストラップを車体の方の既存の穴に取り付けて完了です。火気厳禁です。 まぁなんて事の無い部品ではありますが、ちょっとした雰囲気ですよ。 取り外したキャップは何等かに使えるかもで保管です。何等かなんてまずないんですけど。

 

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です