プロボックスリアドラムメンテナンス

車検整備の為にブレーキ周りの点検とブレーキフルード交換の実施していました。今回はリアドラムブレーキの軽微な点検。

ブレーキシューの確認

ブレーキシュー…ライニングはドラムと当たる部分なので、ざっくりブレーキシューで話を続けます。残量やら手で動かしてみたり、清掃とグリスアップと簡易的な確認作業。 しかし昔の車ならメーターが二周する位走ってるはずなのに交換歴がありません。 この車体を新車で買った際に値引き交渉としてブレーキシューを1Set付けてもらったのですが、それがまだ使わなくて良さそうです。 そもそもブレーキに不調を感じていなかったのでこのままドラムを戻して作業を終了したいと思います。

ドラム

…と思ったんですが、解体屋でタイヤ外されて積んである車並に錆錆しているのが気になってしまったのでこちらも清掃作業をしていきます。 ワイヤーブラシで大雑把に錆取りしてから160番のヤスリでゴシゴシと浮いてくる錆を除去。

まぁ大雑把にしないとそれこそ日付またいでしまうのでここら辺で。

そしたらせっかく錆を除去したんだから黒く塗らないとね。相変わらず黒しか塗りません。シルバーや他の色と言う選択肢もあるでしょうが、ホイールがシュッと見える気がして黒です。また別件の不具合が見つかってブレーキを分解する予定なので今回は組み付けて完成。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です