【札幌市東区】パンと大福の店 大福屋ひかり

僕はクルマでの移動を主としているので、地下鉄やJR駅近郊に立地されているお店にはなかなか立ち寄る機会がありません。なんなら今回立ち寄ったお店の前は年に数百回クルマで通っていたのに初訪問です。

店舗

しんえいセコンドビル内の1Fにあり、地下鉄東豊線『新道東』降りてすぐの所にある。 ちなみにこの地下鉄のさらに北側(お隣)は『栄町』、2010年に話題になった「初音ミク一色に染まった痛駅」がある。今でも札幌ゆきまつり「つどーむ会場」へのアクセス網となっている。 『新道東』は日夜ハイウェイバトルが行われる札樽道直下にあり、マンションが立ち並ぶ。大き目のイオンがあったり、チェーン店個人店が多く点在し賑わいがある。ただし、大震災の際に報道は少なかったが地盤が悪いのかむちゃくちゃ道路が波打ってる。 このお店は2016年11月25日から営業を開始している。

大福

今回は栗大福と豆大福をチョイス。苺大福は冬~春の季節限定商品として出る例年通りだと1月中旬~2月初旬販売開始~6月頃まで(限定で季節外に出る事も有) このお店の特徴はと言うと、北海道もち米「はくちょうもち100%」と言う事。モチモチ感が好きな人は確実にハマる一品となっています。口に含んだ際に、若干米粒が感じ取れる突き方で『THE・餅』と言って良い気がする。 餡子も甘さ控えめで口に残る感じはなくすんなりと喉を通る感じ。 相性は煎茶が良い感じでした。

店舗情報

住所:札幌市東区北34条東16丁目1-5 しんえいセコンドビル1F
営業時間:10:30~18:00
定休日:日曜・祝日・お盆・年末年始等

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です