【NCP13】ヴィッツRSオイルレベルゲージ流用

車検整備やオイル交換でメンテナンスに来るヴィッツRS。今回はヴィッツRSにもプロボックスで使ってるオイルレベルゲージの交換です。

オイルレベルゲージ

初代のヴィッツRSの販売時期は2000年からなので、プロボックスより少し古い(プロボックスは2002年より)、と言う事はプラスチック製の黄色いレベルゲージがそうちゃくされています(画像はプロボックス交換時の写真)。やはり黄色いレベルゲージは見難いので、1NZ搭載車の高年式に使われている金属製レベルゲージに交換します。初代ヴィッツRSでは金属レベルゲージ車輛は無いようですので正確には他車用流用になるのかな?

ヴィッツRSのオイルレベルゲージ

ヴィッツRSのエンジンからオイルレベルゲージを抜き取り、交換するだけです(黄色いレベルゲージはプロボックスと同品番:15301-21030)。 プロボックスでもヴィッツRSでも同じ品番と言う事で何も問題はありません。 しかし、オイルレベルゲージガイド(筒)も同じ品番なのに抜いた黄色いやつの変形度合いが違うのはやはり走行距離が倍程違う為だろうか?

純正品番

今回交換した純正品番は15301-21062になります。2000年前半の1NZでレベルゲージ交換は最近周りの1NZエンジン搭載車乗りの間でブームになっているようです。1,000円以下の投資で自分でオイル管理やってる方には好評なアイテムです。

オーナー代理

オーナー代理のトイプードル。メンテナンス時には一緒に遊びにきてくれます。またお待ちしております(車の作業より戯れる時間の方が長い)。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です