【TOYOTA SPORTS800】 KYOSHOオリジナル 1/18スケール samuraiシリーズ【ヨタハチ】

待望の1/18を待ち望んでいました。これまでに発売されたヨタハチの模型はあらかた手に入れてきましたが、やはり時代の移り変わりで模型の造形が進化してさらに精密な模型が登場しているのでは?と言う期待で購入しました。

1/18サイズ?

2台のGSの間に置くと、小ささが目立ちます。開封時も本当に1/18サイズなのだろうか?と言う疑問を持つくらい小さいです。 まぁ多少の狂いはあるのだろうかと感じたりもしました。が、

折角なのでアリストとヨタハチのツーショット画像を探してみると、過去に掲載していたのがあったので、実車と模型で比較できそうな角度で撮ってみると、

あっこれは1/18サイズですね。 そもそも車が軽自動車サイズ位しかないのだから、同じ比率の模型置いたらこうなるわな。 1/18の軽自動車とか置いたら丁度良いのかもしれない。

限定700台

下部にはシリアルが書いてますが、700台。ヨタハチなのでせめて800台にしたらよいのに…と多くの声が聞こえていましたが店舗も何台か出回ってるとツイートが回ってきました。 700台のうち何台が実車持ちの手に渡ったのでしょうか?

家族会議

ヨタハチの模型が出るたびにやる「家族会議」、今回は金額が18,000円(税抜)と言う事もあり少ないのではと言う予想とは反して☆評価するなら5段階で2~3が妥当と言う物になりました。 以下、数点を書き綴ります。 しかし、ボディの赤が凄くうちの色合いに近い物を感じます。うちのヨタハチはトヨタの3E5、スーパーレッドⅡで全塗装がされているようです(元色は赤で褪せてたので塗装された)。赤みがちょっと強い(?)

塗装剥げ

目立つ物かと言えばそうでもないですが、サイドシルの部分に塗装割れのような、プラモデルの枠(ランナー)を外さず塗装して後からニッパーで切ったような跡が見られます。 1/1の錆だと思えば許せ…あっやっぱだめだ許せない。

グランツーリスモバリに簡素化されたフロア周りもそうですが、ネジの上にある穴。これは輸送中に動く事を防止するネジが元々刺さっていたのですが、そのネジを取り付ける際に何度も当たったのか割と塗装が剥げています。今回の商品は箱の中に入れたままディスプレイには出来ないので、鏡張りの床に置くとちょっと目についてしまいます。

外装

まずはバンパーの形状がちょっと思ってるより不格好になっているかな?と言う印象がありました。 …まぁ試作段階でも「?」と言うのは有りましたが、実物を見るとそれは実物を手にしても同じ感想を持った次第です。

モール類が簡素化され過ぎて居ると言うのも気になります。別パーツ又はメッキステッカーでもよかったような。これだけで見ると僕が作った1/24プラモデルレベルです。

これは目視的感覚かもしれませんが、ヨタハチにしてはスリム過ぎるようなフェンダー。丸みはあるんですが、なんとなく垂直に落ちるような造形で少し違う雰囲気が出てしまっているような…。

1/18シリーズ

展示する所があまりないので、どうしようか迷っているうちに4台に増えている事に気付きましたが、近々(?)、5台目の車が到着する予定だったりするので、早急にディスプレイを本気で作らなければと焦っております。 なんだかんだ言っても買うし、あーだーこーだーと言うのが楽しいのはしょうがないので、開発者の皆様がこのページを間違って開いた際には、ぜひお気軽に参考にしたい内容をお問い合わせに送ってくださいませ。 気分によって、わかる事に対しては返答対応致します。

総評として

前期型の赤いヨタハチに乗っている、赤いヨタハチが好き、1/18を集めている、カスタム(塗装など)ベースになら買って良いかと思います。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です