【札幌市東区】たこ焼と駄菓子の店 ゆんたこ

札幌市は東区、特に札幌市の中でも住宅地区として著しい発展を遂げる地域となっている。 そういった地域には必ずと言って良いほど住宅を改築した隠れたお店が点在する。 そこで今回見つけたのは「たこ焼と駄菓子の店、ゆんたこ」だった。

たこ焼と駄菓子の店、ゆんたこ

2017年3月、札苗北小学校のグラウンド側から道路一本挟んだ所にお店があります。 札幌近郊でクルマでモエレ沼公園で集まりがあった際などには多くの人が利用する三角点通から入ってくる道ですが、知らない人は知りません。 本当に住宅街の中でひっそりと営業されています。

メニューも充実

駄菓子はもちろん店内に入るのですが、たこ焼は入口の窓から注文する事が可能です。タピオカもあったり、外に椅子が設置してあったり散歩道の途中で休憩に立ち寄るのも良さそうな雰囲気があります。 平日は近隣の子供達が買い物をするのが多く見られます。

互いにチラチラ…。

知り合いでもないのですが、偶然にも次にきたお客さんが160系プロボックスでした。ちなみに本日日曜日。同車種同士気になるものは気になるんですね。

購入

たこ焼きを購入しました。看板では「たこ焼」、箸袋には「たこ焼き」統一性が気になりますが、大きいタコが入っており、味は美味しい。 銀だこのように爪楊枝で食べるという事は出来ず、箸で持ち上げて食べるような柔らか~い感じになっています。 最近行けてない夏祭りの屋台で買うようなたこ焼きと言う感じでしょうか? 個人的にトロトロとした感じの食感の方が好きです。

店舗情報

住所:札幌市東区東区2 東苗穂10条3丁目2番10号
営業時間:11:00~18:00
定休日:毎週水曜日

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です