【北広島市】ファイターズ本拠地『ES CONフィールド北海道』の建設途中記-北広島駅周辺-

現在のファイターズ本拠地の札幌ドームは2001年開業でした。北海道に暮らしているうちにドームが建設されてる光景を見るのは二回目になりますが、その街の移り変わりを目にする事も人生でそう多くないだろうという事でふらふらと散歩をする事に。ベットタウンがここからどう変わるか気になりますね。今回は北広島駅周辺の話。

北広島駅

北広島市に電車で来た際に最初に足を踏み入れる中心北広島駅。市民が暮らす程度にそこそこ用が足りるスーパーが数件、銀行、郵便局、多くの病院があります。 平日は多くの人が行き来しますが、日曜日になると閑散とします。 そもそもこの街の主要の足として自家用車は欠かせません。

北広島西口。東口には恵庭市と江別市を結ぶ大動脈、道々江別恵庭線(46号)があります。 それと平行するように線路で市内を東西分裂されているので、自転車などで行き来する際にはここを通ります。東口側には北広島区間は「エルフィンロード」と呼ばれる自転車専用道路が札幌市の「白石こころーど」と繋がっており、札幌からドームへ自転車で行き来する事で盛り上がるかもしれません。 しかし、見ての通り(?)自転車を押して歩いて、このドアを開けるのはちょっと不便を感じずにはいられません(スタンドで立てようにも若干傾斜あり)。

駅舎より

大きな建物もなく、殺風景と言えば殺風景に感じるかもしれません。実際そうです。 左手に見えるビルの横、写真で言えば丁度中央が公園になっていますが、ドームの建設と共に、ホテルが建つと言う話を聞いております。 完成したらまた違った景色になるかもしれませんね。 近隣にセイコーマート(現状24時間営業ではない)、セブンイレブンと、居酒屋系が少々あります。

ちなみにビルの方はこんな感じで、ぱる亭はボリュームがあって比較的安いので、比較的混んでいる事が多いお店。 昼間は主婦会みたいな光景も見られる。2Fのビューティーバンバンは中央バスの中で広告アナウンス「~こちらで降りられると便利です」と聞いた記憶。自分には縁がない。

北広島市の西側を走るサイクリングロードの看板。グルっと環状になっている。アップダウンが結構あり走り応えはある。これは先に紹介した「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載 プラタナスの実 in Kitahiroshima 北広島パネル展 でもさらっと触れたコースの全貌になります。市外へ通勤通学する人は結構通るようです。

北海道民にはお馴染みの(?)、道路に巻く砂を詰め込んでいる砂箱。 歩道橋の階段は封鎖され、辺りは日差しを遮る物もなく雪解けが進む平たん路。 使用用途はどこにあるのかが疑問であります。 ちなみに2021年現在、北広島市の撒き砂は公園の砂場の砂(川砂)みたいな物で粒は小さい。 撒き砂は市によって川砂みたいな物から砂利のような物まで色々あるので興味が有ればぜひ地面を見てみてください。

北広島市徘徊シリーズ

  1. ファイターズ本拠地『ES CONフィールド北海道』の建設途中
  2. ファイターズ本拠地『ES CONフィールド北海道』の建設途中記-北広島市役所-
  3. ファイターズ本拠地『ES CONフィールド北海道』の建設途中記-ドーム建設風景-

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「【北広島市】ファイターズ本拠地『ES CONフィールド北海道』の建設途中記-北広島駅周辺-」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です