トヨタスポーツ800(通称:ヨタハチ)のボディカラーの話

ふとヨタハチのボディカラーについて思い出した話題があったので、肩の力を抜いてつらつら~と書いていこうかと思いモニターに向かって文を打っている。

ボディ色

現在の車ではカラーナンバーが存在し、塗料メーカーにナンバーを伝えると調色を施された塗料が送られてきて、10台塗ったら10台同じ色味が出る。 しかし、1960年代に製造されたヨタハチでは番号の資料はメーカーでも所持していないと言う。 そして半世紀以上経った今では退色も進み、完全な純正色はほぼほぼ存在しないかと思う。 上の画像は同じアングルから撮った55周年に集まったヨタハチだ。 モニター越しの差異はあるかもしれないが、どれも色が違う。 味が出た退色、新車のような輝き様々でこれを個人的観測で調べて答えを導き出すのが先か、墓に入るのが先かになる。

うちの稼働しているヨタハチはトヨタのスーパーレッドV(3P0)の近似色で再塗装を行っていると言う話を聞いたが、それも曖昧な情報で全然色は合わない。色のデビュー時期が2000年頃なので、トヨタMRSと並べてもちょっと違うような気がする。

正確な色調色をプロに頼んで調査してみるのも良いかもしれませんが、塗装の時期と照らし合わせると、MR2(SW20)で採用されていた、スーパーレッドⅡ(3E5)、又はスーパーレッドⅢ(3J6)の方が可能性が高い。軽率に補修がしやすいのはⅡの方か。 とこのように自分が乗ってる車でもボディカラーが曖昧なので人の車だとなおさらと言った具合になる。

純正色orお好みカラー

結局の所、自分が気に入ってたり拘って好きでいれば良いのですが、外野のヤジと言う物は飛んでくる訳で…。うちの赤いヨタハチも「あぁ~純正色はもうちょっとオレンジっぽくて…フニフニ」、知らんよ。デーラーで売ってる時には生まれてもいませんし。 大雑把で良いんですよ。赤、シルバー、ブルーメタリック(後期型のみ)の基本3色で、あとは好みに。 もちろんボディ色を自分好みに塗ると言う人もいます。

緑のヨタハチ?黄色のヨタハチ?

55周年の際にお話を聞いたのは北海道M氏のヨタハチ。ヨタハチのフェンダーも少し盛り上がっていたりします。

その中でも見劣りせず155/65R13のタイヤが主張します。 さて、多くの人は「黄色のヨタハチ」と思うでしょうが、本人は「緑のヨタハチ」と言っておられたので聞いてみると…。

50系プリウスに採用された、サーモテクトライムグリーン(6W7)を塗装したとの事。 確かにグリーンだし、塗る車によってイメージが変わりますね。

詳しくは聞き忘れてしまいましたが、ガスタービンハイブリットヨタハチの謎との繋がりが…などと考えたりしてしまいました。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です