【見学2022】小樽クラシックカー博覧会 Vol.1

9月2週目の日曜日には小樽に!と言う恒例行事になりつつあった「小樽クラシックカー博覧会」、第13回の2019年の翌年2020年(14回)、2021年(15回)は世界情勢の影響で中止を余儀なくされ2022年の今年、規模を多少小さくして16回として開催された。そもそもの話ですが、前回までに規模が大きくなり過ぎて入りきらない問題もあったとか…。何回か分けて話を出していきます。

いざ小樽へ

小樽クラシックカー博覧会に見学者として向かうのは諸事情により初めての事。いつもは展示参加側だったので少しばかり新鮮味があったりなかったり。今回は少しばかり本格的なカメラを抱えて小樽に向かったのでした。 駐車場の入り口で待機していると綺麗なTE61スプリンタートレノが。ムチッとしたタイヤの厚みにハヤシストリート。かっこいいですよね。

駐車場

近代的な目力を感じるスバル360カスタム。丸々とした一般的に見る(?)ベーシックタイプがセダンならカスタムは後部が真っ直ぐ後端まで伸びているライトバンタイプ。幼い頃載せてもらった事がありますが、ベーシックタイプの360より全然広く感じた記憶があります。

クラシックカーは今の規格の駐車場だと広々としている印象がある。参加はしなくても見学で来られる方も多く駐車場を見て回るのも楽しいですが、会場外で車の移動もあるので周りにも注意しなければいけません。

駐車場の写真を見返して見てるとどこかしら繋がりのある方々の車が写ってたりして面白い。そして個性的な車も多く見て写真を撮ってなかなか会場に入れない。

シンプルなAE86スプリンタートレノ。一時期この形の車と言えば色々な色に塗装されたのが走っていましたが一周回ったのか純正然とした雰囲気の個体を多く見るようになった気がします。年式はわからないのですが、AE86も約40年近く前の車になったんですよね…。

そしてやっとゲート前まで来ました。今日のイベント会場「小樽総合博物館」歴史、自然、北海道の交通史、科学技術と総合的に扱っています。

そして恒例のイベント看板。背景の車とバイクは使いまわしなような気がしますが、詳しくは触れないようにしときます。

created by Rinker
ネコ・パブリッシング
¥1,100 (2022/11/30 15:15:39時点 Amazon調べ-詳細)

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です