自作で雪ミクDD専用ドールスタンド制作

力技で真っ直ぐに、曲線に

上端の部分がL字に曲がっているのですが、これを真っ直ぐに修正しなくてはいけません。ここでも活躍する最初に切った太パイプを通して、真っ直ぐに修正します。 力を加えるポイントを徐々に変えてT字の頂点までスムーズに動くようになるまで真っ直ぐにします。 そして万力から左右にはみ出ている部分の頂点が太くなっていますが、そこもカットしておきます。

仮合わせをしてみました。この現状では鉄棒の上にまたがってるような状態になっているので前後に不安定さがあります。先程のT字を今度は前後に当たる部分を曲げていきます。

コチラも太パイプが通るようになっているので場所をちょこちょこ変えて曲げていきます。

適当に置いてあった缶スプレーが収まる程度に曲げると丁度良い感じになりました。カットしてる画像は省略していますが、前側がヘソ付近、後側が腰付近になるようにカットしました。着せる衣装によってはもっと短くした方が良いかもしれません。

ここに座らせるような感じになりますが、切断面と言う事もあり、

このような先端キャップを被せて保護。4mmを買いましたが、5mmでも良いかも。実寸5mmなのですが、少しでも細く見せたかったと言うのもあって無理に4mm突っ込んでいます。

自立出来るようになったので何枚か写真を撮ってみました。捗る! …なんとなく地下牢に居るような感じになってしまったけど。

ついでにGarage激に入庫した車の前でも写真を撮ってみる。実はと言うと、この車の修理をしているうちに唐突に作ってみたくなったのは内緒だ。

 

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です