サクシードの終焉

2020年5月を迎え、トヨタ系4社(トヨタ店、ネッツ店、カローラ店、トヨペット店)で全店全車種併売が始まった。それにより、2020年5月6日にサクシードと言う車名はラインナップ表から無くなってしまった。

サクシード

NCP50系と呼ばれる型式では後部の荷台の長さ積載重量などで差があり、プロボックス最大積載量が400kgに対し、サクシードは450kg(2WDのみ4WDは400kg)。 しかし、160系になる事で共通化が図られた。大まかにグレード名、車名、販売チャンネルの違いでの差別化となっていた。

参考画像160系プロボックス。

前兆はあった

4社統一化は4月から受注が始まり、本格的に5月からフルラインナップと言うのが一般的な情報だが、サクシードのカタログ落ちは実はその前から情報をキャッチしていた。 2020年の2月頃に配布されていた4社併売事前告知の総合カタログにはすでにサクシードの文字は無かった。プロボックス/サクシードを扱う激でも色々と憶測は飛び交っていた。 確定ではないので記事にはしていませんでした。

現状ではトヨタではプロボックス、マツダではファミリアバンが販売されています。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です