北海道ヨタハチドライブ

本当はこの記事で2020年7月19日に開催された『北海道オールドカーミーティング in 栗山温泉ホテルパラダイスヒルズ』について記載する予定でしたが、ただのドライブ&テストの記事になってしまいました。ちょっとした雑談と覚書です。

イベントに行こう

そう思ったのは通院が終わった11時。 定期的なメンテナンスだけと思っていたので15分もあれば終わるだろうと思っていたのですが、結局2時間位治療する事になってしまい苫小牧で行われたスーパーカーMTには間に合わないと思い、栗山の方へ向かおうとヨタハチを起こしていざ出発。 …と言いたい所なのですが、この手の車は準備運動が必要だという事で、乗車前点検を一通り行います。

乗車前点検

走行距離も年間3000km走れば「結構乗ったな」となる位しか乗らないのですが、1965年製造で55年前の車です。通勤に毎日使ってたヨタハチとは異なり「ちょっとドライブ」でも慎重に見極めていきます。ダメと判断したら乗らない事もあります。 と言っても今週はほぼ毎日乗っていました。 簡易的にアイドリング調整とオイル量チェックを行いました。 多少白煙が出ている感じがありました。もしかしたら交換したエンジンに若干難有の可能性ありますね。 オイルの粘度も少し変えてみましょうかね。

折り返し

イベント会場まであと半分と言う辺りで、車の調子が少し悪くなりました。先程に比べて息継ぎが出るような感じで加速がもたつくような感覚がありました。 これまで心地良く走っててなんだろうなと車を確認する為にちょっと止めようと横道に。 そこで気付いたのは、車の不具合どころか、今の情勢的に必須のマスクを忘れていました。 …これでは会場に入れません。仕方ないので戻る事にしました。人間(僕)のコンディションは良くても、ヨタハチ(車)の調子も悪そうなので無理をして会場に行く事をしないと言うのも大事な選択です。

帰り道

イベントに行く為にヨタハチの点検をして外に出たはいいが、僕が会場に入れない状況と言う状態だったと言うなんともおまぬけな事態になりましたが、家に帰ってマスクを持ってまた走っても時間的には解散しているでしょうし、「しゃーなし」と家にのんびり帰る事にしました。 不思議な事に帰り道は先程感じた車の不調を一切感じなく気分よくドライブを満喫できました。

イベント情報をまとめてる主としてどうなのよ?と言われるかもしれませんが、イベント会場まで行って車を眺めると言うのも好きなのですが、その根元には「なんかかんか理由付けてヨタハチに乗る」と言うのがあるのかもしれません。 その理由付けのきっかけを多く付ける為にもイベント情報を収集していると言っても過言ではありません。もちろんクラシックカー以外の情報でも車に関する情報は広く募ってます。 今回は会場まで辿り着く事はできませんでしたが、「ヨタハチに乗る」と言う目的は達成できたので満足です。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「北海道ヨタハチドライブ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です