【江別市】御菓子司 宝来軒(ほうらいけん)

予備知識なく偶然通りがかり、お店の看板を流し見程度に見てしまうと、そこはラーメン屋だろうなと勘違いしてしまいそうな店名の宝来軒(ほうらいけん)。 大麻銀座商店街にある小さな和菓子屋さんは大麻に住む人達には高く評価され、移転も含めて創業70年以上の老舗と言う事で訪れてみました。

2番通り沿い

全国的にもあまり良いとされていない物の名前として有名な江別市内にある有名立地『大麻』(たいまじゃなく、おおあさ)にそのお店はある。 江別市内からみると西側、札幌市の厚別区と隣接している地域にあるのが『大麻』として、自然豊かな農村部とベットタウンが混同している。 地域的な情報としては商業施設もあり、足を伸ばせばすぐ札幌と言うのもあり人気な土地にはなるが、地盤が緩い部分が多々存在する為、平坦な道が東西南北続くが、道路の轍は結構大きい所がある。 写真では厚別区に向かって撮影している。

こちらは江別方面に向かって撮影。道路幅は本来片側二車線なのだが、冬季は一車線になっている。

いちご大福あります

冬季(12月頃より)のみいちご大福がラインナップに並ぶと言う噂を聞きつけてお店に向かう。 お昼頃に伺ったが、何とか最後の一個にありつけた。 やはり菓子類の特徴としては午前中を狙った方が確実に入手できるのかもしれない。 電話での取り置きなどにも対応してくれるそうなので、遠方の方はそちらの方が無難かもしれない。

購入品

包み紙に入れられ手渡される商品。何とも餅を買ってきたと言う高揚感を得られる気がする。形を崩さないようにパック詰めされたのも悪くはないのだが、こういった昔ながら(?)の包み方はワクワク感が高い。

豆大福はここ最近では珍しく、塩大福ではないので、餅は餅となっている感じがある。豆は少し大きめな豆が使われているが、バランスが取れているように感じる。

いちご大福は白あんを使用しており、いちごはとてもみずみずしく甘いが餡の甘さが控えめになっているので、甘すぎる事もなく、ほんのり甘くあっさりと食べれる。

今回購入をしなかったが、大麻にちなんだ銘菓など多く並んでいるので、近くに訪れた際にはぜひ立ち寄って頂きたい。

店舗情報

住所:江別市大麻東町13-12
営業時間:9:00~19:00
定休日:元旦

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です