ピクシスエポック純正OP『ハロゲンフォグランプ』

 衝撃の補修痕

明らかに何かをぶつけた後を発見してしまった。バンパーの裏に綺麗に隠れる部分だったので全然見えなかったのですが良い感じに潰れていました。 新車からすべての整備記録簿付きのはずが、この記載は一切なかった。

バンパーも何かしら補修があったようなステッカーが貼られてました。バンパーのメッキモールがずれているのは気になってましたが、バンパー傷も一切ないし、記録簿にもなかったので今回バンパーを外す機会によって発覚しました。 走行等にも支障は無さそうだったので、錆が出る前にしっかりと防腐して完了。 …フォグに辿り着くまでに寄り道が多いです。

カバーの加工

フォグ無しだと蓋になっている無地のプラスチック。これを穴あけします。

裏から3本足で蓋がついているのでニッパーで切断。切った部分を軽くヤスリで整えるだけです。

加工前と加工後。これでフォグランプレンズを取り付ける事が出来るようになった。しかし無地は白茶けるととたんに古臭くなりますね。装着前にメンテナンスを行います。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です