【こねミ】イベント会場では一般駐車場にも注目すべき

今回が最終回となる【こねミ】のイベントレポートです。約1週間のお付き合いありがとうございます。 今回の記事はイベント会場を離れ、一般駐車場になります。 イベントの一般駐車場には興味が有るから見学参加と言う人や、当初の予定では参加を考えてたけど「当初の都合上行けない」と言う予定が変わっていけるようになった人など様々。 どのイベントにも必ず一般駐車場に面白いクルマが紛れているのはジャンル問わずよくある事だ。

今回のTOP画

前回見た時は北海道プロボックス/サクシード選手権の時だったのですが、随分雰囲気が変わった気がします。実際に停まってる時に見るのは2年ぶり位ですかね。結構色々な所ですれ違ったりしてましたが。走りのイベントにも出てるようなので、足周りも変わっていました。

一般駐車場と会場を見回すとまだまだスペースが有りますので、この状況が終息した際には、ぜひ北海道に来て欲しいですね! 2021年、北の大地に生まれた、三大勢力がバチバチに火花を飛ばして「北のつよつよ痛車は誰か!」を決めるべく、日々技術と技を磨いています。 その三大勢力の勢いを止めるべく海峡渡って刺客となるか、その勢力の戦力として北の大地で名を轟かせるか、今後の展開は見逃せない。

三大勢力… 北の痛車界の歴史を作った『Prime』、イベント名にも現在の北の大地さいつよ痛車『こねっち』氏、スポコンデザイン『世界のせるな』氏

一般駐車場に居た痛車

東方仕様の痛車も数年前までは多く見られましたが、圧倒的に数は少なくなりましたね。誰かが「いいね」を押した、けしからん絵も流れてこなくなりました。爆発的に増えて落ち着いたと言うのもあるでしょうが。不定期でも、公式供給が有れば続きますね。

東方系で多く見るのは主人公組、東方紅魔郷、東方妖々夢の初出キャラクターが多い気がします。(紅:2002年、妖:2003年発売) そう考えると長い期間愛される作品なんですね。

シンプルに窓に一枚大きく貼るって言うのも良いですね。ミニバンだと後ろから見ても真っ直ぐに見えるので貼ってる感もありますし。

S660も綺麗にラッピングされていました。バンドリ(ロゼリア仕様)との事です。グラデーションが綺麗ですね。

ルーフはクラッシュカーボン調にモノクロ配置ですかね。ここ最近網目の綺麗なカーボン調ではなく、クラッシュカーボン調が人気出てきたのか見る機会が増えてきました。

レースに出ているような雰囲気すらあるこちらの痛車。レーシングタイプをイメージした痛車ってのも個人的に好きです。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「【こねミ】イベント会場では一般駐車場にも注目すべき」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です