【苫小牧市】味の大王 苫小牧総本店【カレーラーメン】

北海道のラーメンと言えば、「札幌の味噌」、「函館の塩」、「旭川の醤油」と言う三大ラーメンが一般的に知れ渡っている。もちろん広大な大地北海道ではご当地で育まれたラーメンが数多く存在する。 道外にあまり知られていない歴史ある苫小牧市の「カレーラーメン」を紹介してみる。

長い歴史

カレーラーメンの歴史は長く、1965年春には誕生している。今から56年前も前にはその姿を現しているのだが、正統派ラーメンに比べてしまうと色物的な扱いを受けていた。しかし、昭和時代では子供の好きな食べ物ランキングの上位にカレーライス、ラーメンが入っていた事もあり一定の需要はあったのだと思う。 ちなみに全国的に有名な日清カレーヌードルは1973年に発売されたので、それよりも前に苫小牧の地でカレーラーメンと言う存在は生まれていた。 クルマの記事をメインに掲載しているのでクルマの登場時期で時代を把握する方も見ているかと思うので、トヨタスポーツ800(1965年)、セリカリフトバック(1973年)の出た年に世に出ている。

店内

食券機でメニューを購入、受付で食券を渡し、ベルと食券を受け取り座席で待つ。 ベルが鳴ったら受け取りに行く、食べたら机を拭いて食器返却口に返却。水もセルフサービスとなっている。 簡単に言えば大型ショッピングセンターのフードコートと同じシステムと言えば説明はかなり省けるのかもしれない。

メニュー

カレーラーメン以外にも三大ラーメンも選べるしサイドメニューも充実している。大盛もあるけど、そこそこボリュームがあるので胃と要相談。

カレーラーメン

今回は肉を多く食べたい欲があったので、カレーチャーシューラーメンをチョイス(1,160円)。

カレーラーメンはとろみがあるので飛び跳ね注意です。お馴染みの縮れ麺ではなく少し太麺です。

そんな事もあって飛び跳ね防止の使い捨て前掛けが用意されています。白Yシャツで営業中でも安心ですね!

近日稼働開始

世界情勢もあり、お家御飯の強い味方、自動販売機が近日稼働すると言う事でした。カレーラーメンもそうですが、今回頼まなかった餃子も美味い事で人気です。

店舗情報

道南バスでは白鳥湖下車、1分。(白鳥湖=丹治沼)

住所:苫小牧市字植苗138-8
営業時間:(月火木金)10:00~20:00 (水)11:00~15:00 (土日祝)8:00~20:00
定休日:年末年始

 

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です